人気ブログランキング |

旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

タグ:イベント・行事 ( 47 ) タグの人気記事

d0167041_19462918.jpeg
山梨 横手で収穫祭があるので出かけました。徒歩で15分ほどの『ぴたらファーム』。家からこんなに近いのに はじめての訪問です。相方の大好きな大きな蔵の裏の竹林の小径を進むと 野点をしていました… それが何とも幻想的で とってもステキ!

d0167041_19445900.jpeg
竹林に差し込む光が、窯で焚かれた薪の煙で所々が白く輝いています。竹林の奥からはダンスに合わせた歌声が聞こえて来て、『これは現実?』『ここは御伽の国?』
相方もすっかり魅了されてしまった様子。共同で自然栽培の農作物に取り組む若いグループの組織のぴたらファームは、どんどん消えてしまう昔ながらの日本が残っています。私はコーヒーを飲見ながら、収穫祭の踊りを見たり、野点のお点前で美味しい濃茶とお菓子をいただき、お米の詰め合わせを購入して とってもハッピーな時間を過ごしました。また来年も帰国時と合えば遊びに来たいですね。
d0167041_19531418.jpeg


by kyo_youpi2010 | 2018-11-18 21:46 | Japon | Comments(0)

作品2人展 無事終了

d0167041_20550005.jpeg
10月の約3週間続いた作品展が無事に終了しました。9月には作品2人展の案内状などを佐藤さんに全てお任せして、佐藤さんのご友人の昴さんが作成してくださいました。私はその時はまだフランスにいたために皆さまにお手数掛けっぱなしで申し訳ない状況でした。前回 購入していた額縁製作所の値上がりで、今回はべつのよころでいらい。なぜか水墨画用の黒い額が 思いの外 高くてびっくり。何故ならフランスでも同じような額が4€から購入できるので…。でもフランスからの手荷物で持って帰ってくるには重いし、何か方法が見つかったら持参しようかしら!
d0167041_20540547.jpeg
佐藤さんとの2人展ですが、佐藤さんのご主人も彫金の細かい作業を行なっていらっしゃるので 作品3人展が正しいかもしれません。佐藤ご夫婦の作品は 実にオシャレでモダンなものが多く、私はイヤリング、イヤリングに合わせたブローチ(ペンダントヘッドにしてます)、赤い組紐のネックレス、お花のコサージュなど購入しました。
大勢の方に来ていただき、お手伝いもしていただき、ありがたいことで、心から感謝です。お祝いのお花もありがとうございまーす
d0167041_18251933.jpeg


by kyo_youpi2010 | 2018-10-31 20:48 | Japon | Comments(0)

山梨 金精軒で作品展

d0167041_18264590.jpeg

10月はまず10日間ほど一人で その後は二人での作品展を山梨 北杜市台ヶ原の金精軒で開催。私はスケッチや自己流水墨画。佐藤さんは彫金アクセサリー、染めからこだわったブーケのアクセサリー、コサージュなど、彼女の才能の豊かさを表す作品の数々です。

by kyo_youpi2010 | 2018-10-02 18:14 | Japon | Comments(0)

いつまでも元気で!

d0167041_02393100.jpeg
お誕生日の夜は 二人でローストビーフで乾杯!和牛はやっぱり柔らかくて美味しい〜。数日遅れて 娘がケーキを焼き、孫たちがローソクに火をつけてお祝いしました。相方は とても嬉しそう!
d0167041_02374129.jpeg

by kyo_youpi2010 | 2018-09-23 16:35 | France | Comments(0)

フランス婚

d0167041_23454509.jpeg

*上は市役所職員に撮ってもらった写真。

フランスにはPACS:パックスと言う 日本には存在しない結婚形式が有ります。同性同士又は男女の成人2人が安定した共同生活を送るための制度で、日本ではしばしば「フランス婚」と呼ばれています。結婚を嫌うカップルが結婚しなくても扶養控除や社会保障制度(*子供の義務教育や医療の無料)が受けられるので、フランスは出生率がアップしています。

私達はリタイヤ組の年金者ですし スケッチ放浪の旅が多いので、私は滞在許可証で十分と思って PACSは考えていませんでした。

滞在許可証の更新は移民局で申請するのですが、毎年 必要書類の違いがあったり&受付窓口によって違う内容を言われたり… 待ち時間も2時間… 訪問も最低2回は必要という、私達にとってはかなり体力を消耗する行事。今年は申請後に移民局から意味不明の追加提出書類の催促状が何度も届き2ヶ月以上経過… とうとう2人ともブチ切れました。

そこで 去年から裁判所ではなく フランス居住区の市役所で手続きが可能になったPACS(フランス婚)申請をしようと決意! 滞在許可証の申請に使った書類と身分証明書を再度日本領事館でフランス語に翻訳してもらい、市役所に日本語の原本と共に全ての書類を提出(外務省のアポスティーユは必要ない)。
結果は驚きの早さでPACS手続き完了でした。

....で、移民局での滞在許可証の更新は3ヶ月経った今でも完了してませんが、まだあと1ヶ月以上あるので辛抱強く待つことにします。

さて、PACSのお祝いは2人だけでブイヤベース!
d0167041_00133023.jpeg

by kyo_youpi2010 | 2018-03-29 22:48 | France | Comments(0)

日本は2018年!

d0167041_23194591.jpeg


『さようなら2017年』『こんにちわ 2018年』
2018年は九紫 戊戌年。

やはり健康一番で過ごしたいですね。
皆さまにとって、2018年が幸多き年でありますように!


by kyo_youpi2010 | 2018-01-01 00:00 | France | Comments(0)

