旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

マルセイユ石鹸


d0167041_2585333.jpg
近所の「マルセイユ石鹸工場見学:水曜日午後、金曜日午前実施中!」という看板が気になっていた私。
今日は、マルセイユ石鹸製造工場:サヴォンヌリ(savonnerie)見学に出掛けてみました。社名は「ル・フェール・ア・シュヴァール:LE FER A CHEVAL社」で、つまり馬蹄形、蹄鉄という意味。こちらではとても有名なサヴォンヌリですが、日本ではどうなんでしょうか?

工場見学は水曜日だけと言われて、しかたなく販売店へ直行してみると、薄暗い店内には、マルセイユ石鹸、洗濯石鹸、シャンプー、シャワー用ボディーソープ、ハンドクリームなどなど...。

以前は、南プロヴァンスにいくつもサヴォンヌリがあったのですが、今では数えるほどしか残っていません。
科学の進歩で洗濯石鹸なんて使わなくなったし...、さらに、メイド・イン・チャイナ、マレーシア、イタリア、ドイツの石鹸なのに『マルセイユ石鹸』として世界中で安価で売られたので、競争に勝てずにどんどん本場のサヴォンヌリは店仕舞い...。

そこでマリウスファーブル社(1900年創始)、ル・フェール・ア・シュヴァール社(1850年創始)、ル・セライユ社(1949年創始)、ミディ社(1990年創始)の4社で「マルセイユ石鹸プロフェショナル連合」を創設し、本物のマルセイユ石鹸を守る運動を行っています。
d0167041_3474197.jpg

ラベルのお馬さんが気に入り、マルセイユ石鹸、シャンプー、シャワー用ボディーソープ(ジェルタイプ)を購入してみました。石鹸は小さくとも、蹄鉄の刻印と『SAVON de MARSEILLE “72%”』とありますから、本物のマルセイユ石鹸の証です!!!
d0167041_315817.jpg

今日見学したル・フェール・ア・シュヴァール社は、現存するサヴォンヌリとしてはもっとも歴史の長い会社。14世紀にはすでに大鍋でグツグツとオリーブオイルを煮て石鹸を作っていたのですから。

もし、マルセイユ石鹸を購入することがあったら、ラベルで確認してくださいね。

マルセイユ石鹸
本物のサボン・ド・マルセイユとして認められるのは、伝統的製法と石鹸素地に植物性油脂が最低72%以上含有されていることが必須条件だとか。
使用するオリーブオイルは食用と異なり、実も皮も一緒に搾るため、全ての成分を失うことなく石鹸に含まれます。
by kyo_youpi2010 | 2013-05-31 16:33 | France | Comments(3)

シーバスで船旅気分

今日の気温は昨日とあまり変わらない12度。午後には17度まで上がりました。そしてなんと風がない...つまり波もなく海は穏やか!
d0167041_22541256.jpg


そこでヴュー ポール(旧港)からシー・バスこと、ラ・ナヴェット:La navetteに乗り、ヨットパーバーがあるポイント・ルージュまで行ってみました。
d0167041_363037.jpg


d0167041_22541318.jpg

イフ島の城塞※ちょっとブレたので、ぼやけてます。

d0167041_2301722.jpg
ポイント・ルージュ港には15分ほどで到着(※上の地図の青い線が航路)。港の防波堤ではこれからスキューバダイビングに向かう人々が...。
d0167041_2364085.jpg

帰りも船か...と思えば大違い。帰りはヴュー ポール(旧港)まで歩くので片道分の切符だった。健康のために、真面目に歩け歩けの相方と、それに付き合う私であります(※上の地図赤線が徒歩)

ポイント・ルージュは、ヨットよりもモータボートが多い港。港は狭いし、常時係留では維持費が高いのでしょうか?
ほとんどのボートが日本の立体駐車場のように陸地で管理されています。
d0167041_2385042.jpg

港の横の浜には海のスポーツ学校があります。ヨット、プレジャー・ボート、ウインドサーフィンやスタンドアップパドル・サーフィンetc...。
d0167041_2385280.jpg

d0167041_23175378.jpg

今日は小学生が小さなヨットでレッスンを受けていました。
d0167041_2392030.jpg

プラド海岸の観覧車が見えてきました。今日も20度未満ですが、風がないせいか、海岸には日光浴を楽しむ人。※圧倒的に女性が多いです。
d0167041_23363085.jpg

こちらではペタングに興じる人々。
d0167041_23105877.jpg
マルセイユの中心地から歩いて10分ぐらいで、こんなにきれいな海で過ごす事が出来るなんて幸せ。
d0167041_23113188.jpg


d0167041_23172929.jpg
白い浮きに獲物がはいっているのでしょうか?ウエットスーツを着た人が泳いでいました。家の前からはしごで海に下りれるなんて、まるでタヒチのボラボラ島?みたいですね。
d0167041_23203548.jpg


