旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:北陸中部地方 ( 19 ) タグの人気記事

山梨銘醸 七賢酒蔵見学

日本の名水100選に選ばれた山梨北杜市甲斐駒ケ岳の伏流水を使って造られるお酒の酒蔵見学に行ってきました。
d0167041_17531899.jpg

ここ七賢は、明治天皇がご巡幸の折り宿泊した行在所としても知られています。
d0167041_17542258.jpg

行在所見学も行われています。

予約は昨日だったのですが、ご近所の方との親睦会に招かれ、キャンセルして本日行ってきました。
d0167041_17554416.jpg

一般見学者は私1人だけ。 たまたま麹を大量購入した業者さん3名も酒蔵見学することになったのでご一緒させていただきました。

酒蔵3階から見学スタート。
蒸しあげる米は、一日一回1200kg。 きれいに洗ったお米に甲斐駒ケ岳の伏流水を吸収させ、大きな蒸し釜に入れて蒸気を使って蒸しあげます。蒸しあがったお米が出てきています。
d0167041_17573027.jpg

蒸しあげたお米を試食しました。
表現が悪いのですが、なんだか炊飯器のなかで少し干からび始めたご飯みたい。 お米の表面は乾燥して固いのに、米粒の中はなぜかモチモチと柔らかでした。 ふしぎ...

さて、まず最初は「麹」づくり。
最近完成したばかりの麹室は、秋田杉無節の杉板を使用した立派な造り。
※きっと、麹、塩麹ブームのお陰で利益を上げているのねぇ~と、オバサン納得026.gif
d0167041_17584543.jpg

話をもどして...
杉の呼吸作用を利用し、麹室内の高温多湿な環境を自然調節するのだとか。
さらに大小高低の煙突が天井に設置されていて、蒸発しした水分や熱の換気を行うそうです。

室内は、多湿で常時35~36度(造る酒類よって少し温度が違う)。
ここに蒸しあげたお米を運び、麹と揉むように混ぜ合わせて菌を繁殖させます。

麹菌が米粒の中心まど到達したら、今度は菌の活躍を止めるために涼しい部屋に運ばれ、温度と水分を調整していきます。涼しいお部屋が下の写真。麹ちゃんのベッドが並んでいます。
d0167041_1759553.jpg
寝かされている麹を食べてみました。 上品なお味でほのかに甘い...016.gif
d0167041_1804199.jpg

つぎの工程「酛(もと) または酒母」造り。 
ステンレスのタンクに、麹室から運ばれた麹、蒸し米、甲斐駒ケ岳の伏流水を合わせてアルコール発酵する酵母を造ります。良い状態になったら、今度はステンレスタンクから出され、醪(もろみ)づくりに移ります。

いよいよ「醪造り」
ここが酒蔵の2階にある醪の部屋。壁には櫂棒(かいぼう)が...
d0167041_18123100.jpg


いくつものホーロー引きのタンクが床に埋め込まれています。麹の発酵状態が見られる『見学用のタンク』をのぞくと、勢いよく盛んに泡だっています。あわあわです。
d0167041_1825472.jpg

酒造りの職人・杜氏(とうじ・とじ)はいくつかの流派に分かれていて、流派によって造り方、使う道具、酒造りの歌も違うみたい。昔、もろみの樽を櫂棒(かいぼう)でかき回すとき、時間やスピードを一定にするために、流派の歌を歌いながら手を動かしていたそうです。

さて、酒蔵の一階部分に降りてきました。
d0167041_1834342.jpg

先ほど2階で見たホーロー引きのタンク本体がずらり~と並んでいます。
日々発酵具合を見て完成レベルに達した醪を酒槽に送り、搾り澄ましと酒粕に分けます。

おりを取り除いた澄んだお酒をそのままで瓶詰めしたのが、しぼりたて「生」タイプ。
生以外は、低温過熱処理され貯蔵タンクで熟成期間を過ごしてから瓶詰めされるのです...、なるほど。

通常、30分弱の酒蔵見学なんだそうです。
でも、業者さんとご一緒させていただいたおかげで一般見学では公開していない「麹室」まで入って見学することが出来ました。
※昔は、麹室など女人禁制だったそうです。
七賢の杜氏でもあり常務でもある方の知識豊かな説明に聞き惚れて、あっという間の一時間でした。
感謝、感謝!

