旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ベツレヘムの星


d0167041_1352667.jpg

グラヌム:Glanumからボー街道を南下し、アルピーユ山中の壮大な景観を持つ岩だらけの高台に立っています。
d0167041_152470.jpg

d0167041_1372689.jpg
眼下南方には平野を見渡せる岩山からこぼれそうに建ち並んでいる家々が見えます。
d0167041_1391459.jpg
そこはフランスの最も美しい村の一つレ・ボー・ド・プロヴァンス:Les Baux-de-Provence村で、古城址にはかつての領主ボー家の家紋の旗が上がっています。家紋にベツレヘムの星を用いたのは、彼らが新約聖書に登場してイエスの誕生時にやって来たとされる『東方の三博士の一人バルタザール』の末裔を自称していたから...。※無論、なんのな裏付けもない話

一族が途絶えたのち、1642年にここはモナコの領主グリマルディ家に譲渡され、レ・ボー侯爵:Marquis des Bauxの名は現在でもモナコ大公家に受け継がれています。※もちろん土地はフランス国土

以前、サン・レミ・ド・プロヴァンスに住んでいたモナコ大公家のファミリーに相方のお姉さんが英語を教えていたと聞き『なぜモナコ大公家がフランスに住んでいるの?』と思っただけで理由を聞きませんでした。
レ・ボー侯爵だったからかぁ...と一人勝手に納得。下の写真が城の址。
d0167041_141374.jpg
かつては4000人以上も住んでいたのですが今は400人ほど。栄華を偲ばせる城は廃墟ですが、プロヴァンスで訪れたい場所の一つ。

アルピーの高台から村に向かう途中には大規模な採掘場跡があり、岩は穴だらけのトンネルだらけ。ここで採れた石は村の名前をちなんでボーキサイト:bauxiteになりました。
※ボーキサイトはアルミニウムの原料
d0167041_1514551.jpg

by kyo_youpi2010 | 2014-07-08 20:39 | France | Comments(0)