旅行中のPhotoやお絵かきなどをアップするぞぉ~、なのでこのblogをスタート♪ パンとRoquefortチーズが大好きな私がご飯と魚を毎日食べたい相方と出会い、まずは2010年南仏でのバカンスから...


by kyo_youpi2010
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:食事/Repas ( 67 ) タグの人気記事

友人宅で のほほ〜ん

d0167041_22145857.jpeg

仲の良いご夫婦に招かれ昼食を一緒に。お庭で火を起こして仔羊のグリル。いつも美味しく楽しい食事です。

d0167041_22152056.jpeg
今日はスケッチをしてみました。私と相方はお庭でスケッチ。ニコルもお庭で読書。ポロはお昼寝。それぞれがマイペースで過ごした午後です。

by kyo_youpi2010 | 2018-03-28 22:10 | France | Comments(0)

春は来ていた

d0167041_06071080.jpeg


やはり春は来ていた。朝の庭で野生アスパラガスを摘み、バターで炒めて卵とじ。フランスで「ブルイヤード」と呼ばれるレシピ。日本ならさしずめ「土筆の卵とじ」でしょうか…
by kyo_youpi2010 | 2018-03-24 19:00 | Comments(0)

お手製パスタでカネロニ

d0167041_05104126.jpeg


パリのギメ美術館の様な家に住む友人宅で昼食。今日はカネロニの皮(パスタ)お手製なんだそうです。わくわく!
アペリティフはコルシカ島産のイノシシのサラミやらパテでまずは舌鼓。いつも美味しいコルシカ島の味。

d0167041_05113144.jpeg



さて、アペリティフの次は前菜。前菜はやはり自家製フォアグラ。一切れがぶぅ分厚い。しつこくなくイチジクのチャツネを少しかけると旨味が増す感じです。この時点で結構お腹がいっぱい。

そしてメインの熱々のカネロニが登場!1つ2つとお皿に取り分けてくださるのですが…その量が半端ないのです。思わず「まずは2つでお願いします」と言ってしまった。彼女曰く、1人につき6個用意してオーブンに入れたそうです。全員が一斉に「そりゃ〜すごいな」と驚きの声。ボリュームはなかなかですよ。いやはやとてもトマトソース味は円やかで美味しいし、カネロニの皮も日本のレストランで出されるものより固すぎず柔らかすぎず程よい厚みでチーズが超控えめ。イタリア北部ではチーズはカネロニの中に少し入れるだけなんだそうです。結局私は合計3つ頂きました。赤ワインも食事に合ってちょっと飲みすぎました。デザートもお手製でリキュールが効いてて大人の味でしたね。

by kyo_youpi2010 | 2018-03-07 19:51 | France | Comments(0)
d0167041_04222901.jpeg


タパスは酒のつまみ風だったり 少なめの一品料理なので、日本人の胃袋サイズにぴったり!!! タコのグリルが柔らかくて美味かった。

イベリコ豚の生ハム腿一本は¥5000〜¥60000(35€〜450€)
安〜い!

d0167041_04220275.jpeg
今回気に入ったのはオリーブオイル。オリーブが緑色の時より黒く熟した時に収穫して作ったオリーブは香りが豊かでフルーティ。苦味も少ないのだそうだ。スペインでは数件オリーブオイルの専門店に行き、オイルの試飲をしました。香りや色、味わい…ワインの試飲と同じだったので驚きました。

by kyo_youpi2010 | 2018-01-31 20:14 | Espagne/Portugal | Comments(0)
d0167041_03374819.jpeg


相方への2017年クリスマスプレゼントは黒木本店の芋焼酎『球:Q』。
以前、吉祥寺の『まつ勘分店』で飲んだ芋焼酎がいたく気に入った相方は、しばしば芋焼酎を話題にするので!気にいるかなぁ?
『球』を選んだ理由は...
① 先ずは相方が気に入った芋焼酎である事。
② アルコール14度はワインと同じ度数。
③ ...万が一相方好みでなくても 私でも飲めそう!

