旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

山梨:山高神代桜

山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内にあるエドヒガンザクラの老木があり、桜の季節にははるばる遠くから大勢の観光客が押し寄せます。国指定の天然記念物であり、日本三大桜の中で唯一樹齢2000年に達すると言われる桜です。
d0167041_15585264.jpg


正式名称は山高神代桜(やまたかじんだいざくら)。日本武尊がこの地を訪れ、記念にこの桜をお手植えされたという伝承から「神代桜」と名付けられたそうです。後に日蓮上人がこの桜の衰弱をみて樹勢の回復を祈願したことで、再び繁茂したとの伝承から、別名「妙法桜」とも言われています。
山梨の家からこの桜の木まで、上り下りの坂道を徒歩40分の距離です。
この時期はもちろん花はありませんが、風格のあるすばらしい桜の木なので、今日はスケッチして来ました。
d0167041_15573116.jpg

桜の花はなくとも、中央の太い幹と四方へ力強く伸びる枝は実に風格があります。
by kyo_youpi2010 | 2012-11-28 20:57 | Japon | Comments(0)

山梨へ

朝から引っ切り無しに雨が降っています。今日は浅間神社の新嘗祭を見学するつもりでしたが、冷たい雨の中を出かけるのもつらいので断念。天気予報も「雨」となっているので山梨の家に戻ることにしました。運よく?身延山遠久寺のあたりで雨も上がり、日も差し始めたので寄ってみることにしました。ここには二年前10月12日のお祭り時に来たところ。駐車場わきのケーブルで登ります。
d0167041_1735660.jpg

d0167041_1741387.jpg

こちらが龍の天井画がある本堂。大きくて立派な造りです。
d0167041_174475.jpg

d0167041_1754773.jpg


折角の晴れ間なのでスッケチをしました。
d0167041_1781169.jpg

2枚とも五重塔です。
d0167041_178363.jpg


ここでも記念に御朱印をお願いいたしました。
d0167041_179619.jpg


あと一週間で日本出発です。
by kyo_youpi2010 | 2012-11-23 23:58 | Japon | Comments(0)

フェリーで駿河湾横断

雲見温泉を出発し海岸沿いの道を走って景色を眺めて走りました。
d0167041_1641516.jpg

松崎のスーパーで買い物をしたのですが、中トロのおいしそうな柵を発見。付け間違いとしか思えない破格なお値段なので保冷剤もお願いして購入。
土肥港から清水港までフェリーで移動することにしました。30分~1時間の船旅です。
d0167041_16412579.jpg

土肥から12時出港です。
d0167041_16434454.jpg
甲板からは雲で少し隠れたままの富士山が見えます。
d0167041_16424573.jpg

d0167041_16431169.jpg
清水港が見えてきました。思ったより早く着きました。
d0167041_1650330.jpg

お天気なら最高なのでしょうね...。清水港からはまずは日本平へ行き、ロープウェイに乗って久能山東照宮を見学しました。
d0167041_16441141.jpg


晩年を駿府で過ごした徳川家康が1616年に死去した後、遺命によってこの地に埋葬されたそうです。江戸時代には20年に一度、明治時代以降は50年に一度、漆塗り替えが行われるからでしょうか...大変鮮やかでカラフルです。
d0167041_16443781.jpg


d0167041_16445621.jpg

d0167041_16451257.jpg

d0167041_16512540.jpg


d0167041_16515417.jpg

d0167041_16521747.jpg


東照宮の後、まだ時間があったので日本新三景・日本三大松原のひとつとされている「三保の松原」にも寄ってみました。
d0167041_1646698.jpg

およそ7kmの海岸線に5万本以上の松が茂り、三大松原のひとつに数えられているところ。
波打ち際から望む富士山はなかなかのもの。船上では雲がかかっていたのですが今はすっかり雲もはれて夕日に染まり始めています。
d0167041_16464047.jpg


d0167041_1647255.jpg

今日は静岡市浅間神社そぐそばのホテルで一泊。こちらも朝食&駐車場も付いて1人3000円台なので旅行費用が節約できて助かります。
d0167041_16535682.jpg


by kyo_youpi2010 | 2012-11-22 20:17 | Japon | Comments(0)
一夜明けても興奮さめやらぬ私達。朝焼けを部屋から眺めていました...。
d0167041_2484456.jpg

