旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

山梨銘醸 七賢酒蔵見学

日本の名水100選に選ばれた山梨北杜市甲斐駒ケ岳の伏流水を使って造られるお酒の酒蔵見学に行ってきました。
d0167041_17531899.jpg

ここ七賢は、明治天皇がご巡幸の折り宿泊した行在所としても知られています。
d0167041_17542258.jpg

行在所見学も行われています。

予約は昨日だったのですが、ご近所の方との親睦会に招かれ、キャンセルして本日行ってきました。
d0167041_17554416.jpg

一般見学者は私1人だけ。 たまたま麹を大量購入した業者さん3名も酒蔵見学することになったのでご一緒させていただきました。

酒蔵3階から見学スタート。
蒸しあげる米は、一日一回1200kg。 きれいに洗ったお米に甲斐駒ケ岳の伏流水を吸収させ、大きな蒸し釜に入れて蒸気を使って蒸しあげます。蒸しあがったお米が出てきています。
d0167041_17573027.jpg

蒸しあげたお米を試食しました。
表現が悪いのですが、なんだか炊飯器のなかで少し干からび始めたご飯みたい。 お米の表面は乾燥して固いのに、米粒の中はなぜかモチモチと柔らかでした。 ふしぎ...

さて、まず最初は「麹」づくり。
最近完成したばかりの麹室は、秋田杉無節の杉板を使用した立派な造り。
※きっと、麹、塩麹ブームのお陰で利益を上げているのねぇ~と、オバサン納得026.gif
d0167041_17584543.jpg

話をもどして...
杉の呼吸作用を利用し、麹室内の高温多湿な環境を自然調節するのだとか。
さらに大小高低の煙突が天井に設置されていて、蒸発しした水分や熱の換気を行うそうです。

室内は、多湿で常時35~36度(造る酒類よって少し温度が違う)。
ここに蒸しあげたお米を運び、麹と揉むように混ぜ合わせて菌を繁殖させます。

麹菌が米粒の中心まど到達したら、今度は菌の活躍を止めるために涼しい部屋に運ばれ、温度と水分を調整していきます。涼しいお部屋が下の写真。麹ちゃんのベッドが並んでいます。
d0167041_1759553.jpg
寝かされている麹を食べてみました。 上品なお味でほのかに甘い...016.gif
d0167041_1804199.jpg

つぎの工程「酛(もと) または酒母」造り。 
ステンレスのタンクに、麹室から運ばれた麹、蒸し米、甲斐駒ケ岳の伏流水を合わせてアルコール発酵する酵母を造ります。良い状態になったら、今度はステンレスタンクから出され、醪(もろみ)づくりに移ります。

いよいよ「醪造り」
ここが酒蔵の2階にある醪の部屋。壁には櫂棒(かいぼう)が...
d0167041_18123100.jpg


いくつものホーロー引きのタンクが床に埋め込まれています。麹の発酵状態が見られる『見学用のタンク』をのぞくと、勢いよく盛んに泡だっています。あわあわです。
d0167041_1825472.jpg

酒造りの職人・杜氏(とうじ・とじ)はいくつかの流派に分かれていて、流派によって造り方、使う道具、酒造りの歌も違うみたい。昔、もろみの樽を櫂棒(かいぼう)でかき回すとき、時間やスピードを一定にするために、流派の歌を歌いながら手を動かしていたそうです。

さて、酒蔵の一階部分に降りてきました。
d0167041_1834342.jpg

先ほど2階で見たホーロー引きのタンク本体がずらり~と並んでいます。
日々発酵具合を見て完成レベルに達した醪を酒槽に送り、搾り澄ましと酒粕に分けます。

おりを取り除いた澄んだお酒をそのままで瓶詰めしたのが、しぼりたて「生」タイプ。
生以外は、低温過熱処理され貯蔵タンクで熟成期間を過ごしてから瓶詰めされるのです...、なるほど。

通常、30分弱の酒蔵見学なんだそうです。
でも、業者さんとご一緒させていただいたおかげで一般見学では公開していない「麹室」まで入って見学することが出来ました。
※昔は、麹室など女人禁制だったそうです。
七賢の杜氏でもあり常務でもある方の知識豊かな説明に聞き惚れて、あっという間の一時間でした。
感謝、感謝!

しぼりたての「生」が販売開始されたというので、見学終了後に売店へ行ってみました。
こちらの売店では試飲もできますが、車の運転があるので、七賢さんの販売酒のリストから選ぶことに。
ただ、しぼりたて生酒は封を切ってからの劣化が早くて、一気に飲まないといけない気がするので、小瓶300mlの純米大吟醸」田舎酒屋の酒 生」を購入。

家に帰って、手作りパテをパンにぬりながら「生」を飲みましたよ~。
d0167041_18204785.jpg


舌に絡みつくようなしつこさがなく、さわやかでなめらかな優しいお味のお酒でした。
つまり...、飲みやすい。キケンだわ016.gif

七賢のHP。ネットショップもあります。
http://www.sake-shichiken.co.jp/event.html

Facebookで、仕込みの様子など写真で紹介しています。
http://onakaya-shichiken.com/
by kyo_youpi2010 | 2013-01-19 18:06 | Japon | Comments(0)