旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

エクラン国立公園


d0167041_333255.jpg

マルセイユから230㎞北のオートザルプス:Hautes-Alpes県に到着。
d0167041_3414385.jpg


私達は、エクラン国立公園中央付近の村ラ・シャペル・アン・ヴァルゴデマール:La Chapelle-en-Valgaudémarで友人達と数日過ごす予定。
d0167041_3342878.jpg


ここには富士山(標高3776m)よりも高く、最高部は氷河が覆うパール・デゼクラン(標高4102m)やメイジュ(標高3983m)などの峰が連なるフランス最大のエクラン国立公園が広がっています。

雪解け水が滝となり川が流れる険しい谷間には、小さな村や部落が点在し、独自の素朴な文化が形成されてきました。今日は国立公園内で訪れた村や部落を紹介。
下は、私達が過ごしているラ・シャペル・アン・ヴァルゴデマール村の伝統的な建築で、積雪時は階段上の入口を使用。※正面の壁に空いた穴はハトの出入り口。
d0167041_3365679.jpg
また、冬場は家畜も家屋の一室に入れて、食後の団らんを一緒に過ごしたとか...。かなりキツイ匂いだったと思うのですが、家畜の熱気で薪の節約にもなったのでしょう。なんでも薪が手に入らないときは落ち葉や藁を集めてお燃やしていたそうです。下は同じ家の1800年ごろの写真で、屋根は藁葺ですね。
d0167041_3375775.jpg

こちらはラ・シャペル村から徒歩20分ほどのナヴェット:Navette部落址(標高1350 m)。どの家にも立派な煙突があったのが分かります。
d0167041_348373.jpg
1903年に人々が住み始めて住民も93人だったそうですが、1934年には3人となり、1937年には1人に...ついに部落は廃墟となったのです。
部落からカラマツの森を抜けて登って行くと数百メートルの落差がある滝に辿り着きます。
d0167041_451712.jpg

滝の水が谷間を流れてきた川と合流して、ナベヴェット部落⇒レ・ポルト:Les Portes村⇒ラ・シャペル村に流れて行きます。この川は流れが速く、水の勢いが強いため岩盤を削ってしまったそうです。
d0167041_491343.jpg
昔からある石造りの橋。
d0167041_492371.jpg

ラ・シャペル村よりさらに山間を奥に行くと、カッセの滝が眺められるル・ブル:Le Bourg部落、カッセの滝の上にも部落が点在していますが、今はセカンドハウスや民宿になっています。
d0167041_4164170.jpg

カッセの滝の上の部落の写真...かっかなり古い。
d0167041_4234792.jpg


by kyo_youpi2010 | 2014-08-07 22:28 | France | Comments(0)