旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:風景/Paysage ( 146 ) タグの人気記事


d0167041_2250425.jpg

伊勢神宮は諦めて、吉野の紅葉名所へ..。今日は金峯山寺で『八千枚大護摩供養』が行われ、普段は見られない秘宝のご本尊を観られると言うので、護摩焚きに参加。
d0167041_22512096.jpg

願い事を書き本堂へ入り青く輝くご本尊を見て来ました。有難や〜。
そしてさらに吉野で有名な長谷寺に...。国宝の本堂外舞台からは紅葉で埋め尽くされた境内の五重塔が見えて幸せな時を過ごしました。
d0167041_22522125.jpg


d0167041_2330156.jpg

長谷寺参道の長い階段が大好きな私!
d0167041_2253840.jpg


夜は再び奈良に戻り、、世界遺産の春日大社で行われている奉祝万灯篭を見に行って来ました。20年に一度の式年造替を終え正還宮をお祝する万灯篭が、朱塗りの社殿を照らして幻想的な世界にどっぷり浸り感激。
d0167041_2314837.jpg

表参道の飛火野でも沢山の灯篭が点されて来た甲斐がありました。
d0167041_2321395.jpg


by kyo_youpi2010 | 2016-11-13 22:33 | Japon | Comments(0)

紅葉紀行4日目 高野山

d0167041_21125259.jpg

奈良からひたすら高野山を目指し、山道を行く。初めての高野山は土砂降りの雨。雨の中金剛峯寺でスケッチ。今夜は金剛峯寺のすぐ近くの宿坊・普賢寺で一泊。しかし雨の高野山も最高に美しかった。
d0167041_21142326.jpg


d0167041_21154487.jpg

by kyo_youpi2010 | 2016-11-08 21:08 | Japon | Comments(0)

紅葉紀行3日目 奈良

d0167041_2134948.jpg

琵琶湖をしゅっぱつし、奈良の手前で、浄瑠璃寺へ...。45年前母と母方の親戚と来たお寺なので懐かしかった。その後近くの岩船寺にも寄りスケッチ。
d0167041_21182175.jpg

帰り道に母と食べた焼いたよもぎ餅を購入。同じお店で買ったラディッシュが新鮮で瑞々しく感動。
d0167041_2141292.jpg

奈良では興福寺、元興寺、東大寺を見学。
d0167041_2172767.jpg
二月堂から見た夕陽はさながら映画のワンシーンみたいだった。
d0167041_218519.jpg

by kyo_youpi2010 | 2016-11-07 20:58 | Japon | Comments(0)
d0167041_20523461.jpg


犬山市を出発。比叡山延暦寺に到着。東塔、西塔、横川の三ヶ所巡り、ここでも美しい紅葉を満喫。
by kyo_youpi2010 | 2016-11-06 20:45 | Japon | Comments(0)

紅葉紀行1日目 犬山城

d0167041_19382699.jpg


奈良井宿、馬籠宿を抜けて 犬山城へ....。奈良井宿はいつ来ても素敵。観光客も少なくて最高。犬山城は写真を撮り忘れてないのが残念。
d0167041_19385495.jpg


by kyo_youpi2010 | 2016-11-06 19:34 | Japon | Comments(0)

尾白川林道

d0167041_19341364.jpg
尾白川林道を走り、日向山のすそ野をハイキング。お天気も良く紅葉もなかなかいい感じでした。
d0167041_19332345.jpg

by kyo_youpi2010 | 2016-11-04 19:28 | Japon | Comments(0)

大好きなアルプスの山村

d0167041_07565094.jpg


プロヴァンス・コート・ダジュール:Provence-Côte-d'Azure地方
サン・ヴェラン:Saint.Veran村に数日滞在してきました。

サン・ヴェラン村は、標高2040mにある『フランスの美しい村』の一つ。
石葺き屋根やカラマツ材屋根、一階部分は石積み、二階以上が木造家屋がたくさん残っています。
d0167041_04255578.jpg
この村は電線などが地下に埋められているので、昔ながらの風景を見ることができます。夏休みが終わった9月~12月スキーシーズン開始まで、ほとんどのレストランやホテルも閉まっているため観光客はとても少なく、おかげで本来の村の姿を堪能&満喫出来ました。
d0167041_04545956.jpg
d0167041_04261093.jpg

今回はお天気にも恵まれ、毎日2枚ほど水彩画を描いてきました。日差しが強いので、またも日に焼けて、肌はシミに深いシワだらけです。
でも素晴らしい思い出になりました。