さぁ~て、ヴュー ポール(旧港)に着きましたよ!
空の雲がきれい!
d0167041_23235866.jpg
高台に見えるのが、旧港南側にあるサン・ニコラ要塞です。
d0167041_23251821.jpg

写真を撮りながらの2時間半ほどのお散歩でした。
by kyo_youpi2010 | 2013-05-27 22:15 | France | Comments(0)

ハイキング


d0167041_16235223.png

今日は結構風が強い!ネットで風速を確認すると「時速56km/hの西北西の風」と記載されていました。日本の風速の単位はm/sですから、換算すると、風速16mになります。つまり、『樹木全体がゆれる。風に向かっては歩きにくい。波は大きく波頭が白く立つ』。こんな日でも健康のために散歩を望む相方は、風を避けるために西北の丘へ出掛けることになりました。※上の地図赤☆印。ここにはいくつものハイキングコースがあり、マルセイユの街並みや地中海が見渡せる見晴らしの良い所。中腹には地中海に沿ってイタリア~スペインを結ぶ列車が走っています。
d0167041_16243457.jpg

d0167041_16252565.jpg

奥にはマルセイユやレスタック:L'estaqueの町が見えます
d0167041_16271425.jpg
道を進むと海沿いに出てきました。私達が歩いてきた道を歩いていく年配ご夫婦。
d0167041_16281072.jpg
下の写真が、私達がこれから進む道。
d0167041_1630666.jpg

途中には第二次世界大戦にドイツ軍が設置した施設(監視小屋、砲台)址が残っていました。お花もまだまだ咲いていて気持ちが良い!
d0167041_1630499.jpg

線路下の数か所にはトンネルがあり、海岸まで降りていくこともできます。正面にはマルセイユ新港から出てきた大型タンカーとヨットが...
d0167041_16331553.jpg
下を見るとダイビングの船が見えます。
d0167041_1631561.jpg


およそ往復3km~4kmほどの距離でしたが、充分運動になりました※上の地図赤線が私達が歩いた道。
このところのフランスは寒さが続いていて朝は8度、日中で18度ほどです。なんでも33年ぶりの寒さだとか。海岸横の高台ではBBQで大勢の人が楽しんでいましたが、海岸は人気も少なく閑散としていました。BBQの煙がすごかった!
d0167041_1634389.jpg

親子2人しか水に入っていない...
d0167041_1634521.jpg
あいかわらず水はきれい!
d0167041_16352669.jpg

by kyo_youpi2010 | 2013-05-26 19:40 | France | Comments(2)

マルセイユの市内を散策

先週まで、風雨で寒かったのですが、日曜日あたりから晴天が続いています。でも、気温は14度とか18度とか低い。
相も変わらず、健康のためにと徒歩やバスを利用して市内見物をしてきました。マルセイユは本当に人種が様々で、純粋のフランス人(白人)が半分しかいないらしいのです。元植民地だった国々や、特にマグレブと呼ばれる北アフリカ諸国からの移民が多い町。
下の写真左端はマグレバン(マグレブと呼ばれる北アフリカ諸国の人)、黒いターバンの男性はコモレアン(アフリカ大陸とマダガスカルの間にある コモロ諸島の人)皆さん服装や帽子で見分けられます。そして私やらベトナム人やら中国人なども居りますから、バスの中もまさに「人種のるつぼ」なのです。
d0167041_23552414.jpg


マグレブ人やアジア人向けのお店がある一角に寄ってみました。ここではモロッコで買ったものはすべてここでも買えます(タジン鍋など土産物も)もちろん中国人ストアーやらベトナム店もあるので、餃子の皮や春巻きの皮も手に入ります。港に近いので、新鮮な魚も買えますよ!鯛の仲間が4ユーロ/kg!安ぅ!
d0167041_23555998.jpg

d0167041_2356232.jpg
こちらではアジアのお野菜(里芋やニラetc)も売っています。
d0167041_23571562.jpg

旧港へ向かい歩いていれば...、最近オープンしたばかりの☆☆☆☆超豪華なホテルもあったり(※以前は病院)....
d0167041_23592377.jpg
ホテル正面にはマルセイユのシンボルノートルダム・ド・ラ・ギャルド寺院が見えます。
d0167041_08229.jpg

ここらでちょっとノドの渇きを癒し...ここはパニエ地区の入り口。戦禍を免れた地域なので、古い建物や細い路地がたくさん残っています。元々は漁師が集まって住んでいた場所です。
d0167041_08394.jpg

