旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年最後の食事会


d0167041_226811.jpg

大みそかの友人達との食事会がなくなったので、昨日30日の食事会が今年の最後のイベントとなりました。
今夜も相方の娘家族の大好物『寿司ざんまい』でした。
巻きずしは アボカド&スモークサーモン、手作りネギトロ、スモークサーモン&フェネル、茹でエビ&いくら。
マグロを軽く漬けてアボカド和え、チースとタラコマヨの竹輪、茄子のキャビアゴマ風味とオムレツのつまみ、オクラの天ぷら...
さぁ〜アペリティフ開始!
d0167041_2271235.jpg
シャンペンや甘めの白ワインにはお寿司などよく合います。

そのほかにファニーが南プロヴァンスのつまみ菓子『なつめと干しプラムのアーモンドパテ詰め』と『茹でエビと茹でエイ(魚)のマヨネーズ和え)、長女がサーモンのホタテ詰め、次女がデザートを持参して夜中まで食べて&飲んで&おしゃべりして...
d0167041_22122952.jpg


夜中の0時過ぎに終了!この時間、日本ではもう31日の8時半ですか...。
...そしてお節作りの仕上げと年越しそばの準備で、日本の主婦は今日もまたまたお忙しい一日ですね!
by kyo_youpi2010 | 2015-12-31 15:25 | France | Comments(0)

ローズマリー


d0167041_21171114.jpg
今年のクリスマスはいかがでしたか?
私は胃袋がバテ気味でいまだに重いです...。

今日のマルセイユは気温14℃で暖かく昨日は20℃でした。

庭に茂る・地中海原産のローズマリーの花が咲き、ミツバチが蜜や花粉を集めに引っ切りなしに訪れています。ローズマリーはラテン語で『海のしずく』という意味で、地中海沿いの岸壁に張り付くように生えていた事から付いた名前。日本には中国を経て江戸時代には渡来!シソ科なので香りも良く、その上記憶力をアップすると言われているので、昔は冠にして頭にのせて勉強したらしい...。こちらではタイムの枝と共に摘んで台所に飾る家庭が多いです。
d0167041_2118178.jpg


by kyo_youpi2010 | 2015-12-26 13:10 | France | Comments(0)

2015年のクリスマス


d0167041_20262727.jpg

昨日は相方の次女のお宅でクリスマス会。
今年11月に次女カップルが購入したお家には暖炉があって、クリスマスの雰囲気がバッチリ。夜の7時半にはほぼ全員が集合(相方長女家族は海外旅行中で不参加)
アペリティフでは持参した巻き寿司、握り寿司、オクラの天ぷら、紀文のちくわをつまみながらスタート。鴨の燻製、フォアグラのカナッペ etc。 フォアグラも次女の手作りで美味しかった。魚料理としてガンバス(手長エビ)の香草煮込みカマルグ産ライス添え、肉料理はピエ・パッケ。どちらも南プロヴァンスのお料理。ピエは足、パッケは包みの意。子羊の胃袋に足のゼラチン質部分を包み込み、3日間火加減を見ながらスパイスの効いた汁と共に煮込んだもの。これに使う子羊には拘りがあるようで、お気に入りの専門店は何処かと女性陣が情報交換していました。ですからここ南プロヴァンス主婦としては『ピエ・パッケ』は腕の見せ所らしい。子羊料理の付け合わせはやはりポテトグラタン(冷凍食品のピカール製でしたが結構美味しく、年越し用に買いましょうか...) デザートケーキは次女の義姉が2種類作成。コーヒーと共に出されたクッキーは相方の元奥様と次女の娘が作成。ここまでおよそ7時間。自宅へ戻ったのは25日の3時近かった。
こちらに来ていつも感心するのは、子供がサンタを信じている間、親も爺さん婆さんも健気に努力して幼い子供の夢を守っています。プレゼントは玄関脇の薪小屋に隠し、アペリティフ後に子供達はサンタを探しにお父さん達と出かけます。その間にプレゼントをクリスマスツリーの下に置き、寒い中全員で子供達の帰りを待ちます。帰ってきた子供にサンタが通ったと話すと興奮してツリーを見に行き、プレゼントの山を発見する...。
d0167041_20321944.jpg

こちらの子供は日本に比べるとプレゼントをもらう機会が少なく、誕生日とクリスマスくらい。だからその二回にかける気合も費用もハンパないかんじ。
by kyo_youpi2010 | 2015-12-25 10:54 | France | Comments(0)

d0167041_18855.jpg

野菜をたくさん食べよう&残った卵を消費しよう!ということから、まずは半熟卵つくりから。中からとろりと黄身が流れ出てほしいので、沸騰したお湯に冷蔵庫から出した卵を6分ゆでて冷水にドボン!野菜は、オクラ、ニンジン、インゲンは蒸して火を通し、赤ピーマンは皮をむいてトースターで10分焼きました。
半熟卵入りのアスピックに使うブイヨンのゼリーは、市販のマギーのマディラジュレ:Gelee au Madere(2パック入り)。日本でも買えるのかな?夏場のゼリー寄せ前菜にはもってこいの品物。下がその市販品。
d0167041_183917.jpg
器に茹でた野菜とハムと半熟卵を置き、水500ccで煮溶かしたブイヨンを流し冷蔵庫で冷やすだけ。ディジョンマスタード(粒のないタイプ)を添えていただくとさらにGOOD。思ったよりかなり美味しかった016.gif
でも写真が美しく撮れず残念。半熟卵からトロリ~と黄身が流れ出したところを撮りたかったのに黄身が後ろに流れてしまった(泣)
d0167041_19239.jpg


