旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2013年12月31日も終わり...


d0167041_18113794.jpg

旧港(Le Vieux-Port)近くの美術館Mucemはのブルーの明かりが煌めいて幻想的。年末年始の夜、この美術館脇からフリウール(マルセイユ沖の島)周遊を10€で行っています。
d0167041_18121825.jpg

さて、マルセイユが『2013年のヨーロッパ文化首都』に選ばれ、今日で最後の日になりました。一年って本当にあっという間ですね。マルセイユはちょっぴり綺麗に美術館も増えました。
今夜の旧港での花火と音楽のスペクタクルには、およそ15万人が訪れたそうです。※私達2人もカウントに入っているワケ
d0167041_16232034.jpg

電飾の曲芸師が大型帆船のマストの間を中吊りダンスしたり...、要塞からは火柱があがったり、様々な花火も打ちあがりました。
d0167041_17271520.jpg

下の写真の白い電飾はダンサー達
d0167041_17203159.jpg

旧港に打ちあがった花火の爆音は、身体の芯まで響き...、
この感覚は、まさしく夏の神宮外苑・花火大会と同じ! 
あの時、お腹の中にいた娘が、爆音が響くたびにお腹の中で「グニュ~」って動いていたのを思い出しました。はぁ~、しかしなんとも古い記憶ですねぇ...。
d0167041_1714191.jpg


花火「ドン、ドォ~ン」
お腹の娘「グニュ~」
いまだに思い出すと幸せに笑えます。003.gif
by kyo_youpi2010 | 2013-12-31 23:23 | France | Comments(0)

久しぶりに2人で~


d0167041_6285116.jpg

フランスは長寿国。上の写真のように、陽だまりはいつも年配者で溢れています。

今日は食事会の予定もなく、相方と久しぶりにのんびり。
実は「正月を日本で」と思っていたのですが、新年早々の旅行の準備があまり進んでいません。2月にパタゴニア地域をフェリーで移動したいので、代理店からの連絡待ち状態。追加の飛行機のチケットもまだ手に入らない...。その上、私の更新した滞在許可証がクリスマス休暇が明けてもまだ届かない...。

そんな訳で、正月はマルセイユになりました。 そこで、プチ・高級冷凍食品店「ピカール」へ買い物に行ってきました。
d0167041_6291890.jpg
アペリティフのおつまみ、前菜、メインディッシュ&付け合せ、デザートと数日分を買ってきました。ピカールは、招きor招かれの多いフランス人には欠かせないお店。下は付け合せ。オーブンで20分焼くだけ。
d0167041_6335130.jpg

こちらデザート!
d0167041_6345299.jpg


手軽で、そこそこの美味しさ。2人用~大人数用と人数に合わせてセットになっているので、とっても便利。

さらに近所で、大好きなコンテなど3種類のチーズを買ってきました。
※こんな棚がいくつも続く。チーズの多さにびっくり。
d0167041_63082.jpg

クリスマスは日本のお正月のように伝統料理を家族で頂くフランスですが、お正月はそっけない。
でも、まぁゆっくりできればいいですよね。
by kyo_youpi2010 | 2013-12-30 20:11 | France | Comments(0)

フランスの家庭犬


d0167041_525191.jpg

25日はランチに招待され、マルセイユ郊外へ行ってきました。
玄関へ私達をお出迎えに来てくれたのは、5歳になる...、お名前忘れましたが、犬種はプチ・バセー・グリフォン・バンデーン。フランスの猟犬で「小さな背の低い粗い毛を持つバンデーン地方の犬」という意味。
家族が『プティット・コキーヌ:petite Coquine』と呼ぶだけあって...陽気なおてんば娘!
d0167041_21141210.jpg

さて、ノエルのランチ会は夕食会も兼ねているのかと思うほど長時間。
結局13時から20時まで、おしゃべりしながら、食べて飲んでいました。

しかし、驚いたのは5歳と1歳の2匹のワンコ達。食事中、食物を催促したり、騒いだりせず大人しくしていました。
食後、1歳のコッカは私のそばに来たかと思ったら、即爆睡。
d0167041_2114537.jpg

5歳のワンコも椅子の上で船を漕いでいました。
d0167041_21152749.jpg
犬もウトウトすると頭が揺れるんですねぇ~037.gif
今までにしつけがダメダメなワンコに出遭ったことがないです。
しつけがダメな子供はいましたが...。
こちらでは「犬連れOK」「子供連れNG」なレストランがあります。
by kyo_youpi2010 | 2013-12-26 04:01 | France | Comments(0)

すっかりノエル気分で...


d0167041_2156266.jpg

一人暮らしの娘も今夜は姉家族とクリスマスのお食事会...。
姉のキッシュは最高に美味しい!私の分も味わってきてね!!!