そしてまた歩き、横道から階段を上り展望台の方へ...
d0167041_092020.jpg

上った所には14世紀のサン・ローラン教会、そしてその前を観光客を乗せた観光用のミニ列車(バス):プチトランが通って行きます...※プチトランは蒸気機関車の形をした観光用の乗り物。主な観光ポイントを見て回るのに便利!
d0167041_094718.jpg

教会前のサン・ローラン展望台から見た旧港...
d0167041_0101371.jpg
旧港の北側にある要塞、サン・ジャン要塞の横に、こちらもオープンしたばかりの美術館があり...
d0167041_0404339.jpg


d0167041_0183436.jpg
美術館には海から水が引き込まれ、奥にサント・マリー・マジョール大聖堂が見えます...
d0167041_0205780.jpg

美術館からサン・ジャン要塞の壁に沿って旧港まで続く遊歩道は市民の憩いの場所。
d0167041_0281654.jpg

14世紀の建物と21世紀の建物が織りなす風景も、マルセイユっぽいのかもしれません。
by kyo_youpi2010 | 2013-05-23 17:30 | France | Comments(0)

なんだかなぁ~なレベル

早いもので、モロッコから帰ってきてすでに一ヵ月。
帰って来た当初、庭の花がとてもキレイに咲いていたので、用事のあいまに庭でスケッチや油彩も描いています。
d0167041_22503925.jpg
油彩と言っても実際はアクリル絵具。相方が「使わないから~」と言うので、カンバスと絵具を借りています。
d0167041_22505714.jpg
こうやって描いていると、昔の方が上手かったような...、勢いがあったような気がする...たぶんですけど。※下の絵は庭の隅で満開のセイヨウハナズオウ
d0167041_22513258.jpg

「やはり視力が落ちて、根気もなくなったせいかしら」と、理由を探してしまう私ですが、どうも最近の絵は「こだわり」とか「主張」がなくて、つまらないものばかり...。
よっぽど、殴り描きしたピンクのゾウの方がいいかもしれない。
by kyo_youpi2010 | 2013-05-19 22:46 | France | Comments(0)

旅行のアイテム-kindle

昨年末にアマゾンでKindleを買った私。これのおかげで、重い思いをせずに、いつでもどこでも本が読めるのが嬉しい。でもなによりも『メガネなし』『ライトなし』でも読める事がGood!!!
d0167041_2219547.jpg
もちろんモロッコ旅行にも持って行きましたよ!「地球の〇〇方」もkindleで読めたらすっごく便利なんですけどねぇ。
旅行本って、結構分厚くて重いじゃないですか...、そんな話をモロッコで再会した友人に話したら、彼も超~興味深々。なんでも来年、インドやネパールまでキャンピングカーで旅行するそうです。
フランスに戻った彼は、Amazon.frでkidoleを買い、ロンリープラネット:lonely planetのトラベルブックガイドをダウンロードしたそうです。※相方も旅行本はlonely planetばかり...
d0167041_22195473.jpg

kinndoleつながりで...最近読んだ本(水野敬也著)の影響で、私の夢に何度もピンクのゾウが現れるのです。相方にこの話をすると「似顔絵を描いてみて」というので描いたのがコレ。
d0167041_22213112.jpg


夢の中のゾウは、両手にはいつも赤ワインとタバコを持ち、頭にはコスモスが咲き乱れ、身体中金のアクセサリーで輝いていた。...こうやって描いてみると、なんとなく本の挿絵に似ているわぁ~。
これを見た相方は「ヒンドゥー教の神様ガネーシャだ」と即答。それもそのはず、家には相方がインド旅行で購入したガネーシャが居られます。
d0167041_22223576.jpg

実際、太鼓腹の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭に、4本の腕をもった神様。
この神様は障害を取り去り、また財産をもたらすのだそうです。ならば『円高ユーロ安』になってほしい...。
by kyo_youpi2010 | 2013-05-16 20:52 | France | Comments(0)

馬が走る


d0167041_2334680.jpg

相方が医者から「もっと歩け歩け」と言われたとかで、今日もカイト大会があった浜に来ています。
今日は海につながっている運河?小さいから運河じゃなくて、水路かしら、ここはカヤックの練習用に開放されています。誰でも自由に使えます。
d0167041_2344731.jpg
この運河に沿って行くとボレリー公園があり、公園の一部がマルセイユ・ボレリィ競馬場になっています。
d0167041_2362133.jpg

d0167041_2364766.jpg
今日はレースが行われて、今、まさに私達の前を通過していきました!
d0167041_23721.jpg


d0167041_2372862.jpg
日本なら競馬場のコースは砂地なのですがここは青々とした芝生。
分かりにくいですが、コースの中央にゴルフ場(ハーフ)があります(※写真真ん中バンカーの白い砂が見える)
d0167041_237367.jpg


