旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:世界遺産/Patrimoine ( 62 ) タグの人気記事

d0167041_06140465.jpg

プラヤ・ランチョ・ルナからタクシーでトリニダード:Trinidadに移動。

d0167041_05585636.jpg

この町はとーってもステキ113.png
石畳の道にはカラフルな古い民家が並び、スペインやフランスなどでもよく見かけるオレンジの瓦がよく似合うのです!!!
砂糖取引で栄えたかつての繁栄が感じられる建築物が博物館としてたくさん残っています。
※キューバに約2か月滞在しましたがここが一番美しく植民地・キューバの良さを満喫しました。
d0167041_06224056.jpg

3/8から3/11まで3泊4日の滞在中、マイヨール広場の周り建つ植民地様式の建物、教会を見学&スケッチ。博物館になっている建物は内部より外観の方が個性的な特徴があってよかった。まるまる4日間市内を歩き回っていましたが全く飽きなかったですね。スケッチも一日に2~3枚描いていたので、近くにある世界遺産のロス・インヘニオス渓谷に行く時間がなく終了! 
d0167041_06193220.jpg

昼にはサンクティ・スピリトゥスに移動して、滞在ビザの延長申請手続きをする予定です。とっても時間がかかりそうでちょっと憂鬱...。

by kyo_youpi2010 | 2017-03-11 09:30 | Amerique-Sud | Comments(0)
d0167041_20173932.jpg

2月28日、カナダ女性2人との乗合タクシーでヴィニャレスからシエンフェゴスに移動。

ここはカリブ海に面した港町で、世界遺産・歴史都市。キューバにはスペイン植民地時代の歴史的建造物が多いのですが、この町はフランス系の移民が多く入植したためフランス風の建物がたくさん残っています。私にはフランス風もスペイン風も同じに見えてしまいますが、相方にはしっかりと違いが分かるのでしょうね...。
d0167041_20181457.jpg
一日目はカサ探しと、レストラン探しで市内をサラッと見学したのみ。2日目は、海に突き出たプンタ・ゴルダの先っぽまでお散歩。途中で海辺のリーズナブルなカサに寄り 空き室状況を聞いたのですが、どこも満室~、残念。
d0167041_20195585.jpg

下の写真のパラシオ・デ・バジェ:Palacio de Valleに行き ワンドリンク付きで一部公開されている内部見学。モロッコのモスクかスペインのアルハンブラ宮殿か...と思うような異国情緒がただようネオゴシック建築。※1913年から1917年に建設。屋上テラスでレモネードでのどを潤しシエンフェゴス湾を眺めて気持ちの良いひと時を過ごしました。
d0167041_20213225.jpg
午後は市内に戻り、劇場内の見学、教会を見学したり、広場でスケッチして過ごしたのですが、喉と肺の具合が最悪!!! 急きょシエンフェゴスに近くカリブ海に面した海岸で数日過ごすことになりました。舌は劇場入口ホール。
d0167041_20215084.jpg
明日はプラヤ・ランチォン・ルナ:Playa Rancho Lunaに移動。



by kyo_youpi2010 | 2017-03-02 20:31 | Amerique-Sud | Comments(0)
d0167041_23374470.jpg

ハバナから乗合タクシーで2月25日にヴィニャレスに到着。
町には葉巻のお店があったので、カサに荷物を置いてちょと見学。
d0167041_23372157.jpg
d0167041_23335440.jpg

世界遺産に登録されたヴィニャレスには、カルストの窪地にできた渓谷、伝統的なタバコ畑や葉タバコを乾燥させる家屋が残る地域。馬で観光も出来るので チャンスがあればトライしてみたいと思っていました。

d0167041_23443991.jpg



















私たちが宿泊したカサはお料理上手なオーナーだったのですが、目の前の道がメインストリート。
早朝からトラックやトラクタから吐き出される排気ガスが部屋の中まで入ってきて、あまりの息苦しさで目が覚めるほど!相方も私もすっかり喉と肺を壊してしまった...。そこで26日はツアーに参加して カヨ・レヴィーサ:Cayo Levisa島に渡り肺のお掃除。そして27日は相方が寝込んでいるので、一人で葉タバコ畑の観光ツアーにちゃっかり同行。下の写真は乾燥小屋内のタバコの葉。
d0167041_23445440.jpg