※アスピック:フランス風煮こごり
by kyo_youpi2010 | 2015-12-18 14:46 | France | Comments(0)

運動不足解消


d0167041_0194370.jpg

このところ~運動不足な私たち... 
それでも食べる量は変わらないので自然立派な体格になってきました。
ネットを見ていた相方がスポーツジムにあるエアロバイクを購入。一週間ほどで配達され、梱包を解いて取り出し組み立てにおよそ2時間...ふぅ~! 
日本に比べると説明書の説明が少なすぎる...。早速、ペダルをこいで一汗かきましたよ!相方の5歳の孫娘が『あれー、自転車が動かない!』とびっくり驚いていたのが可愛いー053.gif 

これから食事会が増えるので、明日から2人でペダルこぎ開始です。うまく痩せられるといいのだけれど~?
by kyo_youpi2010 | 2015-12-17 18:09 | France | Comments(0)

d0167041_013797.jpg

いとこ・モニークの希望でマルセイユ石鹸を買いに行ってきました。市内の土産物店では倍以上の値段がついているので、以前買いに行ったサヴォンヌリーのル・セライユ:Le Sérail の工場内直販店へ... ここは安くて数も豊富なのでおすすめです。私も見ているうちにいくつか購入してしまいました。シナモンの香り、オレンジの香り、ラベンダーの香りetc。もちろん自然の香りの石鹸も多数あります。ここは100%天然Bioの植物オイルのみ使用らしいです。
d0167041_042421.jpg
上写真の4個入り(赤ワインの香り/オリーブの香り/ラベンダーの香り・ハチミツの香り)は、ラッピング込みで4€でした。大きな赤い石鹸は 赤ワインの香りで250gで通常の2倍の大きさ!必要に応じて切って使う予定です。
d0167041_065958.jpg


by kyo_youpi2010 | 2015-12-15 21:52 | France | Comments(0)

相方の家族&親戚


d0167041_23473484.jpg
ラ・ロッシェル:La Rochelleに住むいとこ夫婦が11日から泊まりに来ていました...なので10日まで数日かけて家じゅう大掃除!
12日は4人でマルセイユ市内へ行き、女性陣はお買い物。男性陣は旧港近くのテラスでコーヒー。旧港で落ち合い、お魚のマルシェで35cmのカレイを一匹11€で購入して帰宅。早速カレーを三枚におろして昆布締めに...

13日には相方の家族11人が家に集まりお食事会。いつものように、お寿司や前菜を作りましたよ!相方がメインディッシュのジゴ・ダニュー(子羊のもも肉の塊ロースト)を作り、私は付け合わせのジャガイモのグラタンを作りました。お寿司は全員大好物。今回、前菜に作った『枝豆のムース』とメインの付け合わせ『ジャガイモのグラタン』が好評でした。

PS.カレイの昆布締めですが、翌朝に昆布と振りかけた日本酒を捨てしばらく置き、薄切りにしてカルパッチョ風にして食べたのですが、昆布の香りがきつかった~!残念。でも冷16日に冷蔵庫の整理で残っていた昆布締めのカレイを薄切りにし&少しワサビを乗せて、私はお醤油、相方はレモンとお塩で食べたら最高に美味しかった。
昆布締めは、3日ほど置くほうが美味しいのですね~忘れていました。

d0167041_23483721.jpg



参考まで
枝豆のムース(8人~10人分)
えだまめ 250g (飾り用にゆでた枝豆を別途人数分用意)
玉ねぎのスライス 1/2個
オイル
チキンブイヨン100cc
牛乳 300cc
生クリーム大匙3
ゼラチン6g

・枝豆は軽くゆでて、さやと薄皮をとる。ゼラチンをたっぷりの水でふやかしておく。
・鍋にオイル少々と玉ねぎのスライスを色がつかないように炒めて枝豆ブイヨンも炒めてブイヨンを加えて、枝豆がやわらかくなるまで煮る。※ただし豆の緑色が失われないように注意。
・フードプロセッサーで牛乳を加えながら滑らかになるまでピューレにしてボウルに移す。
・ゼラチンを湯せんで溶かし、ボウルに移したピューレに加えてかき混ぜて生クリームも加えて混ぜる。
・エスプレッソ用カップに流し固める。飾りにゆで枝豆をちらしたり、生ハムを刻んだリ飾ると華やかになります。

・・・・・・・・・・・・・・・

ポテトグラタン(8人分~10人分)
ジャガイモ 大き目6~7個
牛乳 500cc
チーズは一握り
ニンニク 1片 みじん切り
バター 器に塗るため用
ブイヨン 1/3個
塩、コショウ、ナツメグ
生クリーム 50cc~100cc

・ジャガイモの皮をむき、厚さ5~7㎜の厚さに切る。
・鍋にスライスしたジャガイモ&ニンニクのみじん切り&牛乳&ブイヨンを加えて吹きこぼれないように鍋底が焦げ付かないよう中火~弱火で煮る。
・ジャガイモが柔らかくなってきたら鍋に生クリームとコショウ少々を加える。
・竹ぐしを刺すか、ジャガイモの一部が崩れたら煮るのは終了。最後に味見をして必要なら塩を加える。
・バターを塗ったグラタン皿に鍋の中身をすべて入れてナツメグを振りかける。一握りのピザ用チーズ(とろけるタイプじゃなくてもよい)を表面に飾り、250度のオーブンで10分~15分(オーブンサイズで時間を調整してください)。表面が黄金色の美味しそうな焦げ目がついたらOK!
※ローストしたお肉の付け合わせによく合います。
※ジャガイモがトロリとするので、生クリームは少なくても美味しいですよ!
by kyo_youpi2010 | 2015-12-13 23:25 | France | Comments(0)