私達は相方の友人宅に招かれ、帰宅は夜中の11時半でした。
今夜のお料理とワインをちょっと紹介します。
アペリティフはブーダン・ブラン:boudin blancのソテーにカナッペ等をシャンペンと共に...。
フランスの家庭ではクリスマスによく食べられるブーダンブランは、豚や鶏のひき肉、クリーム、卵、小麦粉や生パン粉などを入れ、ソーセージ状の腸詰めにしたもの。
d0167041_2158752.jpg
子供たちにも人気の食べ物です。
グラスが空になったところで、テーブルに移り、お食事のスタートです。
d0167041_21595218.jpg


まず、しっかり冷えたグラスにはフォア・グラ016.gif
オレンジ色に見えるのが煮戻した干しアンズ。どちらもひと口サイズにカットされていて、ピスタチオの砕いたものがかかっていました。
d0167041_2201894.jpg

干しアンズの優しい甘さとフォアグラ。
そしてジュランソン・セック:Jurançon secの白ワインが最高にマッチし美味しぃ~!
d0167041_2205698.jpg

セックとはいえば辛口のイメージがありますが、ジュランソンは甘辛なのでフォアグラとも良く合います。
以前フォアグラと共にモンパジャック:Monbazillacという貴腐葡萄の白ワインを勧められたのですが、私はジュランソンの方を薦めます。

次が、ワイン蒸しのボークと、今が旬のセップ茸:Cèpesのリゾット!
セップ茸(ポルチー二茸)はフランスのマツタケとも呼ばれる位の高級なキノコ。香りも味も豊か!
d0167041_2211956.jpg


こちらのお料理には、プイィ・フュメPouilly-Fuméの白ワイン。フュメとは「煙でいぶした」という意味で、燻製のような、独特のアロマを持っているワインなのだそうです。
私にはとても爽やかな白ワインでした。
d0167041_22184019.jpg


大好物のチーズとサラダをいただいて...、最後は、友人手作りのリンゴのクランブル。表面が香ばしくておかわりしちゃいました。
d0167041_22121814.jpg


by kyo_youpi2010 | 2013-12-22 23:59 | France | Comments(0)

くだものを買いに...


d0167041_2275690.jpg

食後の果物が足りなくなり買い物へ...
こちらは本当に果物が豊富で安い...ミカンは3kgで1.5€※約210円
d0167041_22114873.jpg


冬の時期は新鮮なライチも、4€/kgほどで買えます。甘~くておいしい。
リンゴもしかり、1kg買っても140円ほどですから、どっさり買ってコンポートを作ります。
d0167041_22123292.jpg


我が家の作り方は、リンゴの皮と芯を取り、6~8等分して圧力鍋にいれ、レモン汁をふりかけます。
リンゴの水分によって、弱火か中火で煮始めます。水分が出てきたらシナモンパウダーとバニラエッセンスを加え、20分ほど焦がさないよう、時々かき交ぜて煮れば出来上がり!
お水も砂糖もバターも、いっさい使いません。

デザートにはコンポートと共にフロマージュ・ブラン:Fromage Blancというクリームのチーズをかけます。超美味!!! 
嬉しいことに、ダイエット中の人のために『脂肪分0%』というのも売っています。
d0167041_22185845.jpg

フロマージュ・ブランは、1㎏で3€前後(※約420円)。
上の写真は、大手メーカー『ダノン』 1kg入りで2.7€ぐらい。
私はスーパーマーケットの『カジノ:Casino』が提供している方が、クリーミーで酸味が少ないので好みの味!!! 
我が家のリンゴのコンポートにも良く合います。

※フロマージュ・ブラン:Fromage Blanc
熟成させない作りたてのチーズで、ヨーグルトよりも酸味がやさしく、ほどよいコクが楽しめます。
蜂蜜、ジャム等をかけても美味しい~。
ハーブや塩、胡椒などを混ぜてディップにして、茹でたエビやスモーク・サーモンに添えていただくのも美味しいですよ~。

日本でも買えるけど、値段が...!
by kyo_youpi2010 | 2013-12-21 21:20 | France | Comments(0)

お友達の家へ


d0167041_0494731.jpg

昨日、甥っ子家族をマルセイユ駅まで送った後、18時に友人のジェラール&イングリット宅へ招かれ出掛けてきました。彼等の家にも薪ストーブがあって、お部屋はホンワカ~と暖かい016.gif
d0167041_0503773.jpg

彼等に「ブイヤベース」について色々聞いていたからか、、なんと、ブイヤベースやスープ・ド・ポワソンほど手間や時間がかからない彼等オリジナルの魚介スープをご馳走になりました。
d0167041_0504339.jpg