少しずつ明るくなってきました。
d0167041_2492948.jpg
チェックアウトはなんと11時なんですが、今日は西伊豆まで行く予定なので、後ろ髪ひかれつつも出発。熱川館は写真中央で左がお風呂&露天風呂がある建物です。見晴らしの良い渡り廊下でつながっています。
d0167041_250151.jpg

今井浜、白浜、下田、弓ヶ浜、そして下流。下流の村も変わってない。あ~、懐かしいぃ...!
d0167041_251085.jpg

さて今日のお目当ては下流と大瀬の間にある入り江。蓑かけ岩が見渡せる場所で、昔、休暇を過ごす家があったところです。私が小学5年の時、父が見晴らしの良い丘の上に家を建てて、数年後に丘の下の海に近い所にももう1軒建てました。夏休みには家族&友人合わせて20人以上が過ごしていたかもしれません。すでに2軒とも手放しているので他人の所有ですが、どうなっているか見たくてやってきました。
ここは昔バス停「見晴らし台」があり、当時の茶店の建物は残っていました。
d0167041_2533933.jpg

茶店から国道を見渡すと...今は山の上に風力発電があります。
d0167041_255051.jpg
見晴らし台から海を見ると、懐かしい風景!
d0167041_2555041.jpg

さてここから雑木林を抜けて丘の上の家に行って見ました。
d0167041_2563313.jpg
下の写真右手のブロックは上り疲れた父や母が座って煙草を吸ったところ。
d0167041_257685.jpg

これが上の家です。浴室の窓が見えます。
d0167041_2573558.jpg

こちら側は下の家に下りていく階段です。
d0167041_2583359.jpg
でも雑草がすごくて進めません。別の道を使って降りてみました。
以前お隣さんだったK坂さんの家から男性が出てこられたので話を伺いました。東京の方が2軒とも購入して所有しているようです。しかしここ3年は体調を崩していらしていないとか。結局、下の家(海まで0分)のまわりも草が生い茂って近寄れませんでした。
d0167041_30398.jpg
下の写真は家の駐車場から海へ行く道です。
d0167041_3139100.jpg

この道右横にはPainさんの家があります。
d0167041_3505594.jpg
左横はHさんがお一人で住まわれていたのですが今は東京に移られたとか。お会いした男性によると、「銀の海」という近くのホテルが貸別荘として使っているそうです。
d0167041_17101481.jpg

道を下り、我が家よりもっと海に近いところにI氏邸がありました。テレビのサスペンスドラマに何度も登場したイタリア風白亜の洋館でしたが、塩害で維持できず取り壊されて昔の面影は残っていませんでした。
d0167041_321229.jpg
ここから甥っ子たちと泳いだ場所が見えます。そばの岩には相変わらず鳥居が!
d0167041_4223672.jpg

ここから道を見上げると駐車場が見えます。海から上がって、一息ついて見上げた懐かしい風景だわ!汗拭き用のタオルを首にかけた母が、なんだかベランダにいるような...
d0167041_333131.jpg

30年近く私は夏休みを過ごしたところです。私にはとてもなつかしい場所。たくさん写真に収めることが出来て大満足。ここから正面に見える大瀬の蓑かけ岩にも行ってみました。
d0167041_364215.jpg


蓑かけ岩は、なんだかとっても小さくなったような気がします。昔は空に刺さるように岩山が突き出ていたと思うのですが...
d0167041_372889.jpg

d0167041_375534.jpg
大瀬の港横には浜があったのですがコンクリートの防波堤に姿を変えていました。
d0167041_382651.jpg


お昼は大瀬港の先の磯料理いそ船で頂きました。
d0167041_39369.jpg
お値段は、女将さんのお言葉に甘えて内緒の?000円だったのですが、大きなスズキのかぶと焼き、スズキの洗いなどの刺身盛り合わせ&わさびが丸ごと1本添えられています。もちろん 鮫の皮を使ったおろし器も!極太ひじきの煮もの、根野菜&干しシイタケ入りモツの煮込み、大根&柿&きゅうりのサラダ、ホウレン草のお浸し、野沢菜と揚げの煮もの、味噌汁、ごはん、お漬物です。
d0167041_393879.jpg