しぼりたての「生」が販売開始されたというので、見学終了後に売店へ行ってみました。
こちらの売店では試飲もできますが、車の運転があるので、七賢さんの販売酒のリストから選ぶことに。
ただ、しぼりたて生酒は封を切ってからの劣化が早くて、一気に飲まないといけない気がするので、小瓶300mlの純米大吟醸」田舎酒屋の酒 生」を購入。

家に帰って、手作りパテをパンにぬりながら「生」を飲みましたよ~。
d0167041_18204785.jpg


舌に絡みつくようなしつこさがなく、さわやかでなめらかな優しいお味のお酒でした。
つまり...、飲みやすい。キケンだわ016.gif

七賢のHP。ネットショップもあります。
http://www.sake-shichiken.co.jp/event.html

Facebookで、仕込みの様子など写真で紹介しています。
http://onakaya-shichiken.com/
by kyo_youpi2010 | 2013-01-19 18:06 | Japon | Comments(0)

雪景色

朝6時半に起き、雨戸を開けたら、外は雪景色!!!
d0167041_11132026.jpg


寒いのは大嫌いなのですが、雪景色は別!!!  いまだに興奮してしまいます。
庭に積もった雪を眺めながらの朝食はいい感じぃ~016.gif
d0167041_11194742.jpg

家の北側にはご近所の家が見えるのですが、今日は雪で真っ白!
d0167041_11202479.jpg

美しい景色を見ていて、少し元気になりました。

実は人間ドックで飲んだ下剤が強すぎて、すっかり胃腸を痛めてしまった...
健康維持もなかなか大変なんですね。
人間ドックの後は、つわりの時のように吐き気がする日々が続き、意気消沈。

家にいる時間がもったいないので、仕舞い込んでいた家具用ノブを取り出してきました。
ノブは、去年7月13日に訪れた南プロヴァンス・ルーマランで買いこんだもの。
フレンチアンティーク調の可愛らしいデザインなので、思わずいくつも買ってしまった。
d0167041_117318.jpg

マルシェの写真がこちら

買いこんでみたものの、どうやって使おうか~考えているうちにお蔵入り。

さてさて先日、吉祥寺の輸入インテリア店でよく似たノブを発見!
意外な用途で販売されていました。

なるほど~、こんな利用方法があったのね!
早速、私もアイディアを頂戴してやってみました。


さて、このノブについているネジは妙に長~い。それを金挽きのこぎりで切ります。
d0167041_1195668.jpg

そして、近所の「くるがねや」で購入したマグネットをノブの後ろに貼り付けます。
仕上がりは... ハイ、冷蔵庫にはって使えるマグネットに変身!
d0167041_1202470.jpg

やっと、南プロヴァンスの可愛い思い出の完成です!

.....しかし、私にはこういう『発想力』が欠けているのよねぇ~。
by kyo_youpi2010 | 2013-01-14 12:12 | Japon | Comments(6)

行ってきます

山梨もかなり寒くなったとはいえ晴天の昼間は、部屋の中でTシャツ1枚で大丈夫なほど暖かいです。さて、しばらくはまた旅行に出かけてしまうので、ご近所の方と昼食会をしました。どの方もとても感じの良い方ばかり。それに奥様方はとてもお料理上手!さっそく手作りのお菓子を持って遊びに来てくださいました。
d0167041_2222388.jpg

大きなかごに入っているのはIさん手作りのチーズケーキと干し柿です。左上はSさんの18番「アップルケーキ」です。お料理上手の方にお料理をお出しするのはなかなか勇気がいるのですが....今日のつきだしはズワイガニのカニみそあえ。料が少ないのでフランスのソシッソンとチーズを出して...スパークリングワインでまずは乾杯!
話は弾んで飲み物はワインに変わり... さらに近くの酒造七賢で購入した七賢人の名前がついた日本酒! 美味しく&とてもフルーティー!瞬く間に楽しく美味しく飲んでしまいました! 
さて、今日のメイン料理は相方が作ったポトフー。パンを東京で買ってきていたのでサラダと一緒に
d0167041_22293926.jpg
....あっという間に5時間近くたってしまった!
皆さまよいクリスマスとお正月をお迎えください。
by kyo_youpi2010 | 2011-12-15 19:41 | Japon | Comments(0)

武田八幡宮

昨日訪れた武田八幡宮へ行きデッサンして来ました。
私は建物より、周りの立派な杉の木の大きな幹に圧倒されました。これほどの太さなら1000年くらいは経っているかもしれません... お社の脇のまだ若者の部類に入るくらいの杉の木をデッサンしました。
d0167041_852979.jpg
気持ちの良い描き心地とでもいいましょうか、筆が進みあっという間に書き終えてしまいました。仕上がりがどうこというのではなく晴れやかな気分になったデッサンです。
by kyo_youpi2010 | 2011-12-05 07:58 | Japon | Comments(0)

