旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010

<   2016年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ステンドグラス


d0167041_19544572.jpg

フォンフロワド修道院:L'abbaye de Fontfroideのステンドグラス『キリスト賛美』は斬新なデザイン。

フォンフロワド修道院にはパズルのようなステンドグラスがいくつかあり、宝石をちりばめられたように美しく幻想的で癒し効果満点でした。助修士/助修女達の共同寝室に設置されたこの四枚のステンドグラスの光がやすらぎを与えていたのだろうと思います。

でもなぜこんな小さなガラスの破片で作られているのか...と思ったら意外な理由。 1914年から1918年に起きた第一次世界大戦の爆撃でフランスの教会や修道院のステンドグラスは粉々に破壊されました。その中で比較的大きな破片を、北や東のいくつかの教会で拾い集めて、新しいガラスと組み合わせて作成したそうです。下の四枚がそのステンドグラス。
d0167041_19561782.jpg


d0167041_19514550.jpg


d0167041_19522375.jpg


d0167041_19525885.jpg



Le vitrail de ce haut de page représente "la glorification du Christ", il est surprenant originalité.
Les quatre vitraux suivants sont les fenêtres du dortoir des convers, ils sont très beaux comme des bijoux. Ils nous indiquent les particularités des puzzles réalisés avec des débris récupérés de cathédrales ou d'églises du Nord et de l'Est de la France bombardées en 1914-1918.
by kyo_youpi2010 | 2016-05-27 17:40 | France | Comments(0)

d0167041_591260.jpg
印象に残るフォンフロワード修道院。修復技術の高さを感じます。

今日はナルボンヌに近いフォンフロワード修道院に来ました。1093年にナルボンヌ子爵領地内の急流近くに建てられ、その水源の水が新鮮で冷たい:source d'eau fraîche/fons frigidaことから、フォンフォロワード修道院と名付けられました。フランス革命後に修道院は没収・売却。1908年にグスタフ・ファイエ:Gustave Fayetとその妻マドゥレーヌ・ファイエ・ダンドク夫妻が荒廃した修道院を購入し、現在もその子孫ダンドク家が管理する個人資産になっています。ファイエ家は地元の資産家、ダンドク家は広大なブドウ畑を持つ家柄で、2人はこの荒廃した修道院の修復に情熱をかけ、今も修復・保全工事が続いています。※入場料は11ユーロ

私の下手な説明より美しい写真を一気にアップします。ここは修復部分と古い部分とのバランスが素晴らしい美しい修道院でした。
d0167041_55075.jpg


d0167041_58087.jpg

d0167041_57878.jpg

d0167041_5133246.jpg


d0167041_5231280.jpg

d0167041_5234258.jpg



d0167041_52416100.jpg

d0167041_531212.jpg


d0167041_5315126.jpg

d0167041_5325076.jpg

d0167041_5335458.jpg

d0167041_5343556.jpg


d0167041_535302.jpg

d0167041_536626.jpg


d0167041_5372550.jpg

d0167041_5374785.jpg

d0167041_5394325.jpg


d0167041_5401485.jpg

d0167041_5412322.jpg

d0167041_5421978.jpg


d0167041_5435730.jpg

d0167041_544508.jpg

帰りにここのショップに立ち寄り...、所有者は大ブドウ園家なのですからみっともない味のワインは売らないだろうと思い試飲しました。そしてこの地方のおすすめ小粒のマスカット100%『ミュスカ・セック:Musucat sec』の白ワインを購入。そして飲んで気に入ったAOCコルビエールの『ロダミュス:Laudamus』はフランス・カタルーニャ地域のムールヴェードル:Mourvèdreを40%に、シラーを35%とグルナッシュを25%合わせた赤ワイン。タンニンはあまり強すぎず熟した果実の味とスパイシーな味。
d0167041_6133472.jpg



※※あとがき※※
1905年から1908年は南フランスの修道院には暗い時期。中世建築や彫刻好きのアメリカ人コレクターが直接来ては修道院廻廊や柱頭彫刻などを購入。修道院回廊を解体してあらゆる石を根こそぎアメリカに持って行ってしまったのです。ロックフェラー財団がニューヨーク市マンハッタンにクロイスターズ美術館を建設。彼らはフォンフロワード修道院回廊の購入者に名乗りをあげました。
ラングドック地区の遺産保護に情熱を注いでいたグスタフ・ファイエとその妻マドレーヌ・ファイエ・ダンドクはつりあがった価格にもためらわずに49925フランで購入。そして1908年からフォンフロワード修道院はグスタフ・ファイエ夫婦の資産になり、修道院図書館の大壁画はオディロン・ルドン作、ゴーギャンやゴッホの作品も増えました。現在はこの夫婦の孫にあたるダンドク家によってフォンフロワード修道院は引き継がれています。