それでも、鯛やタラや白身の魚、小魚などのぶつ切り、ムール貝、ガンバというマダガスカルの海老、15センチほどの磯カニ、ジャガイモ(刻んだものと人数分丸ごとのジャガイモ)、玉ねぎ、長ネギの葉、トマト、ニンニク、ブーケガルニ、オリーブオイル、サフラン、チリペッパー、パプリカetcと結構色々必要なのだとか...。
玉ねぎをじっくり炒め、魚も綺麗に洗い、水にさらし...云々。
ゆっくり煮て、漉して、野菜ごと魚介を潰して、さらに煮詰めて...云々。
お皿に盛りつけるときには、取り分けておいた白身魚の身とジャガイモを入れてスープを注ぎます。
ニンニクを擦り付け焼いバゲットにルイーユ:Rouilleを塗り、スープに沈めてチーズをふりかければOK。
d0167041_0511446.jpg

すごいボリュームです。
※魚や茹ジャガイモをスープと共に盛り付けないときは、ルイーユを塗ったパンをお皿に置き、チーズをふりかけてから熱々のスープを注ぐそうです。

交通事故に会ったばかりのイングリット達。でも15日会った時よりも動けるみたい。※イングリットはまだ頭がうずくらしい...。
次回、怪我が治ったら一緒に作りながら料理を教えてもらうつもり。
Aちゃん、バッチリ習って美味しいこのスープをご馳走しますね!
by kyo_youpi2010 | 2013-12-19 20:11 | France | Comments(2)

クンちゃん家族


d0167041_2291189.jpg

甥が家族3人で、パリ経由でマルセイユに来てくれました。感激!
でも、Aちゃん希望「ブイヤベース」が叶えられず、姉夫婦と行ったアイスクリーム屋さんにKちゃんを連れて行くつもりが閉店。冬だから?

ブイヤベースは事前にマルセイエ&マルセイエーズのお友達から情報集めをしたのですが...
「本物ブイヤベースはレストランで食べるもの」「予約が必要」とアドバイスをいただいたのです。なんだか大変な食べ物だったのね。

そこで、魚介のアラのスープ『スープ・ド・ポワソン』なら簡単に作れるんじゃないかと質問すれば、これまた手間と時間がかかる料理:つまり、「素人には無理!!!」ということで断念
それでもスープ・ド・ポワソンでも良いからビストロに行けば良かったかしら~?
結局、姉夫婦と行ったトワヌー:Toinouで、生牡蠣を食べてきました。
d0167041_454346.jpg


さて、観光は、時差や移動で疲れているから17日からスタート006.gif
マルセイユ・旧港の名物『マルシェ・ド・ポワソン』を見学。地中海で漁をして水揚げされた、生きたタコやイカにお魚...意外とアンコウがたくさん売られていました。
d0167041_22185032.jpg

d0167041_22102323.jpg


二つ目の名物はカヌビエール通りの『マルシェ・ド・サントン』
※クリスマスに飾る人形の市。
d0167041_22115456.jpg
一人息子のK君は、マルシェ・ド・サントン脇のメリーゴーラウンドの2階へ嬉しそうに駆け上って行きました...
d0167041_2249519.jpg


- - - しばしお土産購入タイム - - -

北アフリカのお店が建ちならぶノアイユ:Noaille地域を見学。カレーやクミンの香がスゴイ!!!ついでにマーケットで今夜の羊肉を購入。
d0167041_2214871.jpg


ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院:Notre-Dame de la Gardeへ行き、ロンシャン宮:PALAIS LONGCHAMPやイフ城:CHATEAU D'IFを眺めました。
※下は寺院からの眺め:旧港右手に観覧車。
d0167041_22253077.jpg


海岸沿いのコルニッシュへ下りて戦没者慰霊のモニュメント近くで駐車。マルセイユで最も絵になる景色のひとつとVALLON DES AUFFES(ヴァロン・デ・ゾフ)の小漁港にも立ち寄り...。
d0167041_22355488.jpg

コルニッシュ通りのどん詰まりまで車を走らせました。ここからは徒歩か船でしか行くことが出来ない『カランクの入江(LES CALANQUES)』の始まりです。
d0167041_2240136.jpg

d0167041_2239572.jpg

夏ならカランク・クルーズもいいですよね!
地中海の景色を眺めて、サン・ヴィクトール修道院の前を通り帰宅...。

18日はマルセイユの新名所ミュセム:muCEMの建物からサン・ジャン要塞:Fort Saint-Jeanへ橋を渡り、内部を見学する予定だったのですが、なんと開館が11時から!
しかたなく、サン・ジャン要塞沿いの小道を通り、マリー・マジョール大聖堂内:Cathedrale de la Majorに行ってきました。
d0167041_22574928.jpg