80分のハイキング

昨日は一日中冷たい雨が降り続きうんざり... その上夜中から庭の椅子も吹っ飛ぶほどの強風で、安普請の我が家の雨戸はガタガタと音を立て何度も目が覚めてしまいました。しかし早朝、ベランダからは信じられないほど美しい甲斐駒ケ岳山頂を見ることが出来ました...朝日に照らされて黄金色に輝いています!!! 幸せ016.gif
d0167041_19312691.jpg

強風のお陰で雨雲もどこかに吹っ飛んでしまったようで今日は晴天!058.gif
早速洗濯を済ませ8時過ぎには南アルプス市の芦安に向かって出発しました。
d0167041_19325080.jpg

道中は美しい富士山を眺めながらアルプス林道を走り抜け夜叉神ゲートまでGOGO。この林道は南アルプス市芦安と長野県伊那市を結ぶ林道らしい。南アルプスを越える道があるんですねぇ~。
d0167041_19364448.jpg

しかし11月から冬季閉鎖とかで来年の6月まで通行禁止。残念だわぁ~
さて通行禁止のゲート手前・夜叉神の森で車を置き、徒歩で夜叉神峠まで80分かけて登りました。なまった体にはきついきつい!標高1770mのうち徒歩で登ったのは400mほど。 会社の友人達や甥っ子が富士山を登ったのですが、イヤハヤ私には無理です!

d0167041_19394699.jpg

それでもがんばって登ったおばさんは山頂からの眺めに感動。
d0167041_19431484.jpg

イスに座ってスケッチして下山したのでした。
d0167041_19443749.jpg

車に戻ってから桃の木温泉山和荘の露天風呂につかり、はぁ天国天国!硫黄の香りもして飲むことも可能とか。お一人1000円です。泊り客がいなければ木の香り満点の家族風呂の貸切も可能だそうです。
帰り道の途中で「武田八幡宮神社」に立ち寄り夜には我が家に到着。
d0167041_19461140.jpg


充実した一日でした!
by kyo_youpi2010 | 2011-12-04 18:33 | Japon | Comments(0)

増富温泉-山梨・峡北

ゴルフに行くときに通る道なのですが、右に曲がればゴルフ場へ...まっすぐ行け増富温泉... どんなところかなぁ~と思っていた場所へ今日やっと出かけてきました。ゴルフ場への道との分岐点から数キロ先にみずがき湖があります。
d0167041_9153360.jpg

みずがき湖からは左右に道が分かれていますが右手の道をさらに進むとなんとも素敵な場所に出ます。
d0167041_921517.jpg

昇仙峡にも似ているのですがもっと手つかずの状態で趣もあります。この道の先には昇仙峡方面と瑞牆(みずがき)山方面とに分かれます。
d0167041_9361091.jpg

瑞牆山は周りの山とは感じが違い頂上付近は岩だらけ... 2人でスケッチしたのですがなかなかうまく描けません... 
d0167041_9375015.jpg

今日は断念!...というか寒いのです。そろそろスケッチするにはきびしい季節になってきましたねぇ。
さてさて山道をさらに進んでいくとどうやらこの道は信州峠方面と清里方面の二股に分かれるらしい!
d0167041_9403712.jpg


d0167041_9434451.jpg

途中「岩屋堂」という案内板をなんども見るので寄ることに。 
d0167041_9453884.jpg


d0167041_9483460.jpg

朽ち果てたお堂に観音様が祀ってありましたが無残な状態でした。合掌...
by kyo_youpi2010 | 2011-11-30 08:38 | Japon | Comments(0)

奥能登丘陵

昨晩イルミネーションで飾られていた千枚田の朝の風景です。
d0167041_22472840.jpg

日本ではめずらしい景色になってしまったのでしょうが、子供のころに似たような風景を静岡でも見たような気がするのですが...
千枚田からずっと海岸沿いの道を選んで気に入ったところでスケッチしたかったのですが冷たい雨が降り続いたいるので写真のみで... 
d0167041_22514752.jpg

でも「波の花」を見ることが出来たので満足!満足!
珠洲岬まで行って途中の三崎町の高台から海を見渡したら、入り江に素敵な和風のお宿「ランプの宿」がありました。泊まってみたい... 
d0167041_22534646.jpg

下の写真は珠洲市鵜飼の見附島です。
d0167041_22583499.jpg


d0167041_22594796.jpg


d0167041_2304863.jpg

見附島~恋路海岸~九十九湾までは海岸近くに幾度も島が見え、これでお天気だったら最高なのに...。暗い雨空の下でも九十九湾は紅葉も綺麗でとても良かった!
d0167041_2355963.jpg

