旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

英国コートールド・ギャラリー


d0167041_3351220.jpg

モニクの一人娘ナディーヌが昨年ママンになってから一度も会っていないので、ナディーヌとアダンのご自宅に行ってきました。赤ちゃんのエンリー君はもうすぐ1歳の誕生日を迎えます。そして11日は私の誕生日だったのでみんなが祝って下さいました。ありがとう!
そんな素晴らしい一日の写真が全て消えてしまいました!
ガッカリなんてものじゃありません。ショック!大ショック!
よりにもよって...と嘆いても写真は戻って来ません...。と、ほほほぉ~

12日はロンドンのコートールド・ギャラリーへ行き、ナディーヌと昼過ぎに待ち合わせ。
d0167041_3492780.jpg

コートールド・ギャラリは有料なのですが、ナディーヌはここで絵画教育に携わっているので私達は無料で入館できました。
d0167041_3354214.jpg

ナディーヌの解説で世界最高峰の印象派および後期印象派のコレクションを鑑賞。サミュエル・コートールドのコレクションはマネ、ルノワール、スーラ、ゴーギャン、ゴッホと...、素晴らしいコレクションの数々で唸ってしまいました。下はポール・セザンヌ作『カード遊びする人たち』
d0167041_3363931.jpg

ゴッホの『耳を切った自画像』は、彼のすざましいまでの激しい感情が、絵から十分に伝わってきました。
下がヴィセント・ヴァン・ゴッホ作『耳を切った自画像』
d0167041_336833.jpg

大英博物館と違って観光客が少なく静かでゆっくりできます。そして写真撮影OKなのも嬉しいですね。
下がエドゥアール・マネ作『フォリー・ベルジェールのバー』
d0167041_337426.jpg


ナディーヌに感謝してお別れ。ウォータールー橋からの眺めです。空の雲が黒ずんで龍でも飛び出してきそうな雰囲気。雨になるのでしょうか?
d0167041_348533.jpg

ロンドンの東側は再開発が進み、日本と変わらぬようなビルが立ち並んでいました。
d0167041_3402284.jpg

by kyo_youpi2010 | 2014-05-12 22:56 | Royaume-Uni | Comments(0)