L'abbaye de Fontfroide est située dans le massif des Corbières où il y a une source d'eau fraîche (fons frigida) qu'elle doit son nom. L'abbaye de Fontfroide fondée en 1093, devient cistercienne en 1145 et ne cesse e se développer jusqu'à la moitié de XIV siècle.
Elle joue un rôle prépondérant durant la croisade contre les albigeois. Véritable cité monastique, miraculeiusement préservée, elle a conservé son église abbatiale, cloître et sa salle capitulaire du XII siècle, les bâtiments des frères convers et des aménagements du XVIII siècle.
Mainteneurs fervents du patrimoine languedocien, Gustave Fayet et son épouse Madeleine d'Andoque ont acheté cette ruine en 1908. L'abbaye de Fontfroide reste aujourd'hui une propriété privée gérée par leurs descendants.
A la fin de la visite, j'ai découvert la roseraie aux 3000 rosiers et le Massif de Fontfroide environnant. J'ai acheté 2 bouteilles de vin de l'abbaye au caveau!!!
d0167041_7512378.jpg

by kyo_youpi2010 | 2016-05-26 19:11 | France | Comments(0)

d0167041_6325964.jpg


ヴィルルージュ・テルムネスの街を出発し、南に20km行ったキュキュナン:Cucugnan村の外れ、白い石灰質の岩肌を覗かせる小高い山(標高728m)に建つケリビュス城:Château de Queribusに到着。
d0167041_6441492.jpg
ここも数あるカタリ派のお城の中でも有名な場所の一つ。※さすが有名なお城だけあって、細い山道でも観光バスが上ってきます。駐車場はとっても広いのでまずは食事。
d0167041_634952.jpg


1208年、ローマ教皇庁とフランス王フィリップ2世PhilippeⅡの連合軍『アルビジョワ十字軍:Croisade Albigeoise』が組織され、カタリ派討伐がはじましました。アルビジョワ十字軍に追い詰められたカタリ派の信者たちは、こんな険しい山の上に逃げ、彼らを擁護する領主の城に閉じこもり信仰を守るため最後の抵抗を試みたのです。

では、見学開始!!!

  この続きを読む...
by kyo_youpi2010 | 2016-05-24 19:49 | France | Comments(0)

d0167041_6252673.jpg

カタリ派の里:Pays Cathareの旅は続きます。ヴィルルージュ・テルムネス城。

コルビエール:Corbieresにあるヴィルルージュ・テルムネス:Villerouge-Termenès村に来ました。12世紀からフランス革命までナルボンヌ大司教の領地で、4つの円柱の塔とそれらを繋ぐ要塞を装備した城が建ち、城を囲むように村が広がっています。お城の南側に古い橋が架かっていて物語の風景みたい!
d0167041_5382528.jpg
中世の石畳の路地、民家も少し残っています。
d0167041_5385111.jpg

d0167041_5391328.jpg


d0167041_539301.jpg



d0167041_559126.jpg

お城の中の通路を通って見学開始※入場料:6ユーロ。
d0167041_5394884.jpg
上は壁に描かれたフレスコ画、下は屋上のテラスからの眺め。
d0167041_540559.jpg
塔の隅にある秘密の階段です。大人の女性でなんとか通れる程度でかなり狭い。
d0167041_5402829.jpg

お城のレストランでは中世の食事がいただけるます。パンをお皿代わりにして、パンの上にお肉を置き、手でちぎって食べていくのですが、私達は先を急ぎたいので遠慮しました。

ところでヴィルルージュ・テルムネス村は、異端カタリ派の歴史と縁の深い土地で、カタリ派のギョーム・ベリバステ:Guilhem Bélibasteが捕えられて、このお城で火刑に処されました。彼はカタリ派の教義を語り伝えることができる最後の完徳者(パルフェ)でしたから、彼の死はカタリ派の完全撲滅・終わりを意味しました。村道に埋め込まれた鋳鉄製板には、火刑に処されたギョーム・ベリバステと友人であり完徳者(パルフェ)だったフィリップの姿が描かれていました。
d0167041_5454437.jpg



