旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


d0167041_224176.jpg
ヴェゾン・ラ・ロメーヌ:Vaison-la-Romaineに来ました。ここにはローマ橋という名前の橋がウヴェーズ川にかかっていて、新旧2つのヴェゾン・ラ・ロメーヌの町をつないでいます。
d0167041_2255823.jpg
上の写真右手奥がローマ橋で2000年以上の歴史があり、戦争にも1992年の洪水災害にも耐えた強運の持ち主なのです。切り立った崖の上には中世の町が13世紀~18世紀にわたって栄え、トゥーロンの伯爵が建てたお城址も残っていました。下はローマ橋からの眺めで中世の鐘楼や教会などが見えます。
d0167041_225950.jpg

路地を歩き回りました。
d0167041_2284179.jpg

d0167041_2291686.jpg

d0167041_2294523.jpg
下の写真はお城に向かう道。
d0167041_22104538.jpg

お城址からの眺めは良く、目の前に現在の町並みが見渡せました。
d0167041_221157100.jpg


ヴェゾン・ラ・ロメーヌの位置
d0167041_22124874.jpg


by kyo_youpi2010 | 2016-03-31 21:56 | France | Comments(0)

南仏の石積みの家


d0167041_121255.jpg

南プロヴァンスのリュベロン地域と言えば、美しい村や可愛い村が点在するところ。美しいルールマラン:Lourmarin村、鷲の巣村で有名なゴルド:Gordes村、そしてラヴェンダー畑やセナンク修道院etc...人々を魅了する建物や自然が盛りだくさん。マルセイユからは90km北に位置し、日帰りでも観光可能な場所。

今回は日本でお馴染のプロヴァンスとは違った場所に行ってきました。

続きを読む...
by kyo_youpi2010 | 2016-03-29 23:41 | France | Comments(0)

消し炭のような

謎の黒い物体。焼き過ぎたサツマイモではありません
d0167041_21474298.jpg


こちらで大根:radisと言うとだいたい3種類ぐらい。
日本のような『白大根』、二十日大根こと『ラディッシュ』と、上の謎の物体『黒大根』。白大根は一度買ってみたけど味がなくマズイ。フランスのラディッシュは瑞々しく甘みがあって美味しいので、アペリティフや間食用として冷蔵庫に常備してます。さて、黒大根ですが、こちらの八百屋やスーパーでいつでも手に入ります。一度も買ったことがなかったし、友人宅でも食べる機会ゼロ!!! やはり美味しくないのかしら〜?と思いつつも 好奇心で初購入しました。中は何色?と思いながら切ると白かった。外見より普通なのでホッ。
d0167041_21484277.jpg
どうにも黒い皮は食べる気がしなかったので剥き、カッターで薄くスライスして、北海道で購入したよくねばるがごめ昆布と和え冷蔵庫へ...。レモンとすし酢を加えて、マスタード入りドレッシングをかけてみました。昆布味NGの相方が『美味しいー!』と言って、何度もつまんでました。日本の大根に近い味で、少し辛いので大根おろしとしても使えそうです。『煮大根も美味しい』と在仏日本人が試していたので、次回はソテーしたり煮てみよう!!!

ドレッシングの作り方
ディジョンマスタード:小1
寿司酢:大1
レモン汁:小1
オリーブオイル:大1&1/2
おろしニンニク:少々
※混ぜているうちにトロトロとなります。
※味を見て塩と胡椒を足してください。
by kyo_youpi2010 | 2016-03-27 14:00 | France | Comments(0)