d0167041_3104666.jpg


d0167041_395854.jpg

新鮮で愛情こもった料理は本当に美味しかった~! 朝取りのおミカンも袋にいれてお土産に頂いてしまいました。本当にごちそう様です。
食事をしてから分かったのですが... 昔、大瀬の家の隣が火事になったとき、我が家に被害が出ないように地元の消防団の一員として、ここのご主人が火消をしてくださったとか。
ご主人、女将さん、ほんとうにありがとうございました。
じ~んと胸が熱くなる思いで出発。本当に人の出会いやら縁って不思議だと思います。無駄な出会いはないのですね...。
次に行った先は石廊崎の灯台!石廊崎港に車を停めて坂道を登って行きます。
d0167041_3113313.jpg

d0167041_3122114.jpg

灯台の手前にはジャングル・パークがあったのですが廃墟になっていました。昔と変わらぬ姿の灯台が見えてきました。
d0167041_3124871.jpg
ここから伊豆半島の先端が見え、先まで歩いて行けます。
d0167041_313595.jpg

階段途中の岩には張り付くように石室神社が建っています。
d0167041_3142332.jpg

d0167041_315092.jpg

ここでスケッチをしていたら声をかけてくださる方が。年配のご夫婦と女性の一行です。彼らは今年2ヶ月かけてフランスからピレネーまで歩いたとか...サン・ジャック・コンポステーラ(巡礼の旅)をしたのです。そしてその巡礼の旅に参加したご婦人はフランス語を勉強中とのこと。私達は歩きこそしませんでしたが、今年の春に巡礼の道をたどって旅行したのですから、なんという偶然でしょう!
d0167041_317512.jpg

一気に盛り上がってしまいました。そして今回、皆さんは2003年から春と秋に数十回に分けて日本海側の新潟から長野、甲府と徒歩で横断し、今まさに石廊崎に着いたのだそうです。
いやはや、おめでとうございます!健康って素晴らしい!幾つになっても色々なことに挑戦出来ますね。私達も皆さんからパワーを頂いてさらに西伊豆に向かいました。
d0167041_3231715.jpg


d0167041_3234864.jpg


入間の海蔵寺に明治7年(1874)入間沖で座礁沈没したフランス・マルセーユの郵便船『ニール号』の遭難者招魂碑があるので立ち寄りました。
d0167041_3244030.jpg


d0167041_3245877.jpg

この船は私達がよく泳ぎに行くマルセイユの近くのシオタの造船所で1864年に造られたそうです。オーストリアのウイーンで開かれた「ウィーン万国博覧会」に出品した美術品を日本に送り返すために、1873年9月18日(9/18は相方の誕生日だわ!)にマルセイユを出港したのです。
下が1873年(明治6年)ウィーン万国博覧会の日本館の図です。これらの美術品を船に乗せていたのですね...
d0167041_16144787.jpg

当時のニール号の写真
d0167041_3371398.jpg

しかし、1874年(明治7年)3月20日に大しけで入間で座礁してしまったのです。相方の親友は代々はフランス海軍軍人で大の日本通...。彼の祖父様はフランス海軍中将として明治時代東京在住だったくらいですから、彼はこの事故の話を聞いているかもしれません。次回お会いしたときに伺ってみましょう。
※ニール号について調べた記事はこちら
「ニール号とウィーン万博そしてジャボニスム」
「ニール号から引き揚げられた作品」
今夜は雲見温泉の大漁で一泊1人2300円で予約。ライダー一行が急きょキャンセルになったとかで、泊り客は私達だけ。
d0167041_15453540.jpg
おかげで露天風呂も貸切状態。湯船ではすぐ横の川のせせらぎが聞こえて来ます。

by kyo_youpi2010 | 2012-11-21 02:47 | Japon | Comments(0)

これぞ日本のお宿です

朝食が7時からというので、早速ダイニングルームでコーヒーとパクパクとクロワッサンやら菓子パンを頂き大涌谷へ。大涌谷駐車場からみごとな富士山が見られ、相方だけでなく私まで写真を撮って撮って撮りまくってしまいました。※2013年6月に富士山は世界遺産に登録される?!
d0167041_1445351.jpg

