旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

漁船で遊覧

d0167041_08565422.jpg

マルセイユの隣町エスタックでお祭りがあるというので行ってみました。
この港はかつて漁港として栄えていましたが、今はレジャーボートの係留港。昔ながらの小型漁船はバルケット:Barqetteと呼ばれ、イワシ漁専門だったそうです。※この小舟の形に似たタルトはバルケットと呼びます。

あまり人が来ていないようで、なんとなく寂しいお祭り...。
漁船に乗って30分ほど無料で遊覧できるというので参加してみました。船長が見事な舵取りでガイドとなり、船や昔の漁について語ってくれました。下の写真左下の籠は魚とりの仕掛。
d0167041_08572968.jpg

お天気も良かったし、波もなく穏やかだったので気持ちの良い時間が過ごせました。時間があったのでちょっとだけスケッチして帰宅。

d0167041_09063276.jpg

by kyo_youpi2010 | 2017-08-27 19:51 | France | Comments(0)

友人宅へ シストロン

d0167041_08370158.jpg

友人からお誘いのお声がかかり、シストロン:Sisteronへ行ってきました。

シストロンの旧市街地は一度も行ったことがないので出かけてみました。

坂や階段が多くて滑りやすい...。足や腰が弱い人にはちょっとキツイ。お天気も良いので川のほとりでスケッチ。
d0167041_08403600.jpg


旧市街から今度は新市街へ向かうと、小規模なマルシェがあり、さらに昔懐かしい学校のパン屋さん「オリンピック」で売っていたようなブリオーシュを発見!美味しそう。
d0167041_08372628.jpg
何屋さんだか分らなかったけれど、めずらしい白い暖炉がとても可愛い!初めて見た。


さて、友人宅のテラスには羽目殺しの窓があり、窓とは気付かずに飛んできた鳥が激突した跡がくっきりと残っていました。
友人も音にびっくりしたそうで、気絶した鳥が庭に落ちたか...と探してもいなかったとか。
d0167041_08364300.jpg



by kyo_youpi2010 | 2017-08-25 18:28 | France | Comments(0)
d0167041_08172989.jpg

イタリア・トリノからフランスのニース方面に向かいました。

国境にあるタンド峠:Col de Tendeで数日過ごしました。ここには今でもイタリア軍事施設の廃墟が点在しています。以前はイタリア領土だったのですが、1947年パリ講和条約によりフランス領になってしまった場所。でも、ここでバカンスを過ごしているのはほとんどイタリア人。実はフランス側から上がってくる道は未舗装で所々崩れたまま...⇒通行不可。イタリア側は広くてきれいに舗装された道がある⇒通行可能。
d0167041_08180687.jpg
d0167041_08230510.jpg
この峠を通る道は大昔からあり『塩の道』と呼ばれていました。海のない内陸部の領主が地中海で採れた塩をラバ(ロバと馬の混種)に積んで運ばせ、帰りは代わりに内陸部の品をラバに積んで売っていたそうです。
d0167041_08232869.jpg
ニース、カンヌを眺めてマルセイユに戻ります。



by kyo_youpi2010 | 2017-08-16 16:46 | Italie/Suisse | Comments(0)

イタリア・トリノ

d0167041_07391134.jpg


8月12日はトリノにある国立自動車博物館:Museo Nazionale dell'Automobileに行って大興奮しました。

良かったです。久々の興奮状態でした。
トリノに行ったら...、イタリア車が好きな人は... 絶対ここに来ましょう!
低維持されている車を見るだけで三時間以上かかりました。そしてここは写真の取り放題!
d0167041_07383420.jpg

私はそんなに車好きではないですが、本当にガッツリ惚れこみました。
そして、初めてFIATの意味が分かりました。頭文字から取って付けた名前だったのですね~!
FABBRICA ITALLIANA DI AUTOMOBILI TORINO
d0167041_07380020.jpg

by kyo_youpi2010 | 2017-08-12 18:18 | Italie/Suisse | Comments(0)

ピエール・ジアナダ財団

d0167041_07003003.jpg

スイスのマルティーニ:Martignyにある、ピエール・ジアナダ財団:Fondation Pierre Gianaddaが管理している博物館へ行ってきました。

友人のお姉さまのお勤め先だったので、一緒に見学することになりました。たまたまセザンヌ展会開催中で結構混んでいました。セザンヌはまだまだ学生のころの作品が多く、人物画が苦手だったことが分かりました。

ここにはクラッシックカーのコレクションも多く、また広い庭には彫刻が沢山展示され、なんとなく箱根の彫刻の森みたいでした。一番気に入ったのはシャガールのモザイク画。シャガールの絵はちょっと甘口で苦手なのですが、モザイク画はなかなか良かったです。
d0167041_07010543.jpg
翌日はマルティーニのセント・バーナード犬博物館、川にかかる木製の橋を見学して出発。
※セント・バーナード犬(サン・ベルナールはフランス語)博物館は、山岳救助犬で活躍した犬の歴史や、その活躍の様子を紹介する博物館。
d0167041_06474252.jpg
行きも帰りもグラン・サン・ベルナール峠を通ったのですが、なんと車の計器が外気温2度を示している!そして雪が降り&積もり...と、スイスの8月10日には驚きました!


by kyo_youpi2010 | 2017-08-10 18:30 | Italie/Suisse | Comments(0)

イタリアとスイス

d0167041_06034740.jpg

フランスからプチ・サン・ベルナール峠を越えてイタリアへ。

途中モンブランの頂上も拝め、マーモットが車の前を横切りびっくり。野生のマーモットは用心深いので、こんな道路など渡ることはないのですが、いいお天気なので浮かれて飛び出しちゃったのかしら?