さて、友人と一緒に和食のつまみを用意して『球』を開栓!
フランス人&スイス人の友人は、未体験の焼酎を恐る恐る飲んだのですが、思ったより大人しいお味でホッとした様子。
相方は『あれ?芋焼酎の味がしない!』 『水っぽい!』
あぁ〜ヤッパリそうか!そう来たか!
実は『球』のボトル裏書きに『14度までアルコール度数を下げるために水を加えた』とありました。私でもお味が薄い感じ...。

普段から焼酎を飲まない私は『焼酎のど素人』。今年の帰国時には、酒屋さんとじっくり相談&お薦めの芋焼酎を購入してリベンジしますよ。
*このあと飲んだヴィオニエ:Viognierの白ワインは期待通りのお味でした。




by kyo_youpi2010 | 2018-01-04 19:30 | France | Comments(0)

ペンタード

d0167041_10024540.jpeg

ペンタードって、フランス語でホロホロ鳥のこと。

今夜はホロホロ鳥のロースト。丸ごとかって8€ちょと。安いですよね。お腹に塩胡椒をして、フランスパン10cmぐらい、ニンニクを用意します。パンにニンニクを擦りつけます。次にそのニンニクをざっくり4等分にスライスしてお腹に入れます。パンもお腹に入れ好みでニンニクを1〜2個スライスして加えます。器に適量サラダオイルを注ぎ、お肉を器の中で転がしながら油を塗ります。最後に塩胡椒をたっぷり振りかけ、オーブンを220度に設定します。余熱が終わったらお肉を入れて、お肉の大きさで35分〜60分焼きます。途中、オーブンを開けてお肉に肉汁を掛けます。
d0167041_10000578.jpeg

焼きあがったら、足や手羽の部分を切り分けておきます。お腹に入れたパンを人数分に切ります。食べる時、このお腹に入れたパンに肉汁をつけていただくととても美味しいです。

by kyo_youpi2010 | 2017-12-31 19:00 | France | Comments(0)

2度目のクリスマス会

d0167041_17165761.jpeg

相方の娘家族&孫たちが全員揃ったのクリスマス会。

相方娘達は普段からケータリングの寿司を買たり 家で作ったりして食べている。
寿司レストランにも出かけるようだがかなりお高めらしい。
なので家族のクリスマス会は寿司など和食が多い。
孫4人のうち最年長(10歳)は自分で巻き寿司を作りますが、7歳と3歳の孫は苦手。寿司パティーの時はいつもマカロニを茹でて食べていたくらい。*もう1人は赤ちゃん。

まず、ソファーで寛ぎながらシャンペンで乾杯。
今回 いつもと違う巻き寿司も作りました。日本の子供も好きなシャケご飯。
塩ジャケフレークを手作りしてご飯と混ぜ、幕の内の俵ご飯型で形抜き。仕上げに海苔ではなく薄焼き卵で巻いて青海苔で彩り。

赤ちゃん以外の孫達3人はオムレツ寿司に大喜びで、7歳と3歳の孫は『寿司デビュー』して、結局 ほかの巻き寿司やいくら軍艦も食べていました。

もう一品人気があったのが....
薄味に煮た里芋にカラクリ粉まぶし、少なめの油で揚げ炒め。油を切ったら塩と青海苔を振りかけ和風ポテトフライに!これが大人も子供にも大ウケでした。

おなますや和風野菜の品々もつまみに用意。

テーブルでは和風の煮物、スモークサーモン、ローストビーフ、デザートはガレット・デ・ロワ。

プレゼント交換して無事終了。ただし、相方は熱があって寝室にこもっておりました。


by kyo_youpi2010 | 2017-12-28 16:47 | France | Comments(0)