※完徳者(パルフェ/パルフェット):黒衣まとったカタリ派の教えに忠実な実践者。

Villerouge-Termenès est la porte méditerranéenne des Hautes Corbières. Le village est intimement lié à l’histoire du catharisme finissant.
En 1321, Guilhem Bélibaste, dernier parfait cathare occitan connu y fut brûlé vif dans la cour du château. Seuls les Parfaits pouvant transmettre la religion, sa mort signifia la fin de la religion cathare.
by kyo_youpi2010 | 2016-05-24 13:35 | France | Comments(0)

d0167041_3284110.jpg
入り口が2つあるグラースの修道院の一つでサント・マリー修道院側

早速、ラグラースの修道院へ出かけてみました。少しは早めに到着したので近くの墓地を見て回りました。下の写真に写っているお墓は古いものと思いきや、古いお墓に最近亡くなられた方の埋葬時に増設されたもので歴史があるものでなかった...。
d0167041_3295148.jpg


さてラグラースの修道院の入り口は2つあるのでどっちから入るのか?建物はつながっているので大きな入り口のサント・マリー修道院に入ったら、こちらは午後からしか見学ないと言われ、隣のラグラース修道院の入り口から入り見学開始...。あら~つながっているのに一旦外に出ないとダメなのね...。
d0167041_3302637.jpg


ラグラースの修道院は13世紀に小さな中庭を囲むように建てられたサント・マリー修道院付属の宿舎。中庭に面した廊下を通って1階にある大きな食料保存庫とパン焼きのを見学。
d0167041_343331.jpg

d0167041_3305981.jpg

上が食糧庫で、下が通称『パン屋』。
d0167041_3315312.jpg
2階まで吹き抜けの礼拝堂にも寄りましたが床も何もかも取り払われて工事中。
d0167041_3323262.jpg

大きな階段から2階に上がると500㎡の広さの共同寝室が改修中で、天井はまるで横隔膜のような木の梁と石積みの造りで西側に尖塔アーチの小窓が...。
d0167041_3335189.jpg

さらに奥には大きな暖炉のあるお部屋もありました。
d0167041_3342310.jpg

一番気に入ったのは中庭に面したロマネスク様式の木柱のバルコニーでしょうか...。1階部分の幾何学模様が彫られた石柱頭が2階部分のバルコニーを支えて美しい造りでした。
d0167041_3345058.jpg


いったんお昼を食べてから、サント・マリー修道院を見学。こちらはローズ砂岩らしいのですが、見た目は黄色に輝く美しく立派な建物でブドウ葉の色が映えます。
d0167041_3354936.jpg
建物の中庭にある回廊を歩いていくと、突き当りに13世紀に建築された教会があり、丁度修道士達が聖歌の練習中でした。
d0167041_3361824.jpg

d0167041_3363799.jpg
11世紀の教会の交差廊は廃墟と化していましたが、3つの連なる小聖堂はロマネスク様式。16世紀建築が開始された鐘楼は未完成のまま...。そこから外に出ると良く手入れのされたお庭に出ることができました。逆光でしたが左から、鐘楼・小聖堂・教会の3つの建物をスケッチ。※下の写真
d0167041_3389100.jpg