実は昨日プチ・サン・ベルナール峠を超える予定でしたが、大きなトラックが道路をふさぎ大渋滞。しかたなく来た道を戻り一泊。そして今日やっと通過できました。
d0167041_06051133.jpg
クールマイヨール:Courmayeurから、あのモンブランを貫通する長距離トンネルを通ってみようか...。
あまりに長いトンネル利用は好きじゃない...。
d0167041_06224366.jpg
結局アオスタ:Aostaからグラン・サン・ベルナール峠をのんびり越えてスイスのマルティーニへ決定。


d0167041_06260459.jpg



by kyo_youpi2010 | 2017-08-09 18:18 | France | Comments(0)

ヴァノアーズ国立公園

d0167041_22115486.jpg

8月5日早朝にサン・エキストラ・ヴァッシュを出発し。
フランスの最も美しい村の一つ、ボヌヴァル・シュル・アルク:Bonneval sur Arc村を見学(地図青★印地点)。伝統的な建築方法にのっとり新築も何軒か建ち...、村の半数は観光客相手のお土産物店。たしかに美しい家並みですが、古さより立派に美しく修繕されて別荘みたいでした。仕方がないですかね~。
d0167041_21551960.jpg


ここではスケッチする気分にならなかったので、ガードレールのないジグザグ山道を上り、イスラン峠(地図緑★印地点)へ。峠を通過すると氷河が鈍く光る山々が目の前...眼下に広がってきました。どの山も氷河があり...私達は雲の中かな?道の両脇にはリフトが幾重にも設置されていました。
d0167041_22113609.jpg

このあたりはヴァノアーズ国立公園があり、夏はトレッキングを楽しむ家族連れでにぎやか。私達は標高3,779mのモンプリ:Mont Pourriを眺め、レ・ベチエール:Les Bettières村やレ・ランシュ:Les Lanches村で2泊3日過ごしました。
d0167041_22101039.jpg

明日はプチ・サン・ベルナール:Petit Saint Bernard峠(地図〇印地点)を越えてイタリアに入り、さらに明後日にはグラン・サン・ベルナール:Grand Saint Bernard峠を越えてスイスに移動する予定。
d0167041_22103260.jpg

by kyo_youpi2010 | 2017-08-07 21:20 | France | Comments(0)
d0167041_20234292.jpg

サン・エキストラ・ヴァッシュ:Saint Peirre d'Extravacheに到着(下の写真★印地点)。

Googleで見た写真でほれ込み、今回の旅行の目的にしたした場所...素敵でしょう!! ちょっとサンド・オブ・ミュージックのマリアさんが踊り出てきそうです。


d0167041_20284987.jpg

この礼拝堂は小高い丘に建てられ、人里から離れているため周りには家もなく、大変見晴らしの良いところです。私達二人共とても気に入り二日続けてずぅ~っとスケッチして過ごしました。

d0167041_20324169.jpg




by kyo_youpi2010 | 2017-08-04 20:19 | France | Comments(0)
d0167041_21165501.jpg

クイラ自然公園を出発し、まずは何度も利用しているイゾアール峠(標高2,361m)でしばし休憩。

ブリアンソン:Briancon⇒モンジェネヴル:Montgenevreのスキーリゾート地を横切りイタリアへ...。イタリア側ももちろん大リゾート地。なんとここにはつり橋があり、観光客が命綱を付けて橋を渡って歓声?いやいや悲鳴を上げていました。
d0167041_21090186.jpg

数時間のイタリア滞在でまたフランス側へ入り、大ダム湖のモン・スニ湖:Lac du Mont Cenisで、思いがけず素晴らしいパノラマで移動を中断!スケッチしたりハイキングしたり...予定外の場所で2日間を過ごしました。
d0167041_21174458.jpg


いやはやここはキャンピングカー旅行者におススメです。
d0167041_21103238.jpg

by kyo_youpi2010 | 2017-08-03 20:56 | France | Comments(0)
d0167041_20431130.jpg
ボンネット峠から北に向かって、お気に入りのクイラ自然公園に到着。ここにはしばしばスケッチに来ているサン・ヴェラン:St.Veran村, ヴァルプレヴェール:Valpreveyre村があります。今回はアブリ:Abriesからリストラ:Ristolas方面に向かいました。

リストラにはスケッチしたい場所が見つからず、さらに奥の村レシャルプ:L'Echalpへ...。
砂利道ですが走りやすく、さらに奥まで行って二時間ほどハイキングしたりスケッチしたりして過ごしました。最後の日はヴァルプレヴェールでマルモットの鳴き声を聞きながらスケッチして移動疲れの身体を癒していました。
d0167041_20395380.jpg

by kyo_youpi2010 | 2017-08-02 20:39 | France | Comments(0)