釣れなかった


d0167041_5182250.jpg
マルセイユの西40kmの港町カロ:Carroで、新鮮な魚を食べ&釣りをして過ごしている友人達と1日遊んできました。

朝市で購入した魚はまだピチピチと跳ねているほど新鮮。それをBBQにして付け合わせはご飯!
まさに日本食定番メニューでしょう!マルセイユでは、日本人の私より魚好きが多いのでビックリします。相方もしじゅう『魚が食べたい!』と言うので、お肉は週に1度ぐらいしか登場しない。私はどちらかというとお肉大好き人間なんですけどね...。 でも、地中海の取れ立ての魚はやはり美味しかった!
焼き魚とご飯、ごちそうさまでした。


d0167041_5193093.jpg
昼食後にフランスでの磯釣りにも挑戦しました。でも、海底の岩に引っ掛けて、何度も重りや針を無くしてしまいました。寒さに耐え重さ8kgの竿を持ち頑張ったのですが一匹も釣れませんでした。
今年の夏にスカンジナビア旅行予定。その際に釣り竿を友人から借りるつもりなのですが...、竿を借りるほどの技量が私達にあるとは思えない。※釣りの写真は友人から送られて来たらアップしますね。

以前のカロの記事『ちょいとキャンピング』はこちら...。
by kyo_youpi2010 | 2016-03-25 19:57 | France | Comments(0)

d0167041_23323326.jpg
昨晩はエクス・プロヴァンスの郊外に住んでいる相方の友人宅でお食事会...というよりお誕生日会もかねての夕食に招かれて行ってきました。奥様のエブリンのお誕生日なので、リュベロンで見た桜の花を日本画の絵具で描きプレゼント。

ご夫婦のご友人方々と一緒に、エブリン手づくりのフォアグラ、パン・サレ等々.. をつまみつつ&シャンペンを飲みながらおしゃべり。前菜は新鮮なグリーンアスパラガスの温菜サラダで、アスパラガスの味が口いっぱいに広がり最高。そしてメインディッシュは巨大ストウブ(鍋)で調理したジゴダニュー(仔羊モモ肉)。鍋に材料を入れ160℃のオーブンでじっくり3時間火を通したお肉はトロリとして美味しかったです。
d0167041_23331898.jpg

このお料理にはボルドーのサン・テミリオン、シャトー・シュヴァール・ブラン:Chateau Cheval Blanc 1997年の赤ワイン。『白い馬』という名前のシュヴァル・ブランは格付けの頂点『プリミエ・グラン・クリュ・クラッセ』に君臨しています。初めて飲んだこの赤ワインは、正統フルボディーなのでタンニンがしっかり。でも思いのほか後味が穏やかぁ~香りも華やか〜で私でも分かるくらいめちゃくちゃ美味しい。
こんなにおいしい赤ワインは初めてぇ~~~!  で、あまりに美味しかったので帰国時に購入しようか(※ワイン無知バレバレ)...とネットで探して2度ビックリ。フランスでも1997年ものは 1本4万円以上。私が土産に買えるレベルじゃなかった。フランス極上ワインの味を体験出来たのですから、友人ご夫婦に感謝ですね。

【追記】2016年3月21日
ギャラリー・ラファイエット:Galeries Lafayetteで見つけたシャトー…シュヴァール・ブラン2000年。
1461.00€ ...18万4000円! 同じ棚には2000€台もあり。ワインってフランスでも高いのね。
d0167041_084612.jpg

by kyo_youpi2010 | 2016-03-20 14:27 | France | Comments(0)

寒くて家にこもる

寒いと思ったシチリア島の方がまだ暖かかった!思い出のエトナ山
d0167041_4472453.jpg
マルセイユに戻ってから、寒い日が続き 今日は雨...

私にとって南イタリアとシチリア島は今回旅行。一か月半におよぶ車での移動距離は5,800km! 往路か復路にフェリーを利用すれば良かったかもね~と相方と話していました。なんせ南イタリアの一般道は運転し辛く、ストレスが溜まった相方。なぜなら『脇道からの急な飛び出し』『2重縦列駐車』『穴だらけの道』等々。
でもそこが南イタリアらしいのかもしれません。
d0167041_5241167.jpg

さて南イタリアにはアンティークやフェンネルの畑、オレンジやオリーブ園が広がっていました。昔は貧しい土地でも今は世界遺産やら美しい海岸のおかげで毎年多くの観光客が訪れるリゾート地に変身。シチリア島も紀元前1500年以降から色々な国の支配下だったので、古代ローマ、ギリシャ、イスラム、中世ヨーロッパ文化や融合文化が残っていて盛りだくさん。貴重な歴史建造物が見学できました。さらにどこの港でも新鮮なお魚がお安く手に入り、地元のフルーティーなオリーブオイルと共に美味しくいただきました。

