旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:遺跡・博物館 ( 54 ) タグの人気記事

d0167041_06312057.jpg

ビスケー湾に突き出た半島に建てられた礼拝堂は、9世紀〜10世紀ごろに建てられ、聖ヨハネが祀られ 難破船などから生き残った船員による奉納物が収められているそうです。現存している礼拝堂は1980年に再建されたもの。

この辺りの海岸には荒波が押し寄せるのか 、半島や周りの小島は侵食され洞窟や岩のアーチが目立ちます。
サン・ファン・ガステルガトシェ礼拝堂までは、中国の万里の長城 お縮小版といった感じでしょうか...。幅の狭い石造りのジグザクに曲がった通路にはおよそ240段の階段があり、結構急勾配の場所もあります。写真を撮りながら 景色を愛でながら登って行きます。絶景です。感動です。まだ朝早いので人も少なくて最高です。
d0167041_06360394.jpg

礼拝堂は見学できませんが、入口前に鐘が吊るされ 三回鳴らすと願いが叶うらしく、皆がガンガン鳴らしていました。スケッチしていて、結構耳に響いて早々に引き上げてしまいました。


by kyo_youpi2010 | 2017-10-13 15:10 | Espagne/Portugal | Comments(0)

おぉ〜五稜郭⁈

d0167041_04465849.jpg

昨日同様、アラゴン州ウエスカ県を巡っています。

ハカ:Jacaには五稜郭と同じ様式の城塞があり、こちらは1063年に造られたもの。1097年までアラゴン王国の首都だったそうです。。城壁の下 お広場には鹿が放し飼いされていました。

by kyo_youpi2010 | 2017-10-10 16:48 | Espagne/Portugal | Comments(0)
d0167041_05191010.jpg

リグロスからさらに北西に進むとペーニャ:Peña山脈の森の中に突然修道院が現れます。サン・フォアン・デ・ラ・ペーニャ修道院。

到着時間が遅かったので、小一時間ほどしかありませんが中を見学。イスラム教が広まっていたアラゴン州では、隠れる様にひっそりとキリスト教徒は信仰を守っていました。巨岩をくり抜きロマネスク様式で建てられた修道院は、王族や王家の霊廟として数世紀にも渡って安置されていました。サンチャゴ巡礼路にもなっています。

回廊の柱には聖書を場面が描かれています。
d0167041_05241772.jpg

by kyo_youpi2010 | 2017-10-09 23:56 | Espagne/Portugal | Comments(0)

11世紀のお城へ:ロアレ城

d0167041_03564046.jpg


野性味たっぷりのアラゴン州のウエスカの近くにあるお城ロアレ:Loarreに来ました。

11世紀に建てられたお城は小高い丘にあり、周りの城壁は13〜14世紀に造られたそうです。ロマネスク様式でお城の中にはサンタ・マリア教会があります。

お城も素晴らしいのですが、やはり高台から遮るものがない、はるか地平線まで見渡せる大地の姿は圧巻でした。

....さてさて この感動はさらに続きます。
お城からさらに山間を進むと、オレンジ色の巨大岩がな屏風の様にそびえ立っています。マヨス・デ・リグロスです。トレッキングやロッククライミングを楽しむ人々にとっては憧れの地ではないでしょうか。

30分ほどスケッチしている間、岩壁を登る人々の声がリグロス村にこだましていました。
d0167041_04104084.jpg

d0167041_01520200.jpg



by kyo_youpi2010 | 2017-10-09 19:41 | Espagne/Portugal | Comments(0)
d0167041_09200432.jpg
マルセイユの飛行場があるマルチィーグ:Martiguesへ出発。

マルチィーグには大きな塩水湖があり、川で海につながっています。その河口に建っているのがブック要塞:Fortde Bouc。相方がグーグルアースで見つけた場所。なんとか迷いながらも無事到着。8月末に初めてきたのですが、来るのが遅すぎてスケッチの最中に満ち潮になり足とリュックが水浸しになってしまいました。
d0167041_09201765.jpg
今日は出直しで午前中に到着。満ち潮になっても濡れない場所を探してのんびりスケッチ出来ました。
d0167041_09203587.jpg

by kyo_youpi2010 | 2017-09-03 20:08 | France | Comments(0)

イタリア・トリノ

d0167041_07391134.jpg


8月12日はトリノにある国立自動車博物館:Museo Nazionale dell'Automobileに行って大興奮しました。

良かったです。久々の興奮状態でした。
トリノに行ったら...、イタリア車が好きな人は... 絶対ここに来ましょう!
低維持されている車を見るだけで三時間以上かかりました。そしてここは写真の取り放題!
d0167041_07383420.jpg

私はそんなに車好きではないですが、本当にガッツリ惚れこみました。
そして、初めてFIATの意味が分かりました。頭文字から取って付けた名前だったのですね~!
FABBRICA ITALLIANA DI AUTOMOBILI TORINO
d0167041_07380020.jpg

by kyo_youpi2010 | 2017-08-12 18:18 | Italie/Suisse | Comments(0)

ピエール・ジアナダ財団

d0167041_07003003.jpg

スイスのマルティーニ:Martignyにある、ピエール・ジアナダ財団:Fondation Pierre Gianaddaが管理している博物館へ行ってきました。

友人のお姉さまのお勤め先だったので、一緒に見学することになりました。たまたまセザンヌ展会開催中で結構混んでいました。セザンヌはまだまだ学生のころの作品が多く、人物画が苦手だったことが分かりました。