普段反対側の山梨から見ているのですが、同じ富士山でもイメージが違いますね...。
大涌谷をぐるりを歩いて回ったのですが『大涌谷の空気は有毒ガスを含んでいます』って...吸ってしまった!肺が弱いのに...。
d0167041_1462930.jpg

d0167041_1451652.jpg

ここの名物黒卵の準備でお兄さんが何百という卵を運んでいました。大涌谷の黒卵はきっと良く売れるんでしょうねぇ~
大涌谷から芦ノ湖スカイライン(無料)を通って芦ノ湖へ降り、芦ノ湖からの富士山を見て箱根神社へ。
d0167041_14779.jpg


d0167041_1473168.jpg

d0167041_148099.jpg

ここも紅葉がキレイ!
d0167041_148307.jpg
箱根神社から芦ノ湖湖畔へ下りる道があったのでそこから遊歩道を通って湖面に映る紅葉を楽しんだ見ました。
d0167041_1485073.jpg


d0167041_149910.jpg

さてさて、芦ノ湖から熱海に向かい、国道135の海沿いの道を走りました。なかなか良い景色でウキウキの二人です。下の写真は芦ノ湖ではなくもう伊豆の海の景色です!
d0167041_1511748.jpg

網代で休憩がてら散歩をしていたら、アジのひらきのお店で叔父さんがフグの骨のみりん漬けを七輪で焼いて試食させてくださいました。美味しかった!ごちそう様!
d0167041_1495122.jpg

お腹がすいたので伊東の港のはずれでランチ。ここにはスキューバダイビング・スクールがあるようで、スクールの外にあるテーブルでお昼を頂かせてもらいました。感謝!
d0167041_1503461.jpg


スクールの女性がいけすの方へ行くといけすから黒いものが飛び出しています。ひょえ~、イルカ!ぴょんぴょんと飛び跳ねています。
d0167041_1505379.jpg


食後にイルカのところまで行って見学。3頭いるようです。いけすから逃げ出さないのかしら?
d0167041_152132.jpg

港から国道135には戻らず川奈までは海沿いの脇道を走り、懐かしい富戸の入り江に寄ってきました。ここは私が4歳~6歳ごろ夏休みに来ていたところ。昔は海にタンクがあって、波が荒いしすぐ深くなるので怖かった浜です。
d0167041_1522931.jpg
でも今はタンクは撤去され足場だけが水面から出て残っていました。
今日の目的地は熱川です。今でも湯煙が絶えない温泉街です。
d0167041_1564342.jpg

宿泊は熱川館で、一泊1人3000円で山側を予約していたのですが、お値段はそのままで海側の部屋に替えてくださいました。「海側の部屋に空きがあるときだけなんですよ」との説明。部屋に入るなりびっくり!お部屋は立派な造りで目の前に大島、利島、式根島など伊豆七島が見渡せ最高!
d0167041_1572132.jpg

d0167041_157437.jpg

大島が夕焼けに染まり始めました。
d0167041_1582530.jpg


露天風呂からも大島が見え、相方も私も興奮気味!熱川館の皆様、本当にすてきなお部屋をありがとうございまます。
by kyo_youpi2010 | 2012-11-20 01:43 | Japon | Comments(0)

いざ鎌倉へ...

ホテルで簡単に朝食を済ませ、いざ鎌倉へ。
d0167041_1194182.jpg

まずは北鎌倉駅近くの円覚寺から...。ここには前田青邨先生の龍の天井画があります。先生の墨の滲み具合に憧れている私です。
d0167041_1223351.jpg