そんな今回の旅行で残念に感じたのは、不法投棄されたゴミの山やポイ捨ての瓶やペットボトルの多さでした。観光地街は清掃が行き届いているのですが、一歩町を出た田園・海岸・道端に、さび付いた洗濯機、冷蔵庫、テレビ、欠けた便器などゴロゴロ。せっかくの美しさも半減。改修工事の際に出たパイプやコンクリートの塊が州道の両脇に堂々と捨てられていました...。イタリアはゴミ回収料金が高いのでしょうか?このままでは南イタリア中ゴミだらけになりそうで心配です。

つい先日、京都工芸繊維大や慶応大などの研究グループがペット樹脂を分解することができる細菌を発見したという記事を読みました。大阪府堺市で採取したサンプルから見つかった菌なので『イデオネラ・サカイエンシス』と命名したそうです。まだ現段階では酵素の力が弱いため引き続き研究を進め、新たなリサイクル技術の開発を行うと記されていました。早く実用化されてリサイクルに利用できることを願っています。

072.gif興味のある方は以下のアドレスをクリックしてください。
朝日新聞デジタル>記事 http://www.asahi.com/articles/ASJ3B5QK4J3BPLBJ003.html

by kyo_youpi2010 | 2016-03-16 20:25 | France | Comments(0)

犬の置物


d0167041_9564653.jpg

久しぶりにお天気も良く風もないので、相方とマルセイユの旧港まで運動不足解消にお散歩。そして一番のお目当てはランチに生ガキ。イタリアではムール貝などたくさんの二枚貝があったけど、意外と生牡蠣に出会わなかった。おかげで食べるチャンスがなかった二人。恋し~いお味に久しぶりに会える!


d0167041_9571333.jpg

道を歩いていたら「ビクターの犬」みたいな置物がテラスに飾ってあったので写真をパチリ!!!
d0167041_9575251.jpg
形が綺麗なので、もう一度立ち止まってパチリ!....と、突然動いた?
それに私をジッとを見ている... ありゃ、本物の犬じゃないの。
d0167041_95979.jpg

犬の座っている所は40x40cmの広さしかなく高い場所。
後ろ姿はけっこう細い感じでしたが、横から見ると胸板が厚い!きっとこの場所に長時間座る姿勢が、このワンコに美しい筋肉をもたらしたのでしょう。すごい!けど、ちょっとびっくりした。

話は戻って、ランチはやはり生牡蠣。美味しかったぁ~。
by kyo_youpi2010 | 2016-03-10 22:44 | France | Comments(0)

シチリア島巡り終了


d0167041_9202644.jpg
上の写真は2月27日、早朝のエトナ山。朝日に照らされた山頂には雪が!

さて、シチリア島巡りも終わりです。フェリーでイタリア本土に戻りポンペイで休憩。28日はポンペイ。そして高速に乗ってピサの海岸近くで一泊して翌日朝早くに、世界遺産のピサの斜塔を見学。人気の観光地では車で混雑する前に出かけるのが良いのです!
ピサの斜塔をスケッチしたかったのですが大粒の雨が降り出して断念。
次回!次回また来ます!
d0167041_9205794.jpg


いつもは高速道路で通過してしまうモナコ公国に寄ってみました。トンネルの中にロータリーがあったり お店があったり エレベーターもある不思議な造りの町だということが分かりました。そしてカンヌで相方の友人に再会。相方は病気の友人に会うのがつらかったみたいで、2時間ほどで帰ってきました。
d0167041_9295344.jpg
上は友人のご自宅。センスの良いインテリアに囲まれたとても素敵なおうちです。

旅行もいいけれど、家もいいですよね。しかし、帰ってからは洗濯物の山、山!留守中の溜まった用事もかなりでした。
by kyo_youpi2010 | 2016-03-01 09:10 | Italie | Comments(0)