旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ニール号から引き揚げた作品展示


d0167041_17203447.jpg


ブログを書こう書こうと思いつつ、後回しになっていたニール号の船荷について。

昨年12月7日に相方と訪れた上野の東京国立博物館・常設展。
そこで、あのウィーン万博に出品されニール号と共に海底に沈んだ重要文化財に出会ったのです。

ウィーン万博に出展した国宝級の芸術品を満載したフランス郵船「ニール号」が座礁した事は、以前のブログで書きましたが、192箱とも193箱とも言われている積み荷のうち、博覧会事務局(現在の東京国立博物館)によって引き揚げられたのは、わずか68箱分だけ。源頼朝の刀とか北条政子の手箱はいまだに海底の底なんですね。

※名古屋城の金鯱は、香港で積み荷の詰め替えで船に入らずじまい。おかげで難を逃れたのですから流石アッパレ!



....で、引き揚げられたうちの二点ですが、
ページトップの写真 右上の「銹絵葡萄図角皿(さびえぶどうずかくざら)」
尾形乾山作の角皿は変色して器面に海難の痕跡が残ています。
そして写真左の「色絵金彩婦人図皿(いろえきんさいふじんずざら)」
こちらはドイツ・バイエルン・19世紀の作品。青皿の中央部分で微笑みをたたえる高貴な婦人が、バイエルン国王マクシミリアン2世の王妃マリーの姿と伝えられています。こちらにもやはり海難の痕跡が残っています。

ところで、尾形乾山作の「銹絵角皿」は江戸時代18世紀の作品で、葡萄図のほかにもう一枚、写真右下の「銹絵観鴎図角皿(さびえかんおうずかくざら)」があります(東京国立博物館が所蔵) 尾形乾山は あの尾形光琳の弟で、すぐれた作陶家としてよく知られています。


■□■関連記事:ニール号とウィーン万博そしてジャポニスム

by kyo_youpi2010 | 2017-01-22 00:01 | Japon | Comments(0)