旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

身体を慣らしに

まだ、時差ボケで昼寝をしないとダメみたい...。
3時ぐらいにドライブがてらサントリー白州蒸留所に行くことに。 家から車で10分くらいかしら? 行って見ると土日でもないのに結構見学者がいます。

入り口でカードが渡され、ドライバーは首からカードをぶら下げさせられます。アルコールを飲まないようにするためだとか...
10分後の工場見学に参加することにしました。「南アルプス天然水」と「ウィスキー」工場のどちらも見学ができるのですが、とりあえず「ウィスキー」だけで...

敷地内が広いのでバスで移動です。相棒は英語のイヤーホーンを借りて説明を聞いています。
まずは、発酵場から...

d0167041_21241476.jpg

d0167041_21243856.jpg

大きなタンクだらけでした...。

次に蒸留所にも行きます。

d0167041_2125504.jpg


なんだか楽器のお化けみたいな形です。 この容器を造るのも大変そう....

ウィスキーの樽に使う木は国産は少ないく北米産が多かったかな?
あらまぁ、聞いた話をもう忘れてる。えぇ~、樽は50年間使用可能とか... 意外と長く使えるのね。
一度使った樽の内側を燃やすことで、炭化され殺菌効果もあるんですって!この処理で樽は生き返る... いやぁ~、知らないことばかり!
で、今度は使用済みの樽を焼いて再利用するデモンストレーションを見学。

d0167041_213027.jpg


※昔は職人さんが一つ一つ手作業で樽焼きをしていたらしいのですが、今はすべて機械処理になったとか。

樽の中の炎はかなり綺麗です。木に含まれているアルコールが燃えているんでしょうか?ほのかに甘い香りが漂っています。

終わりに樽の貯蔵庫に行きました。樽にはウィスキーを詰めた年が書かれています。中には数人の名前が書いてある樽もあります。仲間と一緒に樽ごと買ったのでしょうか? 結婚したら買う?

d0167041_2131943.jpg


見学終了後、サントリー蒸留所建物で白州のウィスキーの無料試飲やサントリーのジュースを頂きました。サントリーウィスキー入りのチョコレートボンボンと白州12年ウィスキーを買って帰りました。


# by kyo_youpi2010 | 2010-10-08 21:15 | Japon | Comments(0)