下は聖堂内に飾られたサントン人形です。
d0167041_22582713.jpg


11時には家に戻り、お昼を済ませて13時にはマルセイユの駅へ...。
なんとも『慌ただしいマルセイユ見学』でした。
でもまだ数日はパリで過ごす甥家族。ボン・ボワヤージュ!
d0167041_2311824.jpg


by kyo_youpi2010 | 2013-12-18 20:59 | France | Comments(0)

d0167041_41607.jpg

ランチに招待されて、ポロ&ニコルのお宅へ行ってきました。
共通の友人のジェラール&イングリット夫妻が私達を迎えに来て4人で出発。ポロの自宅はプロヴァンスの山の麓にあるため、清水が豊富で敷地内には井戸が三つもあるそうです!下が井戸。
d0167041_4162085.jpg


さて、今日いただくお料理はプロヴァンス料理の『ドーブ・プロバンサル』下の写真がドービエ:Daubièreと言う専用の土鍋。手前に突き出たのは注ぎ口かと思いきや取っ手。不思議な形をしています。
d0167041_4165332.jpg
まずは24時間、牛肉を、玉ねぎ、ニンジンなどのお野菜と香辛料も加えて赤ワインに漬け込みます。山梨で作ったシカ肉の赤ワイン煮と同じかんじ。
d0167041_4192297.jpg

ワインでマリネしたお肉などをドービエでじっくり煮込むそうです。付け合せは茹でても煮崩れないメークインかしら?黄色くねっとりとしたジャガイモ。
d0167041_4202268.jpg
煮汁が美味しいのでお代わりしてしまいました。
食後は暖炉の周りでのんびりおしゃべり。おいしいデザートも暖炉の周りで頂きました。
d0167041_4205798.jpg

ところで....、この日一緒に招待されたジェラールとイングリットがオートバイ時事故に会ったばかり。なんでも乗用車に当て逃げされたとか!私達もポロ夫妻も今日初めて彼等の事故を知ったのでビックリ。そうとは知らずにけが人に運転させて申し訳なかったわぁ....。
by kyo_youpi2010 | 2013-12-15 20:55 | France | Comments(0)

夜の観覧車


d0167041_416567.jpg
一昨日は、ノエルに向けてプレゼントの下見にマルセイユ市内へ...。どこのお店もイルミネーションでカラフル!
ついでに観覧車も帰りがけに見てきました!さすがに平日は誰も乗っていませんでした。
d0167041_4343847.jpg

市庁舎前です。明かりのカーテン?近寄ると意外と綺麗でした。
d0167041_4174671.jpg

d0167041_439984.jpg

今日は、プレゼントの準備でごったがえすマルセイユを避けて、観光客の少ないレスタックL'Estaqueでお散歩。
d0167041_4221642.jpg
ヨットハーバーはお気に入りのお散歩コースです。
姉夫婦がマルセイユ到着した日に立ち寄ったシーバス乗り場は、只今冬期運休中なので閑散としています...ただ一か所を除いて!

釣りをしている男性の周りには家族連が何やら騒いでいます。
私達が近寄った途端、男性が釣り糸をたくし上げて網で獲物をゲット!
d0167041_4234955.jpg

獲物は何かと見るとタコ!こんな場所にタコが潜んでいるなんて、驚きました! 日本でも港でタコがつれるのかしら?
d0167041_4523978.jpg

それにしても大きいぃ! 目つきが怖い~~!!!
by kyo_youpi2010 | 2013-12-11 20:53 | France | Comments(0)

観覧車が動いた...

カタラン・ビーチに車を停めてお散歩スタート。

d0167041_23563778.jpg

砂浜を眺めると、すっかり人の数も減り、ビーチバレーを楽しむ人々がいるくらいで泳ぐ人もない...と思いきや泳いでるぅ~、ぶるぶる。
70歳ぐらいのマダムとお友達が海に入って行きました。
d0167041_23562079.jpg
すごいなぁ~、アッパレ・マダム038.gif
こちらの浜ではビーチバレーを楽しむ人々...皆さん、とてもエネルギッシュ!
d0167041_2357047.jpg

私は「寒い寒い」とブチブチ言いながら歩いていると、プラド海岸がみえてきましたが、な~んかいつもと違う。
あら、大きな観覧車がない!
d0167041_2357291.jpg

下が以前撮った写真
d0167041_2358097.jpg

どこに行ったのかしら~~?

実は、ヴュー・ポール(旧港)、マルシェ・ド・ノエルの横に大観覧車があるのです!
プラドの観覧車が引っ越してきたのか、はたまた別物かは不明...
d0167041_23583811.jpg

大人も子供も順番待ちで大賑わい!大人は7€だったかな?
次回、イルミネーションに輝く時間帯に来て見ようと思います。
by kyo_youpi2010 | 2013-12-08 23:01 | France | Comments(2)