※オルビュー川の渓谷に築かれた小さな村の修道院の歴史
ラグラースの修道院が起源は8世紀の終わり、ネブリディウスと彼の同志達が渓谷に定住して生まれたのがラグラス修道院のはじまりです。779年1月19日にフランス・カール大帝は修道院の源となる憲章(※書類はカルカソンヌの保管センターに保存)を発し、彼の支援で最初のロマネスク様式の小さな修道院が建て替えられ、9世紀~10世紀には驚くほど発展。その力はスペインにも影響を及ぼすほど大規模なものでした。それに伴い司教が権力を握るようになり、教会では贅沢三昧。
しだいに人々は純粋な教義を求めるようになり、東方のマニ教の思想の影響を受けたカタリ派の教義が修道院でも採用されました。カタリ派の影響でこの地方の人口も増加!!!※何故なのか?と思った方はネットで調べてね。南フランス諸侯たちもカタリ派に寛大で、カタリ派に改宗する諸侯も現れるほどでした。それを指をくわえて見ているわけにはいきません。正統派ローマ・カトリックは、この異端派の増大を食い止め&改宗させるために『アルビジョア十字軍』を編成して1209年に南フランスに送り込みました。
フランスの国王も王権に服従しない南フランス諸侯たちを長年苦々しく思っていたので、屈服させるために『アルビジョア十字軍』側に協力。結果は『アルビジョア十字軍』の圧勝に終わり、南フランスにおけるカタリ派への異端審問が何年も続いて完全に撲滅。南フランス諸侯たちは敗北したことでフランス国王の支配が強まりました。
修道院は13世紀には絶頂期を迎えますが、14世紀の黒死病ペストの流行で、ラグーサの人口が10分の1になってしまいます。16世紀に修道院の大規模な改修と鐘楼の建築が開始されたましたが、鐘楼は未完のままで終わっています。17世紀に入るとこの修道院はサンモール修道会のベネデッィクト派になりました。1618年サンモール修道会・ベネデッィクト派は、200近くのフランス修道院や国王の力のもとで改修工事を始めました。さらに1760年にはローズ色の砂岩を用いた美しい回廊も設けられました。
フランス革命時の1792年に修道院には14人の若い修道士が生活していましたが、修道士達は追い払われ、修道院は国家資産として2つに分割。1796年に競売に出されて売却されました。現在でも2つに分割された修道院の所有は別々のままで、個人所有のサント=マリー修道院は2004年からフランス天主の御母の教会参事会(chanoines réguliers de la Mère de Dieu)の修道院となっています。※その隣のラグラース修道院はオード県議会の所有物。

Dès sa fondation par Charlemagne, selon la légende, l'abbaye connaît la prospérité et ses biens s'étendent jusqu'à Saragosse en Espagne.
Ses prestigieux bâtiments ont traversé l'Histoire en des périodes d'essor politique et artistique mais, dès le 14 siècle, la guerre de Cent-Ans, puis au 16 siècle les guerres de religions et la pratique de la commende provoquent à nouveau une certaine décadence.
La Congrégation des bénédictins dite de Saint-Maur, fondée en 1618, a restauré, sous l'impulsion du pouvoir royal, près de 200 abbayes françaises entre 17 siècle et 18 siècle.
A la Révolution, l'abbaye compte encore 14 jeunes moines;ils quittent définitivement Lagrasse en août 1792. Devenue alors Bien national en 1796, elle est divisée en deux lots en vendue aux enchères. Cette division subsiste encore de nos jours. En 2004, la communauté des Chnoines Réguliers de la Mère de Dieu, avec les encouragements de évêque de Carcassonne, redonne à l'abbaye sa vocation de prière et d'accueil. La partie la plus ancienne est désormais propriété du Département de l'Aude.
by kyo_youpi2010 | 2016-05-23 19:06 | France | Comments(0)

ラグラース村:Lagrasse


d0167041_1912856.jpg

18世紀の面影を残す家々。寂びの風情に心惹かれます。

ラグラース村はフランスの最も美しい村のひとつで、丘陵地帯の斜面にはブドウ畑が広がっています。昔はコルビエール地方の主都だったとか...。有名なサント・マリー・ドルビゥー修道院をはじめ、オルビュー川が交差する谷間に築かれた村には、16世紀のサン・ミッシェル教会、18世紀の面影を残す趣のある建物が建ち、細い路地にも石畳が続いています。
d0167041_19123457.jpg
歴史的建造物が多いこの町の中で、屋根のある市場/広場を発見。
d0167041_191353.jpg
なんと井戸水を汲むハンドルが」昔のままの姿で残っていました。※下に錘のついたハンドルを赤い線の様に持ち上げて水を汲む。
d0167041_21272013.jpg


