旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

クスクスで元気に♪


d0167041_17298100.jpg
今日は、早朝から太陽が顔を出し良い天気!
ミニバラが可憐な花をつけていたので、バラの周りからお庭の手入れ。
次に...南側にあるデッキの隙間から伸びていた太い茎を引き抜きデッキのお掃除。結構あちこちペンキが剥げていたので、明日ペンキを買って塗り直す予定。時差ボケなのか妙にフラつくし、風が強くなったので庭いじりは午前中で終了。
d0167041_17323536.jpg


さて、今日のお昼はクスクス。日本のお鍋のようなさっぱりした野菜スープで、クミンパウダーの香は元気のもとですから私には良いカモ。

相方のいとこモニークから教わったクスクスを、早速日本でスタート。
ただ、ヒヨコマメ:le pois chichesの缶詰を買い忘れ、フランスから持ってきた薬味のハリッサ:Harissaをスーツケースに入れっぱなしで忘れてしまった。クスクスの味付けは、ミックス調味料デュクロのクスクスオリエンタル:Ducros couscous oriental 20g入り全部使い、クノールのビーフブイヨン1個、仕上げに中華の調味料ウエイ・パァーを少々。
d0167041_173425100.jpg

モニークに教わったときは、仔羊の肉のソーセージ:メルゲーズを入れたのですが、なくても結構美味しくできました。下の写真は9月にクスクスを教わった時のもの。
d0167041_17364773.jpg


インターネットで日本のクスクス・レシピを見ると、ジャガイモも入れています。マルセイユのフランス人友は『ジャガイモはタジン鍋。クスクスには絶対使わない』のだとか。マグレブのお店の人たちも『ジャガイモは入れないねぇ~』と...。 何故なんでしょうねぇ~。
そう言えば、本場のハローウィンで使う、大きくてオレンジ色のカボチャをクスクスに使います。
※日本のカボチャはNG

材料 2人分
ラム肉、チキンなど 300~400g ※お肉に軽く塩・コショウしておく 
メルゲーズソーセージ / ベーコンブロック
人参3本
ズーキーニ2本
カブ2個
玉ねぎ1個
ひよこ豆
トマト缶 1/4~1/5缶 又は 濃縮 トマト ピューレチューブ 大さじ1 強
※野菜はキャベツ、セロリーも合います。
オリーブオイル 大さじ1
お水1.5L
ビーフブイヨン1個  
クスクス用調味料デュクロ 1袋
中華の調味料ウエイ・パァー 小さじ1~2
デュクロがない場合必要なスパイス ※香辛料はお好みで強弱
・塩
・コショウ
・ターメリック 小さじ1杯 弱
・パプリカ 小さじ2杯 弱
・クミン 小さじ1杯 弱
・コリアンダー ふたつまみ程 
・とうがらし ひとつまみ


手順
(1)圧力鍋にオリーブオイルを入れて、今回はブロック・ベーコン、鶏もも肉ぶつ切り、ラム肉200gを炒めて、ラム肉だけ取り出します。
※お好みのお肉使用してください。
※メルゲーズは他の材料とは別にフライパンでソテーし、食べるときに器に取り分ける。
(2)人参3本、ズッキーニー(クルジェット)2本、お大根(蕪2個分の代用)の皮をむきぶつ切り、玉ねぎ1個もざく切り、パセリ少々、ニンニク少々を圧力鍋に入れ、軽く炒めます。
(3)トマトがなかったので、トマトのホイール缶1/4ほど加え、クノールのビーフブイヨン、デュクロのクスクス用のミックス調味料クスクス オリエンタル:Ducros couscous oriental20gを全部使い、圧力鍋の蒸気が上がったら、中火にしてレベル2を維持して15分。冷却。
(4) (3)の作業の間に、クスクスにバターかオイルを入れて混ぜておきます。同量の熱湯を加えてしっかり混ぜ合わせ、サランラップをして10分放置※頂く直前にレンジで温めました。※クスクスはコップ1杯で2人分。
(5)圧力鍋の蓋を開けて、ラム肉を加えて弱火にして10分加熱。最後に味を調整。塩、コショウ、中華の調味料ウエイ・パァーを少々入れて完了。
(6)圧力鍋の具とスープを別々の器に入れ、クミンパウダーとハリッサをテーブルに用意。
スープをクスクスにかけながら頂きますが、お玉にすくったスープにハリッサを溶いてクスクスにかけると、ピリリとパンチの利いたお味になります。
d0167041_1738175.jpg
※クスクスには、仔羊の肩や首のあたりの骨付き肉を使うと美味しい!
d0167041_17395468.jpg


※下がハリッサ。赤唐辛子をベースに、にんにく、オリーブオイル、コリアンダー、クミン、キャラウェイなどのスパイスを練り合わせたもの。 
フランスでは市販品が沢山出回っています。
アペリティフのつまみにマヨネーズと合わせたディップは、ビールやワインにも合うし、トマト味のイタリアンにもいいみたい。
d0167041_1812129.jpg

by kyo_youpi2010 | 2014-11-03 16:36 | France | Comments(0)