旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロヴァンスの三姉妹とは?


d0167041_3354118.jpg

そろそろラベンダーの開花時期かしら~と思い、ちょっと出かけました。

d0167041_34431.jpg


マルセイユの北・貯水池の近くにあるシルヴァカンヌ修道院:Abbaye de Silvacaneに寄り道。*地図の黄色★地点が修道院
d0167041_3363214.jpg
ここはシトー会修道院のの1つで、セナンク修道院、ル・トロネ修道院と合わせて『プロヴァンスの三姉妹』と呼ばれています。姉妹と言っても3つとも修道士(男性)のみの修道院ですけど...
聖ベネディクトが重んじる「労働と祈りの共同生活」が主体で、簡素で瞑想に適した建築が特徴だとか。
修道院付属教会は12-13世紀に建設され、不動産・動産などの提供のおかげで次々と施設を拡張していきました。
d0167041_3373263.jpg

礼拝堂から瞑想の回廊へ。瞑想しやすくアーチの壁の奥行きが深く造られています。
d0167041_3381078.jpg


フランス革命後の1790年、フランス全土の修道会は強制的に解散。教会に残った修道士は、ここで農業を営むようになります。
教会の小聖堂にはワラが積まれ、修道院の敷地は田畑と変わりました。下の写真から、教会の手前や右手の敷地が畑になっているのが分かります。オレンジの枠内には以前宿泊施設があった場所。
d0167041_3542656.jpg


19世紀末、家畜小屋と化した建物は修復されましたが、修道院としての機能は復活しないまま現在にいたっています。
マルセイユでも、ここは修道院としてよりも、毎年開かれるコンサート会場として知られています。

この後、南プロヴァンスの山間の村ヴィトロール:Vitorollesへ...。*地図の赤★地点がヴィトロール村。
ここは地元民より、パリジャンやイギリス人やドイツ人などお金持ちの別荘が多い村。
d0167041_3404974.jpg
下の写真はこの村の小さな役場。
d0167041_3403542.jpg
手描きのペイントでお化粧したポンコツ車(失礼!)
d0167041_3405469.jpg

ゴッホやセザンヌも描いた南プロヴァンスらしい糸杉を眺めながら、なんと2泊もしてしまいました。
d0167041_342357.jpg

村の雑木林
d0167041_341362.jpg



ところで、いまでは世界中で有名なブルゴーニュのロマネ・コンティの赤ワインですが、もとはと言えば修道院が開墾したのがはじまり。


------ 関連記事 ------
※※ノートルダム・ド・セナンク修道院L'Abbaye de Sénanque(シトー派)
------2つ目のラベンダー区域へ
------セナンク修道院とラベンダー2地域へ
※※ル・トロネ修道院L’Abbaye de Thoronet(シトー派)
------そして、ル・トロネ修道院へ
※※アンビー大修道院L'Abbaye de Hambye(ベネディクト派)
------フランス中部へ
※※モンマジュール修道院L'Abbaye de Montmajour(ベネディクト派)
------モンマジュールの夕暮れ
by kyo_youpi2010 | 2014-06-18 19:49 | France | Comments(0)