海の中に飛び石伝いに歩いて行きたかったのですが雨がひどくて断念!「飛び石?」と思うでしょうから下の写真を見て頂けたら一目瞭然!
d0167041_2372859.jpg

ねっ!いい感じでしょ?!
結局今日は七尾北湾沿いに南下して和倉温泉で一泊。明日は東京まで運転するので早めに就寝しました。
014.gif
by kyo_youpi2010 | 2011-11-24 22:21 | Japon | Comments(0)

輪島へ

夜遅くて見られなかった巌門~機具岩(はたごいわ)を再度訪れました。
d0167041_20421346.jpg


d0167041_20541561.jpg

やっぱりもう一度来てよかった!懐かしい南伊豆の景色に似ています。
d0167041_17293730.jpg
それから総持寺に行きデッサンを!
d0167041_20572072.jpg


d0167041_2192716.jpg

震災後の復旧工事とかで本堂は見ることが出来ませんでしたが美しいお庭でした。まだ時間があるので輪島の先の千枚田のイルミネーションを見に行ったのですが... 突然信じられないようなお天気に!!!057.gif005.gif雷と豪雨!057.gif 057.gif

d0167041_21111721.jpg

でも運よくイルミネーションを見ている間の15分間は雨もやみゆっくり写真を撮ることができました。感謝!感謝!
by kyo_youpi2010 | 2011-11-23 20:28 | Japon | Comments(0)

能登島から能登金剛へ

七尾市から能登島に向かいます。屏風崎まで立派な橋を渡りぐるっと車で一周。
d0167041_17351753.jpg

能登中島には別の橋を渡って行き七尾西湾沿いの港を見て回りスケッチしました。
海の水はとても綺麗で写真をパチリ!なんだかクラゲがたくさん!白っぽいのがクラゲです
d0167041_14294912.jpg


地元のおばさんが貝を洗っているので話を聞くと「アコヤ貝を獲って食べる」っだそうだ.... このアコヤ貝は牡蠣の養殖棚についているらしい... 
むむむっ!ココで牡蠣が食べれると!早速今日のお昼は「焼き牡蠣、生牡蠣」となったのでひたすら食堂&レストランさがし。
ありましたよ! 早速焼き牡蠣を注文。一人大きな牡蠣が17個~18個で2000円。
貝の表面が白くなったらOKなんです。
焼けた牡蠣の貝を開けると... ぷりぷりして美味しそう!
d0167041_14333093.jpg


私は牡蠣アレルギーなので見ているだけ。
でも相方が「新鮮だから試してみて...」と言って進めてくる。オイスターソースが大丈夫だから焼いた牡蠣は大丈夫と言うのが理由。
しかし本当にアレルギーならすぐさまアレルギー反応が出て、下手したら死んじゃうかも!
でも食べてみた... 10分たっても生きている!
大丈夫なのかも...
もう一つ食べてみた...
結局なんのアレルギー反応もなかった!

d0167041_14482737.jpg


巌門~能登金剛~機貝岩まで海岸沿いを走って増穂が浦のシーサイドヴィラ渤海で宿泊しました。
泊り客は私達を含めて10人しかいない!立派なホテルでお部屋も広くてとても綺麗。温泉もあってお一人3500円。
また泊まりたい!!!
by kyo_youpi2010 | 2011-11-22 20:00 | Japon | Comments(0)

能登半島へ

山梨からのらりくらりと国道20号を走り、諏訪湖脇をすりぬけ松本市もすりぬけ、ひたすら糸魚川まで国道を走ってみたのですが.... 安曇野市あたりで雨から雪になりびっくり! 
d0167041_1348419.jpg

先日まだ早いかな~と思いながらもスタットレスタイヤに履き替えていた。「備えあれば憂いなし」だわ。
大学時代はスキーシーズンに、よく青木湖近辺まで来ていたのでなんとなく見覚えがある風景。懐かしいので青木湖の周りを一周してみたり、
d0167041_13504166.jpg


d0167041_13532219.jpg

糸魚川から日本海沿いに走り親不知も寄って...
d0167041_13581178.jpg

富山は、超渋滞!!! 氷見あたりから峠を越えるような山道に入り... あっちふらふら、こっちふらふらしながら石川県七尾市に着いたのが夜の7時過ぎ。
はぁ~、お疲れ様!
by kyo_youpi2010 | 2011-11-20 20:17 | Japon | Comments(0)