オルビュー川の河原にはヒナゲシの花が咲き、川に架かる石造りの橋は12世紀に造られたもの。※車は狭くて通れません。
d0167041_21275782.jpg

d0167041_21282039.jpg
この村ではこの地方の特徴である『真壁づくり(木組の梁がむき出し)』の家を見かけます。
d0167041_2129828.jpg

d0167041_21293710.jpg
部屋の内部の梁や天井に、膠や生卵の液で溶いだ絵具で彩色した板を張り付けて装飾することが、この地方(スペイン・バルセロナに及ぶピレネー地域)に住むお金持ちの間で流行っていたそうです。数世紀の間、剥げ落ちた絵の上を塗りつぶして補修されてしまっていたのですが、最近の修復工事で失われた図が多数発見され、今回は中世のイメージを蘇えらせて修復されたそうです。
d0167041_2130772.jpg


d0167041_21303771.jpg
上が回収した板、下が装飾された家の内部の写真
d0167041_2131356.jpg

雨が強く降ってきたので、明日この村の有名な修道院を見学します。

Le village de Lagrasse, classé parmi les "Plus beaux villages de France", apparaît dans un vaste amphithéâtre au milieu des vignobles et des petits champs clôturés.
Autrefois capitale des Corbières, le village était entouré de remparts. Il conserve de son riche passé un patrimoine architectural exceptionnel, avec sa célèbre abbaye bénédictine, et son centre médiéval sur les rives de l'Orbieu. Les ruelles pittoresques, les maisons à corondages/colombages, les halles couvertes datant de 1315, les nombreux hôtels particuliers, l'imposante église Saint Michel du XVIe siècle au riche décor intérieur, le vieux pont sur l'Orbieu du XIIe siècle, ...sont autant de témoignage du passé prestigieux de Lagrasse.
by kyo_youpi2010 | 2016-05-22 23:44 | France | Comments(0)

d0167041_2541610.jpg

教会に大きなワイン樽がはめ込まれている...不思議な修道院

ヴァルマーニュ修道院:L'Abbaye de Valmagneはシトー会の修道院ですから質素なのがモットー。石材は土地から採れる石を使っています。12世紀、ゴシック様式建築の修道院が、ロマネスク様式教会の土台の上に建築されたと...もらったパンフレットに記載されています。
d0167041_2553179.jpg
ロマネスクですから多分10世紀~12世紀の間に建てられ、どうやらとても小さい教会だったようです。新たに建てられた教会の礼拝堂は巨大。その天井はものすごく高く驚くほどです。そんな礼拝堂には巨大なワイン樽がいくつも置かれていて、一瞬『えっ?』と思いましたが、これがフランス革命後の修道院の運命を象徴しているのかもしれません。
d0167041_256583.jpg


礼拝堂から出て、祈り・瞑想の場であった回廊に行くと、差し込む光がやわらかくとてもきれい。
d0167041_2563368.jpg

回廊にある泉は心が落ち着き、この緑と水の美しい空間の説明書きは『洗面台:Lavabo』となっています。
d0167041_257949.jpg
あら、泉-フォンテーヌじゃないのですね。なんでも修道院内の規定で食堂の正面には常に洗面所が設置されていたそうです。修道士たちはパンに触れる前、礼拝堂に祈りに行く前にここで手を清めたそうです。私達はこの泉(洗面所)でしばしスケッチ。
d0167041_2583671.jpg


そうそうここの敷地内にはレストランもあり、売店では修道院のワインも売っていました
d0167041_2594542.jpg


※※ヴァルマーニュ修道院の樽について
シトー派のヴァルマーニュ修道院は、いくつかの宗教戦争からフランス大革命まで散々な目に会います。つまり修道院は国に没収&競売にかけられて、グラニエ・ジョワユーズとかいう人物に売却されてしまいます。彼は礼拝堂をワイン蔵として使い始めました。彼の死後、相続問題で修道院は再びセリに出されます。1838年にテェレンヌ伯爵が購入し、のちに修道院は歴史的建造物に指定されました。現在もこの修道院やブドウ園など、すべて伯爵の子孫の個人所有になっています。絶えず修繕工事を続けたおかげで、フランスの修道院の中でも良い状態で保存されている建物の1つです。工事の収益目的として1975年から一般公開され、2012年からは礼拝堂を結婚式、コンサートなどに貸し出しています。