072.gif関連記事

サン・ヴェランの伝説 (08/15/2014)



by kyo_youpi2010 | 2016-10-01 19:06 | France | Comments(0)

風刺画祭り

d0167041_04061511.jpg
マルセイユの隣町エスタック:l'Estaqueへ出かけて、町のメインストリートで行われている風刺画展を見てきました。町の手前からすでに大混雑で、町中は人と車でグチャグチャ。

メインストリートに並ぶレストランの入口に、オーナー達の似顔絵が飾られ、歩道の上も風刺画をびっしり展示。さらに20人ほどの風刺画家が待機していて、希望者の似顔絵を描いていました。日本人ならなるべく動かないようにジッとして描いてもらうのですが、こちらの人は姿勢を変えちゃう!でも風刺画家の皆さん何も言わずに描き続けていました。さすがぁープロです、私にはできませんね。

人混みが苦手な私達はカランク自然公園を目指して出発...。3週間前に火災が発生して350ヘクタールの松林が燃えてしまった。
d0167041_04062774.jpg

写真を撮っていてもまだキナ臭かった。火災の熱風で枯れた木が紅葉したように残り、小高い丘にあった家は、土台の石しかありませんでした。以前のような美しい松林になるまで10年くらいかかるのかしらね。ここは超乾燥地帯なのでもっと時間がかかるかも...。
悲しい風景です。


by kyo_youpi2010 | 2016-09-25 18:42 | France | Comments(0)

中秋の名月-2016年

d0167041_2383848.jpg
9月7日と8日の二日間は、しばらく会っていなかった友人カップル2組と、マルセイユ市内や家で昼食。友人のうち2人は義兄と同い年(70歳+α)。義兄もですが皆さん歳より若々しい。

さて、週末から9月15日までカマルグ:Camargueのピエマンソン:La plage de piemansonに出かけて泳いできました。今年は6月中旬~8月中旬まで北欧に出かけていたので初ピエマンソン。

...記事の続きを読む
by kyo_youpi2010 | 2016-09-16 13:36 | France | Comments(0)
d0167041_07201193.jpg
9月2日にパリからTGVに乗ってマルセイユに来てくれた甥っ子。
とりあえず荷物を家に置き、渋滞にハマりつつも海沿いのコルニッシュ:Corniche通りをひた走り、カルロング:Callelongueに車を止め、メール島:Île Maïreの奥に沈む夕日を写真に撮って帰宅。夕食はムール貝の白ワイン蒸しとポテトフライ。

9月3日は、私がおすすめの『マルセイユ名所』に炎天下の中、同じ道を何度も往来して甥っ子を脱水&熱中症にしてしまい申し訳なかったけれど...、私は『ほぼマルセイユ市内を観光』できたと自己満足。念願の観光トレインでノートルダム・ド・ガルド寺院:Basilique Notre-Dame de la Garde も見れた!

お昼はトワヌー:Toinouで生ガキ、生ムール貝、アマンド貝、ブローの巻貝、エビの盛り合わせと、夏なのでロゼワインのボトルを1本飲んで、生ムールが美味しかった!
夜は相方の長女の家でBBQ。メルシーボークー&ごちそうさまでした。
d0167041_07192653.jpg
9月4日は、イフ島へ渡りイフ城を見学。イフ島からまた船に乗りフリウール島へ移動。ここのビーチまでお散歩。昼はマルセイユに戻ってラファイエット・グルメで、またまた生ガキ&茹でたイチョウカニと白ワイン。カニのみそが濃厚でちょっと胃がもたれた感じ。
d0167041_07351550.jpg
午後はカランク・クルーズ。海上は帆船パレードが行われていたのでヨットがたくさん行き来してワクワクしてしまった!
d0167041_07132939.jpg

夜はライスサラダ(茹でたライス&アンチョビー&黒オリーブ&グリーン・オリーブ&トマト&レモン汁&オリーブオイル&塩コショウ)、スープ・ド・ポワソン(魚のスープ)に茹でたタラの身と茹でたジャガイモ入り。スープは癖があるので我が家はオマールエビのビスク風味。甥っ子の口に合うか?と心配だったけれど『美味しい!』と言ってもらえてホッと一安心。試しに帰国したら日本でも皆に食べてもらうか?

9月5日の11時半には急行列車でミラノに出発していった甥っ子。今度は家族を連れてで遊びに来てね!
※相方がもうベッド脇のランプを確認して、電球を交換(気が早い)


by kyo_youpi2010 | 2016-09-05 18:22 | France | Comments(0)