紅葉も見ごろで平日でも多くの人でにぎわっていました。
d0167041_1353724.jpg


d0167041_1201560.jpg
お寺の奥にある庭の菊をスケッチ。
d0167041_1305329.jpg

帰り際に、記念になるので御朱印をお願いしました。
d0167041_1225863.jpg

円覚寺から見えた浄智寺にも寄りました。
d0167041_1234223.jpg

次に建長寺にも寄る予定でしたが道がすでに混雑しているし、相方はすでに見学したことがあるというのパス。(あら、相方は北鎌倉に来たことがあるのね!)鎌倉市内を横切って材木座から海沿いを走りました。
ここを通るのは20年ぶりでしょうか。江ノ電もかわらずいい味を出して走っています。のどかな感じがいいわぁ!せっかくなので江の島へも寄り坂道&石段をせっせとのぼり、上からの景色を見て気分爽快でした!
d0167041_1241080.jpg

d0167041_1243085.jpg
江の島で見かけた絵をまねしたのでした...
d0167041_1253858.jpg

江の島でお昼を食べて一路箱根へ。鈴廣かまぼこ店で試食をして何か買おうかと思ったのですが、バスで到着した大勢の観光客に押しだされて買う気も失せてしまった。
まぁ~、いいかぁ~と思い直し、ホテルへ直行。藤田観光の優待券で箱根小涌園 B&Bパンシオン箱根で一泊。一人2500円で朝食&ユネッサン森の湯も入れるのでGood!
d0167041_1404422.jpg

森の湯は改装したばかりなのでとてもきれいで、露天風呂で月を眺めながらゆっくり入ってきました。
by kyo_youpi2010 | 2012-11-19 22:14 | Japon | Comments(0)

下高井戸 そして横浜

11月4日に相方が韓国釜山から到着。しばらくは山梨でのんびりと...
さて今日は娘の誕生日祝いに下高井戸のトニーノpizzeria TONINOへピザを食べに行きました。
本来ならガッツリとお店のお肉系のメニューを食べつくすのですが、今回は全員胃袋がダウンしていたので軽い食事となりました。
実は前日に親戚の忘年会があったばかり。叔父叔母達の実家があった四谷三丁目のホテルで総勢30人以上が集まりました。一年に一度集合してワイワイ食べて飲んでおしゃべりして過ごすのです。3人とも食べた食べた...。
トニーノのピザは、イタリア・ナポリから取り寄せた石釜で薪を使って焼いているとのこと。楽しみだわ!
d0167041_135338.jpg

これが頼んだピザの一枚目です。石窯でほんの2,3分で焼き上がり、アツアツを頂きました。
名前を忘れましたが、トマトソース、黒オリーブ、ハム、モッツァレッラ、パルミジャーノに茹で卵が入っています。相方が「ピザに茹で卵」に驚いていましたが、美味しかったそうです。
d0167041_14167.jpg

2枚めは、相方のセレクトで「ロマーナ」でした。パテとかワイン煮こみ、ケーキも頼みたかったのですが、娘が「もう無理だわぁ~」の一言で注文は終了。でもトニーノさんが食後酒をごちそうしてくださいました!グラツィエ ミーレ!
さて、娘と別れ、私達はこれから横浜へ。今日は横浜女子マラソンがあるので道路規制があるかと思いきや、意外とすんなりワシントンホテルに到着。
今回訳あり価格と言うことで一泊1人2000円!さらにポイントも使ったので1人1800円に!(※しかし駐車場代は1500円...008.gif)
まずはウミキューチケット(¥1,000)を購入して帆船日本丸、横浜みなと博物館を見て、博物館前から水上バスに乗って山下公園方面へ。
d0167041_153848.jpg

d0167041_16348.jpg

水上バスからタイミングよく夕日を見ることが出来ました。ラッキー!
d0167041_162272.jpg


d0167041_164470.jpg

d0167041_17780.jpg


国際フェリーターミナルにはこれから出港する船が停泊していました。
d0167041_172624.jpg
そして日本郵船氷川丸も外から眺めて中華街へ...。
d0167041_17445.jpg

相方は中国で本物の中華街を見ているわけですが、まぁ、「横浜にチャイナタウン-中華街があるのよ~」って感じで寄ってみました。
d0167041_18266.jpg


『チャイナタウン』って実は中華レストラン街だと理解した相方。でも、『中華っぽい』物を見学して聘珍茶寮のオープンテラスでコーヒーを飲み行き交う人々を眺め横浜の夜を楽しみました。
d0167041_183982.jpg

d0167041_185768.jpg

by kyo_youpi2010 | 2012-11-18 22:00 | Japon | Comments(0)