2度目のクリスマス会

d0167041_17165761.jpeg

相方の娘家族&孫たちが全員揃ったのクリスマス会。

相方娘達は普段からケータリングの寿司を買たり 家で作ったりして食べている。
寿司レストランにも出かけるようだがかなりお高めらしい。
なので家族のクリスマス会は寿司など和食が多い。
孫4人のうち最年長(10歳)は自分で巻き寿司を作りますが、7歳と3歳の孫は苦手。寿司パティーの時はいつもマカロニを茹でて食べていたくらい。*もう1人は赤ちゃん。

まず、ソファーで寛ぎながらシャンペンで乾杯。
今回 いつもと違う巻き寿司も作りました。日本の子供も好きなシャケご飯。
塩ジャケフレークを手作りしてご飯と混ぜ、幕の内の俵ご飯型で形抜き。仕上げに海苔ではなく薄焼き卵で巻いて青海苔で彩り。

赤ちゃん以外の孫達3人はオムレツ寿司に大喜びで、7歳と3歳の孫は『寿司デビュー』して、結局 ほかの巻き寿司やいくら軍艦も食べていました。

もう一品人気があったのが....
薄味に煮た里芋にカラクリ粉まぶし、少なめの油で揚げ炒め。油を切ったら塩と青海苔を振りかけ和風ポテトフライに!これが大人も子供にも大ウケでした。

おなますや和風野菜の品々もつまみに用意。

テーブルでは和風の煮物、スモークサーモン、ローストビーフ、デザートはガレット・デ・ロワ。

プレゼント交換して無事終了。ただし、相方は熱があって寝室にこもっておりました。


by kyo_youpi2010 | 2017-12-28 16:47 | France | Comments(0)
d0167041_18000740.jpeg

相方・次女の連れ合いのご両親を招いてクリスマス会。

今日は超こちら流儀で食事会。
アペリティフには、フランス人の皆さんもパティーで利用しているピカール・冷凍食品です。東京なら代官山にお店があります。

やはりシャンペンで乾杯。ひとしきりらおしゃべりしながらアペリティフを楽しみ、テーブルに移動。まずは生牡蠣。相方が一人で全部貝を開けて準備。牡蠣のケースには8kg:54個プラスα入り。大西洋のオレロン島産の生牡蠣で21日に箱詰めされ賞味期限が26日。
こちらの牡蠣は生命力が日本産より強いのですかね?日本・的矢の養殖場で殻付き生牡蠣を購入した時「30分以内に食べて下さいね」と何度も言われました。

さて、お次はスモークサーモン。こちらのは20x20cmほどのサイズですから 日本と違ってナイフとフォークで食べるんですね。

引き続き... 娘達の祖母の故郷のフォアグラをパン・デ・エピスに乗せて... やっぱり美味しい!

メインは相方の得意料理のジゴ・ダニョー:仔羊モモのロースト。付け合わせはポテトとインゲン。これはピカールにお世話になりました。
d0167041_18070586.jpeg

チーズは「もう無理」と言われて、即デザート。
デザートはコレットさんのお持たせの美味しいジェラート。

お腹いっぱいです。
ごちそうさま、ジョワユーノエル Joyeux Noël

by kyo_youpi2010 | 2017-12-25 17:41 | France | Comments(0)

相方への焼酎探し

d0167041_08280702.jpeg

相方がお寿司屋さんで呑んだ焼酎がいたく気に入り、その後フランスで日本のお酒の話をする時『焼酎』がしばしば登場するようになりました。

今回私が購入した『焼酎』はフランスを発つ3ヶ月前からネットで探していたもの。宮崎・黒木本店の芋焼酎『球 Q』です。黒木本店は『中々』『百年の孤独』の焼酎が有名ですが、私は 焼酎なのにアルコール度数が14度というのが気に入りました。ワインとほぼ同じ度数なので相方には飲みやすいのではないかしら?

さっそくメールで黒木本店に問い合わせをすると特約店の一つがが吉祥寺‼︎
帰国後 四軒寺交差点近くの大阪 沼利二商店へ直行。まずは『球 Q』を一本、そしてお店の方のおススメで 武蔵野・地酒『刀美』も購入。

芋焼酎『球 Q』に使われているお芋は「蘇る大地の会」が契約した農家のタマアカネとコガネセンガン。甘みと香りが豊かなお芋だそうです。樽で熟成させた二種類の原酒をブレンドし、尾鈴山の軟水湧き水でアルコール度数を14度に下げている... なるほど!

その後 白金『TIrpse』の富士山カヌレの香り付けはこの『球 Q』を使用していると知りました。
へぇ〜楽しみ〜!

d0167041_08301324.jpeg

さて、日本酒・刀美は、義理の兄と夕食時に呑んでみました。辛口で喉ごしスッキリで美味しいし香りもGood。 吉祥寺育ちの義理兄はこの地酒を知らなかったので、2人ともに楽しみながら味わいました。今夜も姉の美味しい手づくり料理と新鮮なお刺身をご馳走になりました。
帰国中お世話になり ありがとうございました。


by kyo_youpi2010 | 2017-12-03 23:25 | Japon | Comments(0)

力作

d0167041_07203111.jpeg

姉が通うガラス教室の作品展。生徒さん達の力作を見に、従姉妹や義理兄と一緒に見学して来ました。

今回、一番輝いていた作品は姉の薔薇柄のランプ。
細かい柄を丹念に削り、上品で....でも華やかで素晴らしかったです。コツコツと作品を作り続ける大切さがよく分かる作品展でした。

by kyo_youpi2010 | 2017-11-19 20:11 | Japon | Comments(0)