公園には素敵なバラが沢山咲いていました。大きな池もあり、ボート遊びが出来ます。
d0167041_2375738.jpg


d0167041_2381376.jpg

競馬場の馬房が道路から見えるのでのぞいてみました。馬運車の大きさは様々で、横からも乗り降りができるなんて...、初めて見ました。
d0167041_239737.jpg

こちらは「乗りたくない」と馬がダダをこねたので、もう一周です。
d0167041_23194473.jpg


ナンパープレートが「60」なので、マルセイユからは860kmも離れたボーヴェ:Beauvaisかコンピィエーヌ:Compiegneの町から来たんですね~(※パリの北50km) お疲れ様でした。
d0167041_23111512.jpg

by kyo_youpi2010 | 2013-05-14 23:00 | France | Comments(2)
お天気が良いので、家から徒歩でマルセイユのヴュー ポール(旧港)までいきました。途中にマルセイユ駅下のトンネルを通るのですが、トンネル内や周りはこんな風に飾り付けされています。
d0167041_2205965.jpg

d0167041_2212786.jpg

1つだけ日本語で書かれていました。なんで、かわず飛び込むぅ~ですかね...。
d0167041_2224849.jpg

さらに進むとロンシャン宮があります。
d0167041_2234997.jpg

マルセイユの高台にあり、美術館と自然史博物館になっています。後ろは公園(※昔は動物園があった)。長い間、研磨工事で閉鎖されていたのですが、今日は一部解放されていたので見学。噴水の水も流れていました。
d0167041_2241463.jpg

お昼は港近くのテラスで「魚のアイオリソース味(ニンニク入りマヨネーズ)」を頂きました。
d0167041_2245190.jpg

こちらではアイオリを魚料理で良く使います。ブイヤベースのスープには、このアイオリを付けたトーストを浮かべたりして食べるのです。今度やってみようかしら?
d0167041_2264562.gif


by kyo_youpi2010 | 2013-05-10 21:42 | France | Comments(0)

炎と波の祭典


d0167041_0164618.jpg

一昨日のカイトサーフィン(kitesurfing)大会会場から戻って来るときに、こんなポスターを発見。「マルセイユ ヴュー ポール(旧港)で炎と波の祭典」
d0167041_20561454.jpg

20:00ですが少し早めに家を出て、新しい美術館近くから歩いてヴュー ポール(旧港)に行きましたが、すでに旧港ものすごい人出で驚きました。
d0167041_2142514.jpg

なんでも12000個の火のついた小さなバケツで、旧港の至る所を飾り付けてあるそうです。
d0167041_20574867.jpg
マルセイユ旧港の桟橋にも、こんな風に炎が揺らめいています。
d0167041_2193281.jpg
これはつねに動いていて...、開いて~
d0167041_20582510.jpg

結んで~
d0167041_20585493.jpg

ボォワァーと火を噴いて...、すごい炎です。
d0167041_20591489.jpg

こちらには模様のある煙突が10本ほど設置されていてきれいでした。
d0167041_0265295.jpg

お兄さんがハンドルを操作すると、煙突からブッファーと炎が噴き出します。
d0167041_2112876.jpg

頭上に揺らめく炎。
d0167041_21181741.jpg

もっと違うイメージを抱いていたのですが、港に面したテラスでコーヒーや食事をしながら、こんなマルセイユの夜もいいかもしれませんね。
d0167041_21173244.jpg

by kyo_youpi2010 | 2013-05-03 20:54 | France | Comments(0)

カイトサーフィン大会?


d0167041_20183054.jpg

カイトサーフィン(kitesurfing)大会があるというのでマルセイユの港近くに車をとめて、景色を眺めながら徒歩で出かけてみました。
いつ見ても海がきれい!吸い込まれそうなコバルト・ブルーで、飲んでしまいたいくらい!
d0167041_2022813.jpg

d0167041_20223095.jpg
小さな浜では、もう、泳いでいる人もいます!でも今日の水温は17度(マルセイユのサイトでは水温も表示)。気温が18度位。
d0167041_20225259.jpg

大会会場のバルネール・デゥ・プラドの浜のテントが見えてきましたが、空には...何も飛んでいない。
d0167041_20243647.jpg
近づいてみると、カイトはすべて砂浜の上です。
こうやって見ると、カイトってアコヤ貝みたいですね!
d0167041_20251544.jpg
テントでは前回のチャンピオンが来て講演していました。帰る参加者はいなようで、浜で楽しんでいました。
d0167041_20253149.jpg

なんでも風がなく、大会中止だとか。あら、まっ残念。でも、ここまで片道2kmほどですから、いい運動になりました。
by kyo_youpi2010 | 2013-05-01 20:17 | France | Comments(0)