ここにはクラッシックカーのコレクションも多く、また広い庭には彫刻が沢山展示され、なんとなく箱根の彫刻の森みたいでした。一番気に入ったのはシャガールのモザイク画。シャガールの絵はちょっと甘口で苦手なのですが、モザイク画はなかなか良かったです。
d0167041_07010543.jpg
翌日はマルティーニのセント・バーナード犬博物館、川にかかる木製の橋を見学して出発。
※セント・バーナード犬(サン・ベルナールはフランス語)博物館は、山岳救助犬で活躍した犬の歴史や、その活躍の様子を紹介する博物館。
d0167041_06474252.jpg
行きも帰りもグラン・サン・ベルナール峠を通ったのですが、なんと車の計器が外気温2度を示している!そして雪が降り&積もり...と、スイスの8月10日には驚きました!


by kyo_youpi2010 | 2017-08-10 18:30 | Italie/Suisse | Comments(0)

d0167041_17203447.jpg


ブログを書こう書こうと思いつつ、後回しになっていたニール号の船荷について。

昨年12月7日に相方と訪れた上野の東京国立博物館・常設展。
そこで、あのウィーン万博に出品されニール号と共に海底に沈んだ重要文化財に出会ったのです。

ウィーン万博に出展した国宝級の芸術品を満載したフランス郵船「ニール号」が座礁した事は、以前のブログで書きましたが、192箱とも193箱とも言われている積み荷のうち、博覧会事務局(現在の東京国立博物館)によって引き揚げられたのは、わずか68箱分だけ。源頼朝の刀とか北条政子の手箱はいまだに海底の底なんですね。

※名古屋城の金鯱は、香港で積み荷の詰め替えで船に入らずじまい。おかげで難を逃れたのですから流石アッパレ!

続きを読む...
by kyo_youpi2010 | 2017-01-22 00:01 | Japon | Comments(0)
d0167041_21070485.jpg

朝食後、陸が見え始めたのでデッキに出ました。予定では10時半だったのですが、10時前に車に移動するようアナウンスがあり、10時にはオスロ港に到着。
d0167041_21080323.jpg

早速、オスローのノルウェー民族博物館とヴァイキング船博物館を見学。
民族博物館は広い敷地内に伝統家屋やゴール村(※オスロから200km)の木造教会が移築されています。ノルウェーの内陸部を観光できない方は、保存状態の良いこの博物館でノルウェー伝統家屋を見れば十分ではないかと思います。
d0167041_21090016.jpg
小屋の中では民族衣装を着たガイドが待機していて、質問に色々と答えてくれたりお菓子を焼いて売っていたりします。また規模は小さいですが民族ダンスも披露してくれました。
d0167041_21104226.jpg

近くにあるバイキング博物館も見学。こちらの博物館には、女王の船で女王の死後に遺体とともに埋葬され1904年に発掘されたオーセバルク船やゴークスタット船が展示されています。どちらも美しい造形美に目を見張り、ヴァイキングの活動ぶりに思いをはせました。
d0167041_21123231.jpg


今日はオスロで一泊。


by kyo_youpi2010 | 2016-07-01 20:40 | Scandinavie | Comments(0)
d0167041_05322455.jpg
早朝にロスキレ・フィヨルド:Roskildeの港を出発し、コペンハーゲン:Copenhagenの北にあるsvanemollenキャンピングカー専用エリアに到着。早速市内見学スタート!

ストロイエ:Strogetの歩き...ランドタワー:Rundetaamの外観を眺め...
d0167041_05315437.jpg

ニューハウン:Nyhavnを見学...
d0167041_05505385.jpg

さらにさらに歩いていきます...
港の防波堤に沿って歩いていくと、そこはトーヴァルセン彫刻美術館:thorvaldsens museumのの裏(※裏窓に石膏像!)
d0167041_05325487.jpg
....
牛に鞭を打つ女神ゲフィオンの像がある噴水を眺めて、ここでしばし休憩...
d0167041_05332209.jpg

一息ついたところで、さらに歩きます...

やっと、デンマークを代表する作家アンデルセンの代表作『人魚姫』の像に到着。
すでに周りは大混雑ですが、負けませんよぉ~。私達も必死で像に近寄り写真を撮り、スケッチもしてきました。スケッチしていて気付いたのですが、くびのつけねや向きなどに不自然なところがあり『⁉️』
d0167041_05353476.jpg

どうやら、修復の後らしく、過去に爆破されてこなごなになったのだとか!ひどい事をする人はどこの国にもいるのですね...、ふぅ~。
おおよそ名所見物できたので、帰りは現ロイヤルファミリーが暮らすアメリンボー宮殿:Amalienborgを通って衛兵をスナップし...
d0167041_05360484.jpg
相方がニューハウン:Nyhavnをスケッチしたいというので、その間私はストロイエにあるロイヤルコペンハーゲンの本店を見学!現地でも高いのですね。私には買えません!何も買わずにお店のカフェ・テラスを通って戻りました。
d0167041_05571088.jpg

下の写真は私たちが宿泊した場所からの夕暮れ。別に名所ではないですがなんかとっても美しいと思いませんか?
d0167041_05380758.jpg
今日はコペンハーゲンで一泊。


by kyo_youpi2010 | 2016-06-28 20:06 | Scandinavie | Comments(0)