帰りに偶然ハチドリに遭遇!パイナップルの花のみつを吸っている虫かと思うほどとても小さい。目を凝らしてジッと見て やっとこの地方に生息するハチドリ分だとかったのですが、分かった途端に飛んで行ってしまった...。くぅ~残念。その時見た感動を『合成写真』で再現しました。でもやっぱり写真を撮りたかった。
d0167041_23361871.jpg

by kyo_youpi2010 | 2017-02-27 23:12 | Comments(0)
d0167041_22595964.jpg

ハバナでは、3つほど要塞を見て回り、教会やら薬局博物などなど...。相方は海岸沿いの道『マレコン』が気に入った様子。クラシックカーばかりネットでは語られていますが、以外にも機関車もたくさん見かけます。
d0167041_23041656.jpg
それも道路や公園の脇に『ド~ン』っという感じで。機関車好きな私達には観光名所以外でも 十分キューバが楽しめました。
d0167041_23012453.jpg

by kyo_youpi2010 | 2017-02-24 22:58 | Amerique-Sud | Comments(0)

キューバ旅行:ハバナ

d0167041_23341023.jpg

ハバナには夜到着。こちらでは銀行での両替に時間がかかるというし、空港でお金を引き出さないとタクシー代も払えない。
機内持ち込みのスーツケースなので、足早に入国を済ませてATM機を見つけて外国人用通貨:CUCを300€分引き出しました。キューバにはキューバ人用通貨:CUPと観光客用の:CUCの2つの通貨があります。1CUCは1ドルで約25CUP。これを頭に入れて キューバでの生活スタート!

キューバでは、キューバ民泊「カサ・パラティクル」を利用予定。一般家庭のお部屋(バストイレ付き)を借りて宿泊。朝食もOK, 何度か家族の経営するレストランで夕食もとりました。一部屋が平均30CUC=3000円ほど。朝食は5CUC/人、夕食10CUC/人。ホテルのレストランでも夕食は7CUC~15CUCで十分な量がいただけます。

ハバナには4泊5日過ごします。22日はカサで朝食をいただいて出発。初日は実際に使われて市内を走り回るクラシックカーに感動!感動!感動!スペイン植民地時代の建物ともバッチリ合って素敵~!オビスポ通りを歩き、丸一日旧市内観光。



by kyo_youpi2010 | 2017-02-22 22:54 | Amerique-Sud | Comments(0)

d0167041_2322398.jpg

雨の法隆寺を見学。早朝に行ったので静かに見学できましたが...、¥1500は私達には高い感じがしました。
d0167041_23253273.jpg

その後は駐車場そばで柿の葉寿司を購入してお昼を済ませて琵琶湖近く三井寺へ...。日本で三番目に広い敷地は紅葉が美しく点在する建物と良く調和していました。14日のスーパームーンを琵琶湖で見ようと相方と楽しみにしていたのですが無情に雨でした。
名古屋見物したい相方のため、帰り道に名古屋選択だったのですが、名古屋は何処も月曜日休館。それなら月曜日は琵琶湖でスーパームーンの予定が外れ、期待しなかった三井寺が予想以上に素敵な場所で満足。
d0167041_2327633.jpg


by kyo_youpi2010 | 2016-11-14 23:06 | Japon | Comments(0)

d0167041_2250425.jpg

伊勢神宮は諦めて、吉野の紅葉名所へ..。今日は金峯山寺で『八千枚大護摩供養』が行われ、普段は見られない秘宝のご本尊を観られると言うので、護摩焚きに参加。
d0167041_22512096.jpg

願い事を書き本堂へ入り青く輝くご本尊を見て来ました。有難や〜。
そしてさらに吉野で有名な長谷寺に...。国宝の本堂外舞台からは紅葉で埋め尽くされた境内の五重塔が見えて幸せな時を過ごしました。
d0167041_22522125.jpg


d0167041_2330156.jpg

長谷寺参道の長い階段が大好きな私!
d0167041_2253840.jpg


夜は再び奈良に戻り、、世界遺産の春日大社で行われている奉祝万灯篭を見に行って来ました。20年に一度の式年造替を終え正還宮をお祝する万灯篭が、朱塗りの社殿を照らして幻想的な世界にどっぷり浸り感激。
d0167041_2314837.jpg