おぜんざい

d0167041_09314934.jpeg

フランスに戻る際に、姉が私に日本のお煎餅やおぜんざいをプレゼント。

アン嬢が12/18〜12/21の4日間 家に泊りにきていた時、餡子の話題になり『日本の漫画で興味を持ったけれど、餡子もダンゴも食べた事がない』というので 串刺しのおダンゴ、翌日は姉から貰ったおぜんざいをみんなで食べてみたら、これが実めちゃくちゃ美味しかった。相方もアン嬢も私も感激。ペロリです。

21日にアン嬢を駅まで送り、アジアマーケットで買い物。日本のアズキ缶が見つからず、仕方なく小豆を500g購入。小豆を煮てから作るぜんざいのレシピをネットで探して作業開始。黒豆とゴッチャに考えていたので、小豆を煮るのが至極簡単なのに驚いてしまった。
えっ、前日から水に豆に漬けとかないの?
サビ釘は必要ないの?

d0167041_09285511.jpeg
お餅はないので、白玉粉で団子にしたものを加えたり、米粉で求肥を作って加えておぜんざいを思う存分楽しみ味わいました。



by kyo_youpi2010 | 2017-12-23 14:10 | France | Comments(0)

相方への焼酎探し

d0167041_08280702.jpeg

相方がお寿司屋さんで呑んだ焼酎がいたく気に入り、その後フランスで日本のお酒の話をする時『焼酎』がしばしば登場するようになりました。

今回私が購入した『焼酎』はフランスを発つ3ヶ月前からネットで探していたもの。宮崎・黒木本店の芋焼酎『球 Q』です。黒木本店は『中々』『百年の孤独』の焼酎が有名ですが、私は 焼酎なのにアルコール度数が14度というのが気に入りました。ワインとほぼ同じ度数なので相方には飲みやすいのではないかしら?

さっそくメールで黒木本店に問い合わせをすると特約店の一つがが吉祥寺‼︎
帰国後 四軒寺交差点近くの大阪 沼利二商店へ直行。まずは『球 Q』を一本、そしてお店の方のおススメで 武蔵野・地酒『刀美』も購入。

芋焼酎『球 Q』に使われているお芋は「蘇る大地の会」が契約した農家のタマアカネとコガネセンガン。甘みと香りが豊かなお芋だそうです。樽で熟成させた二種類の原酒をブレンドし、尾鈴山の軟水湧き水でアルコール度数を14度に下げている... なるほど!

その後 白金『TIrpse』の富士山カヌレの香り付けはこの『球 Q』を使用していると知りました。
へぇ〜楽しみ〜!

d0167041_08301324.jpeg

さて、日本酒・刀美は、義理の兄と夕食時に呑んでみました。辛口で喉ごしスッキリで美味しいし香りもGood。 吉祥寺育ちの義理兄はこの地酒を知らなかったので、2人ともに楽しみながら味わいました。今夜も姉の美味しい手づくり料理と新鮮なお刺身をご馳走になりました。
帰国中お世話になり ありがとうございました。


by kyo_youpi2010 | 2017-12-03 23:25 | Japon | Comments(0)
d0167041_23040839.jpeg

毎度毎度の家のカビ退治に追われ、庭の草刈り。でも、今年は姉が私の留守中に庭の草刈りをしてくれて、お陰で簡単に作業が終了。感謝感謝。

そして、久しぶりに『Café &gallery萌』でランチもいただき幸せ。今回はきゃべつ巻き。自家製のお野菜で作ったお料理は上品なお味で最高に美味!ずうずうしくも夕食もお邪魔して すっかり長居してしまいました。写真を撮ったのにデータを保存したUSBを日本に忘れて来てしまった...とほほ。次回は是非我が家に... お忙しいと思いますが計画予定してます。といっても約一年先ですから、鬼に笑われそうですね。
d0167041_23031203.jpeg
そして今日は東京に戻り、姉夫婦ご兄と新宿で夕食。お互い元気でいましょうね。



by kyo_youpi2010 | 2017-12-01 22:51 | Japon | Comments(0)