...suite a plusieurs guerres de réligions, elle fut malmenée jusqu'à la révolution(1789) ou elle sera requisitionnée comme bien national, puis vendue à un certain M. Granier-Joyeuse qui la transforma en Chais. A sa mort, suite a des problèmes d'héritage, elle fut a nouveau mis en vendre. Achetée par le Comte de Turene en 1838, elle fut aussitôt classée monument historique.
Actuellement ce sont les descendants du Comte qui en sont propriétaires, tout donc dans du privé. Cette Abbaye est une des seules a être si bien conservée grâce à des travaux permanents. Afin de rentabiliser les travaux, les premières visites eurent lieu en 1975. "
L'Eglise est louée pour des mariages, des concerts de musiques et des expositions en 2012.
by kyo_youpi2010 | 2016-05-21 19:20 | France | Comments(0)

d0167041_0362983.jpg
ドロマイト(苦灰石)が侵食したダイナミックな自然景観

サラグー湖の南1キロちょっとの場所に『シルク・ド・ムレーズ:Cirque de Mourèze』という名所があるので行ってきました。シルクといってもサーカスではありません。
d0167041_037548.jpg

d0167041_0415327.jpg

ドロマイト(苦灰石)が侵食して、すり鉢状の窪地、イースター島のモアイ像のような石柱が立っています。ワンダーフォーゲル、ハイキングを楽しむカップルや家族が大勢来ていました。下は高台から見たムレーズ村。村からハイキングの道が伸びています。
d0167041_050585.jpg
子供連れがいたので甘く見ていましたが、結構ハードな道のり。小さい子供はどうやって下りるのか?と思うほど急な場所があります。
d0167041_040721.jpg

上の写真の赤線に沿って上り、反対側に飛び降りる感じ。傾斜が急で足をくじきそうでした。

相方とほんの数百メートル歩きましたが、日差しが強いので相方は日陰でスケッチ&私は一人でもうしばらく散策。しかしやはりフランスって不思議。ほんの目と鼻の先のサラグー湖の周りは緋色の土ばかりなのに、ここはカルシウムとマグネシウムの岩ばかり...。
by kyo_youpi2010 | 2016-05-20 19:14 | France | Comments(0)

サラグー湖


d0167041_2322364.jpg
青い空、赤い土、水草の黄緑... この自然の織り成す色彩に感激!

湖の周りの土は赤というか緋色。空の青色が湖面に映り、周りの木々や草の緑がまぶしい!こんな色彩の場所ってフランスにあるのですね~。南米ならありそうな景色だと思うのですが、私の偏見かしら?
d0167041_23291320.jpg

d0167041_23293558.jpg

d0167041_23471114.jpg
釣りを楽しんだりカヤックやボート遊び、そして湖の周りをハイキング。ここにいる人々はみんな自由に過ごしていて、飼い犬たちも幸せそうに水遊び。こんないい場所、そうそう見つからないので私達もここで昼食決定。

...でも、その前にここから一番近い町クレモン・レロー:Clermont l'Héraultで給油。実は今フランスでは、労働法の改正に反対する製油所の従業員達がストライキ中。場所によってはガソリン不足が発生していると知り、慌てて来たのですが無事に満タン出来ました。ついでにクレモン・レローの教会見学。
d0167041_23461318.jpg

d0167041_2348155.jpg
丁度パイプオルガンの練習中で、思わず最後までじっくり聴けてラッキー!
d0167041_2346419.jpg

教会をスケッチしてからサラグー湖に戻り、ブルディックで買ったヴィオニエの白ワインで食事。


※※サラグー湖
周壁湖。1950年に農地用貯水湖とする計画が打ち出され、湖のほとりの村人から家屋を買い取り、住民はすべて移転。ただし村役場と郵便局の最小限の機能は残っているようです。無人となった家からドアを取壊したり家荒らしが起きたため、この村はすべてフェンスで囲まれてしまいました。
d0167041_23551755.jpg
上が空き家になった家、下が住民ゼロでも機能している村役場と郵便局のポスト
d0167041_2357456.jpg

by kyo_youpi2010 | 2016-05-19 22:37 | France | Comments(0)

d0167041_22224366.jpg

こんな山奥に、中世の姿を残した美しい村が残っているとは...驚きです。
2人ともサン・ギレーム・ル・デゼールの中央広場でをスケッチしようかと思っていたのですが、教会前の広場はものすごい人々...、といっても観光客ではなく花輪やらお花束を抱えた黒服の人が多いので、どうやら名士のお葬式が行われるようです。駐車場へ通じる細いジェローヌ渓谷通りも渋滞し始めています。この勢いでは駐車場に入れない車で通りがふさがり身動きできなくなりそう!!! 私達は急いで車を出し、上ってくる車と細い道を交互に通り抜けて、サン・ギレーム・ル・デゼールを後にしました。

この続きを読む...
by kyo_youpi2010 | 2016-05-18 21:40 | France | Comments(0)