表参道の飛火野でも沢山の灯篭が点されて来た甲斐がありました。
d0167041_2321395.jpg


by kyo_youpi2010 | 2016-11-13 22:33 | Japon | Comments(0)

d0167041_2212283.jpg

午前中は熊野那智大社と那智の滝を見学。三重の塔と滝が日本の代表的な美を表していました。午後は熊野古道の大門坂もしっかりチェック。こちらも雰囲気最高で2人でしばし感激に浸っていました。
d0167041_2213050.jpg


ここからは高速を使って志摩的矢に一直線!的矢の佐藤養殖場で生牡蠣20個購入し、フランスから持って来たピックプール・ド・ピネの白ワインで乾杯!牡蠣にうるさい相方も唸る美味しさでした。
d0167041_2213237.jpg


by kyo_youpi2010 | 2016-11-11 21:54 | Japon | Comments(0)

紅葉紀行6日目 熊野古道


d0167041_21523020.jpg

熊野古道の中辺路を通り熊野本宮大社へ...。途中 『 道の駅なかへち』で車を止めて、熊野古道を約2時間歩いて見ました。牛馬童子像など見て回り熊野本宮大社の階段を上りクタクタ〜。でも素敵な熊野古道に感激。
d0167041_215449.jpg


by kyo_youpi2010 | 2016-11-10 21:45 | Japon | Comments(0)
d0167041_04573265.jpg

『世界で一番美しい街』の1つと言われていて世界遺産のチェスキー・クルムロフ:Český Krumlov。
プラハに次いで2番目に多くの人々が訪れる町です。

今回はノルウエーからの復路で、スウエーデンからデンマーク経由ではなく、ポーランド経由にした私達。そのおかげでチェコもほんの少し観光できたのですが、もっとゆっくり訪れたい国だと思います。

実際チェコを旅行していると『世界で一番美しい○○』という説明をよく聞きます。たぶんチェコには中世ヨーロッパの街並みや風景が多く残っているからかもしれません。
相方も『懐かしい~。子供の頃のフランスの食材店はこんな感じだった』『昔の街並みにそっくり!』としばしば口にしています。
d0167041_04475899.jpg

ボヘミアの森を流れるヴルタヴァ川が大きく蛇行し、その高台に広がっているのがチェスキー・クルムロフ、ヴルタヴァ川の中洲の中心部がチェスキー・クルムロフの歴史的部分にあたるヴニトルシニー・ムニェストVnitřní Město地区。ここは13世紀末~14世紀初めに造られたと言われて、世界遺産に登録されています。
d0167041_04482961.jpg

私達はチェスキー クルムロフのお城の間の通り道を抜け、ヴルタヴァ川架かった橋を渡ってニトルシニー・ムニェストの歴史的地域へ向かいました。中世の14世紀のヨーロッパってこんな感じだったのね~と感じる街並みが続きます。ここにはいくつも古い通りがあり、周りの家々の壁はどこも素晴らしいフレスコ画で装飾されています。
d0167041_04493044.jpg

通りから少し階段を上ったところに修道院と聖ヴィート大聖堂が建っていて、ここの裏手から町を一望できました。
d0167041_04485945.jpg

さて、午後にはオーストリア国境を越えてリンツ:Linzも、数時間ですが徒歩でぐるりと回って、古いカフェの店先をスケッチ。そしてドナウ川沿いに西へさらに移動。
d0167041_04504004.jpg

アッシャッハ・アン・デア・ドナウ:Aschach an der Donauで車を止めてドナウ川で釣りをしました。釣りの成果はセロでしたが、目の前のドナウ川を観光船が通り、対岸のホテルからオーストリア・チロル地方の生演奏が聞こえてきて、最高におしゃれな夕方を過ごせました。
d0167041_04501157.jpg

今日はアッシャッハ・アン・デア・ドナウで一泊。


by kyo_youpi2010 | 2016-08-15 23:39 | Europe centrale | Comments(0)